コンセントの位置はどこがベスト|部屋別に見る最適なコンセント位置とは

コンセントの位置はどこがベスト|部屋別に見る最適なコンセント位置とは

住宅のコンセントは住み始めてから「足りない!」と思うことも多く、コンセントは多く造っておいた方が良い住宅設備です。ではコンセントを設置する際に、どのような位置に設置すれば良いのでしょうか。この記事で詳細を説明していきますが、まずはこの記事で紹介している内容の結論を簡単に記載します。

匿名・無料の一括見積もり

POINT この記事のポイント

・コンセントの設置位置としておすすめなのは、「玄関・廊下」「リビング」「キッチン・ダイニング」「寝室」「水まわり」など
・タコ足配線は、火災のリスクが高まるため、タコ足配線しなければならないほど電化製品が増えた場合は、コンセントの増設をするのがおすすめ
・コンセントを増設する場合にかかる費用は、おおよそ0.5万円~1万円

コンセントの位置はどこがいい?

コンセントの設置が多い場所

コンセントはご自宅の電力の範囲内でできるだけ多く造っておくほうが良い設備なのですが、実際には最低限しか設置していない方も多く、住み始めて後悔することが多い設備の上位に入ります。コンセントの多さももちろん便利さに影響するのですが、実は使い勝手に重要なのはコンセントの位置です。

コンセントを設置する部屋別、家族構成別におすすめのコンセントの位置を見ていきましょう。

1. 玄関・廊下

玄関と廊下玄関と廊下(※画像はイメージです)

玄関・廊下のコンセントはあっても2ヶ所程度と少ない場合が多いと思いますが、玄関や廊下もコンセントって意外と使います。

・自動お掃除ロボットクリーナーの充電
・電動自転車の充電
・除湿機
・虫取り器
・アロマディフューザー

など

現代はあらゆる電化製品が販売されているので、コンセントを使うシーンが年々増えていますね。玄関や廊下におすすめのコンセントの位置と、使い勝手が良くなる家電の一覧は下記です。

コンセントの位置 使える家電
・自動お掃除ロボットクリーナーの充電
・電気自転車の充電
・フットライト
床から約20cm上 ・有線コードの掃除機使用
腰高またはもう少し上 ・電気虫取り器
・アロマディフューザー
・スタンドライト
・デジタルフォト

玄関では腰高程度の収納家具や棚を設置して、鍵を置く場所にしたり玄関のインテリアとしてディフューザーを設置したりすることもありますので、できれば腰高かもう少し上にコンセントを造っておくと便利です。

腰高より高い位置にコンセントを設置することで、インテリアにもなるディフューザーやデジタルフォトなどを飾る棚としても活用できます。コンセントが見えにくくなって見た目にもスッキリ!小さなお子様が触ると心配になる電化製品も、腰高より上にあれば安心ですよ!

2. リビング

リビングでは、コンセントを使う電化製品が多いですよね。家の中でも、最も多くコンセントを設置しておいた方が良い場所ではないでしょうか。リビングにおすすめのコンセントの位置と、使い勝手が良くなる家電の一覧は下記です。

コンセントの位置 使える家電
・自動お掃除ロボットクリーナーの充電
・ゲームや音楽機器
・パソコン関係
・フロアスタンドなどの照明
床から約20cm上 ・有線コードの掃除機
腰高またはもう少し上 ・電気虫取り器
・アロマディフューザー
・スタンドライト
・デジタルフォト

2-1. タコ足配線は危険!コンセント増設を!

家族が集まるリビングでは、テレビやゲーム・オーディオ機器などの電化製品が増えますので、コンセントが足りないことでタコ足配線の元にもなりやすい場所です。タコ足配線は火災のリスクが高まりますので、タコ足配線しなければいけないほどの電化製品が増えた場合はコンセントの増設をされることを強くおすすめします。

関連記事:コンセント増設工事/危険なコンセントの使い方をしていませんか?

コンセントを増設する費用はおおよそ0.5万円~1万円です。

2-2. ウォールシェルフを設置するならコンセントも同時施工

リビングには家族との思い出の写真を飾ったり、インテリアとしてポスターや絵画などを飾る機会もあると思いますが、そんな時に壁面を有効活用する方法としてウォールシェルフがあります。ウォールシェルフはだいたい目線の高さ辺りに設置することが多いですが、その際例えばデジタルフォトフレームなどを置くと、床面に近いコンセントからコードを伸ばすことになり、見た目がイマイチ。

コンセントの位置は一般的には床面に近い場所に設置することが多いのですが、壁面のどこにでも設置が可能ですので、ウォールシェルフを造る予定がある場合は事前に高い位置にコンセントを設置しておくと見た目がスッキリしますよ。

