エアコン室外機の設置場所6パターンと設置の注意点

エアコン室外機

新築時に忘れがちなエアコン室外機の設置場所。
家を建てた後に失敗しないためにも、設計段階からよく考えておくことが大切です。
今回はエアコン室外機の設置場所6パターンと設置する際の注意点を解説します。
エアコン効率をアップしたり、室外機を長く使用するためにも大切なポイントです。

エアコン室外機の設置場所に求められる4つの条件

業者

エアコン室外機は、エアコンの性能を発揮させるために設置場所はよく考えておく必要があります。

エアコン室外機の設置場所に求められる最低限必要な条件は、下記の4つです。

・室外機が水平に設置できる場所
・直射日光に当たらず雨が直接当たりにくい場所
・室内機と室外機の距離が近い場所
・室外機の周りの通気性が良い場所

エアコン室外機を設置する際には、上記の点に注意して設置場所を考えましょう。

1. 室外機が水平に設置できる場所

エアコン室外機は、中のファンが回転して空気を循環させるため常に振動しています。

振動が大きいと外壁や床を通じて家の中にまで伝わり、微細な振動であっても体調不良を引き起こす原因となります。

エアコン室外機を正常に機能させ、振動をできるだけ抑えるためにも水平な場所へ設置することが大切です。

また、エアコン室外機は機種にもよりますが、一つあたり約20kg~50kgほどの重量があります。

水平で地盤もしっかりした場所でないと倒れてしまう危険性もあります。

水平な場所への設置が難しい場合は、エアコン室外機用の架台を使用して水平になるように設置します。

2. 直射日光に当たらず雨が直接当たりにくい場所

直射日光

エアコン室外機に直射日光が当たると、内部の温度が上昇し消費電力が上がります。

内部に熱が溜まると熱交換機へ負荷がかかり故障につながりますので、直射日光が当たらない場所へ設置するか、室外機カバーなどで日よけをしておきましょう。

また、雨に当たる場所も避けておく方が安心です。

エアコン室外機は屋外への設置が前提で作られていて耐水性は高いのですが、長時間雨に当たることで錆びてしまうことがあります。

できるだけ雨に当たり続けるような場所は避けておくほうがエアコン室外機が長持ちします。

3. 室内機と室外機の距離が近い場所

エアコン

エアコンの室内機と室外機は配管でつないでいます。

例えば冷房運転の際には、室外機側で作られた冷たい空気が配管を通して室内機へ流れ、室内へ冷気を送ります。

エアコン室内機と室外機が離れてしまうと、冷たい空気が配管を通っている間に暖まり、エアコン効率が悪くなり消費電力も大きくなります。

エアコン室内機と室外機を離して設置する場合には、追加でフロンガスを充填したり配管を延長するなどの工事が別途発生しますので、室内機と室外機はできるだけ近い距離に設置しておくほうが効率的です。

4. 室外機の周りの通気性が良い場所

エアコン室外機は、背面から空気を吸い込んで熱交換機を通して正面から空気を排出します。

そのため、エアコン室外機の周囲には必ず通気できるスペースを確保する必要があります。

Panasonicさんでは、エアコン室外機の周囲に下記のスペースを確保するよう推奨しています。

室外機の箇所推奨スペース
背面50mm以上
左右100mm以上
(片方はサービススペースとして300mm以上)
前面200mm以上

エアコン室外機の設置場所6パターン

エアコン設置業者

エアコン室外機の設置場所は主に下記の6パターンがあります。

エアコンの設置業者さんでは、地面に直接置く「直置き」や「地面置き」を標準設置工事として工事費用に含んでいますが、これら以外はすべて別途費用がかかります。

・直置き・地面置き(標準工事)
・立ちおろし
・屋根置き
・天吊り
・壁掛け
・二段置き

それぞれの内容と設置にかかる費用目安を見ていきましょう。

費用はいずれもエアコン室外機1台分で、設置場所や環境などにより別途費用が追加されることがありますので、現地訪問見積りをしてもらうことをおすすめします。

1. 直置き・地面置き(標準工事)

