ベランダ床材におすすめの4つの材質と施工の注意点

ベランダ

ベランダを改造してグランピングを楽しむ「ベランピング」が流行っています。
ベランピングをするためには、ベランダの床材にもこだわりたいところ。
今回は、ベランダ床材におすすめの4つの材質と施工の注意点を解説します。
床材を変えることでベランダの雰囲気がぐっとおしゃれになるので、ぜひ試してみてくださいね!

ベランピングってなに?

「ベランピング」とは、ベランダでグランピングをすることを表す造語で、おうちのベランダをおしゃれに改造してキャンプ気分を味わう新しい楽しみ方です。

庭がなくても、集合住宅のベランダでも楽しむことができるので人気が高まっています。

ベランピングを楽しむためには床材をチェンジ!

ベランダの床

ベランピングを楽しむためには、そのままのベランダでは雰囲気が出ませんよね。

そこで、まずはベランダの床材を変えることから始めてみましょう。

4つのベランダ床材

ベランダの床材には下記の4つの種類があります。

・天然木
・樹脂(人工木)
・タイル
・人工芝

それぞれの特徴を見ていきましょう。

1. 天然木

ウッドデッキ

天然木はウッドデッキで人気の床材ですが、ベランダに天然木の床を施工すると、ぐっと高級感のあるベランダに!

施工費用が高価な点がデメリットですが、その分上質な床に仕上げることができる点が魅力です。

ベランダにつながるリビングなどの居室と高さを合わせて施工すると、リビングの延長として広く使うことができます。

・天然木のウッドデッキ設置にかかる費用目安:約2.5万円~/㎡

天然木には「ハードウッド」と「ソフトウッド」がありますが、ベランダには耐久性の高い「ハードウッド」のほうが長持ちします。

その他の特徴は下記一覧をご参照ください。

天然木の種類樹種特徴
ハードウッドイペ、ウリン、セランガンバツなど・耐用年数が約20~30年と長い
・メンテナンスの手間がかからない
・腐食やシロアリなどに強い
・硬いため加工が難しい
・ソフトウッドより高価
ソフトウッドサイプレス、ホワイトウッド、マツなど・柔らかく加工しやすい
・ハードウッドより安価
・腐食しやすいため防水メンテナンスが必要
・シロアリの心配がある

2. 樹脂(人工木)

同じウッドデッキでも樹脂製の人工木のものもあります。

image画像提供:人工木ウッドデッキ「レストステージ」|LIXIL

出典:人工木ウッドデッキ「レストステージ」|LIXIL

樹脂が含まれているため、下記のようなメリットがあります。

・耐久性が高い
・耐水性が高いため腐食しにくい
・紫外線に強く色あせにくい
・加工しやすい

デメリットは天然木と比べると高級感が劣る点ですが、その分費用が安くメンテナンスもしやすいです。

・樹脂(人工木)のウッドデッキ設置にかかる費用目安:約2万円~/㎡

3. タイル

タイルは天然石や陶器などで作られており、ベランダ床への施工を簡単にするためにジョイントタイプの商品があります。

耐久性がありメンテナンスも水で流すだけという簡単さで、見た目も高級感があります。

image画像提供:タイルデッキ「バーセア」|TOTO

出典:タイルデッキ「バーセア」|TOTO

大きめのタイルは上品で大人っぽい雰囲気に、小さいタイルはカジュアルな雰囲気に仕上がります。

大小のタイルデッキや違う色を組み合わせて、お好みのデザインに仕上げるのも個性が出ておすすめです。

・タイルデッキの設置にかかる費用目安:約2万円~/㎡

4. 人工芝

人工芝は、お子様やペットのいるご家庭に人気のあるベランダ床材です。

ベランダには天然芝を施工することは難しいため、植物の雰囲気を楽しみたい場合は人工芝の床材一択です。

天然芝より高級感が劣りますが、お手入れがしやすく耐久性に優れているためベランダに最適です。

人工芝は、クッション性があるので万が一転倒しても安心です。

雨水を含んでしまわないよう、水はけのよい商品を選びましょう。

・人工芝の設置にかかる費用目安:約0.1万円~/㎡

ベランダの床材を施工する際の注意点

ベランダ床はもともとはコンクリートに防水処理が施されている場合が多いですが、先程ご紹介した床材にリフォームすることができます。

上から新しい別の床材を施工していくには、既存のベランダ床の状態を整えておく必要があります。

・既存のベランダ床を補修しておく
・防水処理をしておく

特に補修箇所などがなければ、掃除をしてゴミを取り除いておきましょう。

1. 既存のベランダ床を補修しておく

既存のベランダ床に下記のような症状が現れていたら、まずは補修を行いましょう。

・はがれやヒビ割れがある
・水たまりができる
・カビが生えている
・階下に雨漏りが起こっている

このような症状があるにもかかわらず上から新しい床材を施工しても、結局すぐに補修が必要となり無駄な費用が発生します。

2. 防水処理をしておく

ベランダ防水

補修を行ったら、再度防水工事をして防水性を高めておくことも大切です。

3. 掃除をしてゴミを取り除く

新しいベランダ床を施工する前に、既存床をデッキブラシでこすって汚れを落とし、よく乾燥させておきましょう。

排水溝には枯れ葉やゴミが溜まりやすいのできちんと取り除いて、ごみよけネットなどをしておくと詰まり防止になります。

ベランダ床材をリフォームしてベランピングを楽しもう!

ベランダの床材には下記の4種類があります。

・天然木
・樹脂(人工木)
・タイル
・人工芝

ベランダバルコニー

ナチュラルな雰囲気がお好きな方におすすめなのは「天然木」や「人工木」のウッドデッキです。

高級感のある大人っぽいベランダがお好みの方にはタイルデッキがおすすめです。

人工芝はクッション性があるため、お子様やペットのいるご家庭にも安心。

家族構成やライフスタイルに合わせて、ベランダの床材を選んでみてくださいね。

ベランピングを充実させるためには、ベランダ照明もおすすめですよ!

image

ベランダの床材をお得にリフォームするには?

業者

ベランダの床材をお得にリフォームするには一括見積りが便利です。
DIYでご自身でリフォームすることも可能ですが、その場合はきっちりベランダの採寸を行うのが成功するコツです。

採寸以外にも、ベランダの水はけをよくしたり排水溝や避難ハッチを塞がないなど、ベランダならではの注意点も多くありますので、不安な場合は施工経験豊富な業者さんに依頼したほうが安心です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。