関連記事:リビングの飾り棚でおしゃれなインテリアを叶えよう!飾り棚の種類や施工事例

3. キッチン・ダイニング

キッチンとダイニングキッチンとダイニング(※画像はイメージです)

キッチンやダイニングは消費電力の大きな電化製品を使うことが多いのでコンセントを多く造っておくだけではなく、消費電力が大きな電化製品の場合は専用のコンセントを増設しておきましょう。消費電力の大きな家電といえば、例えばホットプレート。

ダイニングでホットプレートを使ってお食事を楽しむ方も多いと思いますが、ホットプレートは消費電力が大きいため、他の電化製品と同じコンセントを使うとブレーカーが落ちてしまうので別で造っておくほうが安心です。

コンセントが別であっても、ブレーカーが同じであれば同時に使用することでブレーカーが落ちてしまいますので、ブレーカーを分けて造ってもらいましょう。例えば、冷蔵庫やビルトイン食器洗浄乾燥機・エアコンなどは消費電力が大きいため個別のブレーカーが設定されています。

関連記事:ブレーカーの故障かな?と思ったら|よくある原因と修理費用目安

4. 寝室

寝室のコンセントはあまり多く設置しなくても良いと思われますが、意外とコンセントが必要な電化製品を使います。寝室におすすめのコンセントの位置と、使い勝手が良くなる家電の一覧は下記です。

コンセントの位置 使える家電
・有線コードの掃除機使用
・フットライト
床から約20cm上 ・スマートフォンなどの充電
・スタンドライト
・スピーカーやテレビなど音響機器

高齢者の寝室では、夜中にトイレなどで移動する際に足元がよく見えるようフットライトを設置しておくと安心です。ベッドの足元付近の壁や出入口ドア付近にフットライトを設置できるようコンセントがあると便利です。

関連記事:高齢者の寝室リフォーム/緊急時も介護生活でも安心して使える寝室作り

5. 水まわり

水回りは、トイレ・洗面所が主な設置場所になります。浴室内のコンセントは水濡れによる感電リスクが高いため設置することはほぼありません。

5-1. トイレ

トイレのコンセントは、主に温水洗浄便座用の専用コンセントと、もう一つコンセントがあるとコンセントに差し込むタイプの消臭剤などを使うこともできて便利です。高さは床面に近い位置が一般的ですが、トイレ内は狭いので床から約20cmほど上の位置に設置すると手が届きやすくて使い勝手が良くなります。

5-2. 洗面所

洗面所のコンセントは、掃除機用に床面に1ヶ所、あとは洗面台と洗濯機置き場付近の腰高より少し上にいくつか設置しておくと、生活家電を使う際に便利です。水回りに設置する洗濯機などの大型家電用は、必ずアース付きのコンセントで感電防止対策をしておきましょう。

6. ベランダ・屋外

ベランダや屋外ではコンセントの出番はなさそうな気もして設置していない方が意外と多いですが、コンセントがあると便利です。

・高圧洗浄機
・ベランダ照明
・防犯カメラの設置


などを使いたい時にコンセントがないと困ります。あまり床面に近いと激しい雨の際に濡れやすくなりますので、床面より約40cmほど上と、照明や防犯カメラ用であれば壁の上部にも設置しておきましょう。

関連記事:
屋外コンセントリフォームをすると、電動工具が使えたり防犯対策にも役立ちます!
【目的別】ベランダ照明の設置は防犯対策としても有効です

ベランダや屋外へ設置するコンセントは、雨に濡れても大丈夫なように必ず防水コンセントにしてくださいね。

お部屋別に最適なコンセント位置まとめ

コンセントはできるだけ多く造っておくほうが便利なのですが、悩むのがコンセント位置です。今回は、お部屋別におすすめのコンセント位置を解説しましたので、新築やコンセント増設の際のご参考になさってください。

コンセント設置費用を一括見積り!

コンセント設置費用の見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。新築時より実際に住み始めて家具や電化製品を置いてみて初めて「ここにコンセントがあったらいいのに」「もう少し高い位置にコンセントがあったほうが良いかも」と思うことも少なくありません。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

コンセントの設置費用見積もりを無料でしてみる

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

家仲間コムなら
業者の手数料が無料だから安くなるかも!/

一般的に業者さんがサイトに支払う成約手数料
(売上の約10〜20%)が家仲間コムではかかりません。

コンセントの
業者さんを匿名で探してみる
編集責任者プロフィール
編集者画像

編集責任者

家仲間コム編集部

プロフィール


利用会員数260,000人、登録リフォーム会社数1,400社を超える日本最大級のリフォームマッチングサイト「家仲間コム」を運営するリフォーム専門家集団の編集部が、一般的なリフォームの情報を纏めた簡易的な記事ではなく、実際の見積情報や価格相場に基づいた読者に役立つ、価値ある情報をお届けしています。

執筆者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)


大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。