エアコン室外機直置き

エアコンの設置工事で最も一般的な方法が「直置き」「地面置き」です。

戸建住宅では1階の外構や2階のベランダなどに設置し、集合住宅では各部屋に隣接したベランダやバルコニーに設置します。

室内機のすぐ外側に室外機を設置できるので、エアコン効率も上がり配管なども延長せずに済みます。

新築の集合住宅では、基本的にベランダに面する壁にエアコン設置のための配管用穴が開いています。

2. 立ちおろし

「立ちおろし」は1階から配管を延長して2階以上の部屋の室内機と接続する方法です。

エアコンを設置する部屋にベランダがない場合や、ベランダが狭小スペースであるなどの場合はこの方法が選ばれることが多いです。

配管の延長分に加えて、延長する配管が10mを超えるとフロンガスを追加で充填する必要があり、費用が上がります。

・「立ちおろし」の設置費用目安:約14,000円~
・配管延長費用目安:0.3万円~/mあたり
・フロンガスの充填費用目安:約14,000円~

3. 屋根置き

「屋根置き」は、2階のエアコン室外機を1階の屋根に設置する方法です。

屋根は斜めになっていますので、エアコン室外機を水平に保つために専用の架台を設置します。

・「屋根置き」の設置費用目安:15,000円~

「屋根置き」の注意点は、直射日光を受け雨も当たりっぱなしになる点です。

エアコン室外機の早期劣化とエアコン効率が落ちてしまうことは想定しておく必要があります。

4. 天吊り

「天吊り」は、「天井吊り下げ」とも呼ばれ、ベランダの天井からエアコン室外機を吊るす設置方法です。

ベランダのスペースが狭い場合や、ベランダを広く使用したい場合に採用される設置方法で、昔の集合住宅ではよく見られる設置方法です。

・「天吊り」の設置費用目安:約15,000円~

直射日光が当たりやすい点と、点検作業時に別途追加費用がかかることがあります。

5. 壁掛け

エアコン室外機の壁掛け

「壁掛け」は外壁にエアコン室外機を設置する方法です。

ベランダがない場合やベランダスペースを広く確保しておきたい場合は「壁掛け」方式にすることがあります。

専用架台を使って設置しますが、外壁に室外機があるため目立ちますので外壁の色によっては景観を損ないます。

・「壁掛け」の設置費用目安:約15,000円~

設置場所の高さによっては足場を設置する必要があり、その場合は約15万円ほど追加でかかることがあります。

6. 二段置き

「二段置き」は、一台分の設置スペースに、専用架台を使用してエアコン室外機を二段重ねて設置する方法です。

設置スペースが一台分で済むので省スペースになります。

・「二段置き」の設置費用目安:約18,000円~

一段目の通気スペースを確保するために二段目との空間を開けておく方がエアコン効率が上がります。

エアコン室外機の設置場所まとめ

設計図

エアコン室外機の設置場所は設計時点でよく考えておかないと、いざ設置しようと思った時に追加費用がかかったり、景観を損なうような場所への設置を余儀なくされることがあります。

エアコン室外機の設置場所は、標準工事以外はメンテナンスの際にも手間がかかりますので一般的なメンテナンス費用よりも高くなることも想定しておかなければいけません。

現状、標準工事内におさまる場所への設置が難しい場合は「窓用エアコン」を設置する方法もあり、費用も抑えられます。

image

エアコン室外機の設置場所で悩んだら?

業者

エアコン室外機の設置場所で悩んだら、設置業者さんへ一括見積りで相談をしてみましょう。
ご自宅の環境に合わせた設置方法をプロの業者さんが判断してくれるので安心です。

エアコンの設置工事と同時に本体を購入すると、本体価格の大幅値引きをしてもらえることもありお得です!

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。