エアコン取り外し工事の流れと費用目安を調べました

image

最新のエアコンは、高機能・高性能で、なおかつ省エネであるため、節約目的で買い替えをご検討される方も多いでしょう。今回は、エアコン取り外し工事の流れと費用目安を調べました。取り外した古いエアコンの処分方法も合わせてご説明します。

エアコン取り外し工事の費用目安

家電量販店で購入した場合は、古いエアコンの取り外しや処分、新しいエアコンの取り付けまで一式で行っているので、購入時に相談すれば特に問題はないでしょう。問題は、エアコンをネットショップやネットオークションで購入したり、リサイクルショップなどで購入した場合です。こういった場合は、古いエアコンの取り外し、処分、新しいエアコンの取り付けを自分でしなくてはいけません。

image

エアコン取り外し工事は、DIYでも可能ですが、「ポンプダウン」と言われるガス回収作業が難しく、失敗することも多いようです。他にも、高所で重量のあるエアコンを抱えての取り外しや、配管を触る工程もあるので、安全のためにも業者に依頼するほうが安心です。

エアコン取り外し工事の費用相場は、おおよそ8,000円程度~で、設置場所などの環境によっては、追加で費用が発生することもあります。古いエアコンの処分費用は、取り外し工事に含まれている場合と、別途請求される場合があるので、見積もり時に確認しましょう。

エアコン取り外し工事の追加費用

image

では、標準工事費用と別に追加で発生する費用にはどんなものがあるのでしょうか?

室外機の設置場所が、「ベランダ置き」や庭に置く「大地置き」の場合は、標準のエアコン取り外し工事費用に含まれていますが、それ以外は別途費用が発生することが多いです。

壁面置き(壁面に設置)・・・"5,000円~"
屋根置き(屋根の上に設置)・・・"2,000円~"
天吊り(天井から吊り下げて設置)・・・"2,000円~"
二段置き(二台の室外機が積み上げられている)・・・+"4,000円~"

エアコンを取り外したあとの配管で開いた穴を、パテではなくキャップでふさぎたい場合。
配管穴ふさぎ用キャップ・・・+"2,000円~"

エアコン本体から壁穴に通した配管が化粧カバーで覆われている場合。
化粧カバー取り外し・・・+"1,000円~"

取り外したエアコンの処分方法

image

エアコンは家電リサイクル法によって、回収費用がかかります。エアコンの買い替えであれば、購入店で下取りや処分を行ってくれますが、それ以外の取り外した後のエアコンの処分方法は、3つあります。

1.取り外し工事業者や家電量販店に引き取ってもらう
取り外し工事業者や家電量販店は、エアコンのリサイクルを行っているため、3,000円程度の費用で引き取ってもらえます。取り外し工事の際や、お近くの家電量販店に問い合わせてみましょう。

2.エアコンのメーカーに引き取ってもらう
例えばPanasonicの場合ですと、リサイクル料金が900円、運搬費用が3,750円~かかりますが、引き取りをしてもらえます。メーカーによって多少費用が異なりますので、取り外したエアコンのメーカーに問い合わせましょう。

3.リサイクルショップやオークションで売る
取り外したエアコンの製造年月や状態にもよりますが、リサイクルショップやオークションで買い取ってもらえる場合もあるかもしれません。購入時の保証書や、取扱い説明書などは保管しておくほうが良いですね。

image

<家電リサイクル法>
一般家庭や事務所から排出された家電製品(エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機、衣類乾燥機など)から、有用な部分や材料をリサイクルし、廃棄物を減量するとともに、資源の有効利用を推進するための法律です。
メーカーや大きさにもよりますが、エアコンの場合、約2,000円程度~のリサイクル料金がかかります。

エアコン取り外し工事の流れ

image

1.エアコンのコンセントを確認
コンセントは差したままにします。

2.ポンプダウンを行う
エアコン内に行き渡っているガスを室外機に閉じ込めます。エアコン取り外し工事の中で、最も重要な工程です。これがうまく行えていないと、エアコンに不具合が生じます。

3.冷房運転を行う
室外機のファンが回転しだして3分程度経ったらバルブを閉め、電源を切って室内機の羽と室外機のファンが止まってから、アースとコンセントを抜きます。

4.室外機の配管と配線を外す
コンセントを抜いていることを確認し、配管のネジを緩めていきます。この時、ガスが出ないことを確認します。

5.配管と配線を切る
引越しなどでエアコンを再度取り付ける場合は、配管を切る場所に注意をしながら、切断します。

6.室内機を取り外す
室内機を壁から取り外し、鉄板なども外します。

7.壁の穴をふさぐ
配管用に空いた穴をキャップかパテでふさいで取り外し完了。

image

これらの工程を行い、エアコン取り外し工事にかかる時間は、おおよそ30分から1時間程度で、作業員は1名のことが多いようです。

取り外したエアコンは、しばらく取り付けせず保管しておくことは可能ですが、パイプは徐々に酸化していくため、長期間保管した場合は、パイプの交換が必要になる場合があります。

エアコン取り外し工事費用を一括見積り!

image

エアコン取り外し工事費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。