天井埋め込み型エアコンを取り付けたい|メリット・デメリットと費用目安

天井埋め込み型エアコンを取り付けたい|メリット・デメリットと費用目安

天井埋め込み型エアコンは、見た目がスッキリして部屋中にエアコンの風が行き渡りやすいことから取り付けを希望される方も増えています。では、天井埋め込み型エアコンはリフォームで取り付けることができるのでしょうか?この記事で詳細を説明していきますが、まずはこの記事で紹介している内容の結論を簡単に記載します。

匿名・無料の一括見積もり

POINT この記事のポイント

・天井埋め込み型エアコンのメリットは、「室内の景観がすっきりする」「室内全体にエアコンの風が行き渡りやすいので省エネ効果が得られる」「室内から室外機へつなぐ配管の位置を気にしなくてよい」「狭い部屋でもエアコンの設置場所を気にせず天井を有効活用して取り付けられる」など
・天井埋め込み型エアコンのデメリットは、「外付けエアコンよりも種類が少ない」「外付けエアコンよりも商品価格が高く、設置費用も高い」「メンテナンスできる業者が少なく費用が高くなる」など
・天井埋め込み型エアコンの取り付け費用目安は7万円~10万円

天井埋め込み型エアコンのメリット

天井埋め込み型エアコンは「ビルトインエアコン」とも言われ、昨今増えているタワーマンションの標準設備となっていることも多く人気が高まっています。天井埋め込み型エアコンのメリットとしては、下記の点が挙げられます。

・室内の景観がすっきりする
・室内全体にエアコンの風が行き渡りやすいので省エネ効果が得られる
・室内から室外機へつなぐ配管の位置を気にしなくてよい
・狭い部屋でもエアコンの設置場所を気にせず天井を有効活用して取り付けられる

天井埋め込み型エアコンのデメリット

天井埋め込み型エアコンのデメリットとしては下記の点が挙げられます。

・外付けエアコンよりも種類が少ない
・外付けエアコンよりも商品価格が高く、設置費用も高い
・メンテナンスできる業者が少なく費用が高くなる


天井埋め込み型エアコンのデメリットをまとめると「費用が高い」点がデメリットですが、昨今では商品の種類も増えてきているので取扱い業者やメンテナンス業者も今後増えていく可能性があります。また、自動お掃除機能がついた商品もあるのでその場合は数年間はメンテナンスが不要です。

天井埋め込み型エアコンの取り付け手順

天井埋め込み型エアコン天井埋め込み型エアコン(※画像はイメージです)

そもそも、天井埋め込み型エアコンはリフォームで取り付けが出来るのか不安に感じている方も多いと思います。今回は、初めて天井埋め込み型エアコンの取り付けを行った方の施工事例をみてみましょう。

1. 事前調査

天井埋め込み型エアコンを取り付けるにあたり、既存のエアコンの状況を現地で確認します。

1. 天井埋め込み型エアコンを取り付けたい場所の天井の状態や天井裏の状況、照明と干渉しないかなどを調べていきます。

2. 基本的に、エアコンを取り付ける際は既存の室内機・室外機ともすべて新しく交換することが一般的です。どちらか片方を再利用することでエアコンの性能が十分発揮されない場合があるためです。

業者によっては既存の配管や室外機に問題がなく正常に作動することが確認できたうえで再利用してくれるところもあります。リフォーム費用を抑えられるポイントにもなりますので、複数の業者に見積もり依頼をして、再利用できないかどうか確認するなど費用を抑える提案してもらいましょう。

もちろん、劣化の程度や不具合があったり使用頻度が高いなど再利用が難しい場合もあり得ます。

2. 天井埋め込み型エアコンの取り付け工事

1. 天井埋め込み型エアコンを取り付ける部屋の養生を行います。

2. 現状のエアコンを取り外し、穴を塞いだり壁の手直しを施します。

3. 天井部を開口し、天井埋め込み型エアコンを取り付けるための配管などを準備します。この時、間口のサイズ調整を行い天井埋め込み型エアコンがきちんと収まるよう微調整していきます。

4. 配管に結露防止対策を施し、本体を埋め込みます。

5. 化粧パネルをはめ込みます

6. 既存の室外機を外すために、パイプ内に残っている冷媒を室外機に戻す「ポンプダウン」という作業を行います。その後、配管や配線を外します。

7. 既存の配管などを再利用する場合はここで洗浄し、サイズに合うよう長さなどの調整を行います。再利用しない場合は、室外機に真空ポンプをつなぎ配管内の空気を抜いて真空状態にします。

8. 配管が接続できたら冷媒を注入して本体の試運転を行い、異常がなければ完成です。

一般的には、天井埋め込み型エアコン一機につき作業時間は約1時間半程度で取り付けが完了します。

天井埋め込み型エアコンの取り付け費用

天井埋め込み型エアコンの取り付け費用目安は7万円~10万円です。その他、以下の工事費用が発生することがあります。

その他費用 費用目安
配管延長  約2,500円(1mあたり)
既存壁掛けエアコン取り外し工事費 約7,000円
既存壁掛けエアコン処分費 約6,000円

天井埋め込み型エアコン取り付け費用を一括見積り!

天井埋め込み型エアコン取り付け費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。

天井埋め込み型エアコンの取り付けは業者によっては対応していないところもありますが、できるだけ多くの業者に見積もり依頼をして詳しい工事内容や取り付け後のメンテナンスのことなどアドバイスをもらえると安心です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

天井埋め込み型エアコン取り付け業者の費用見積もりを無料でしてみる

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

家仲間コムなら
業者の手数料が無料だから安くなるかも!/

一般的に業者さんがサイトに支払う成約手数料
(売上の約10〜20%)が家仲間コムではかかりません。

天井埋め込み型エアコンの
業者さんを匿名で探してみる
編集責任者プロフィール
編集者画像

編集責任者

家仲間コム編集部

プロフィール


利用会員数260,000人、登録リフォーム会社数1,400社を超える日本最大級のリフォームマッチングサイト「家仲間コム」を運営するリフォーム専門家集団の編集部が、一般的なリフォームの情報を纏めた簡易的な記事ではなく、実際の見積情報や価格相場に基づいた読者に役立つ、価値ある情報をお届けしています。

編集者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)


大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。