屋外にコンセントを設置するメリットとは|設置方法や便利な使い方を紹介

屋外にコンセントを設置するメリットとは|設置方法や便利な使い方を紹介

屋外コンセントリフォームをすると、DIYに必須の電動工具が使えたり高圧洗浄機などが使えてとても便利です。また、防犯対策に有効な防犯カメラを設置したり防犯灯を使う場合にも屋外コンセントが活躍します。この記事で詳細を説明していきますが、まずはこの記事で紹介している内容の結論を簡単に記載します。

匿名・無料の一括見積もり

POINT この記事のポイント

・屋外にコンセントを設置するメリットは、「窓や外壁掃除に便利な高圧洗浄機が使える」「防犯対策用のカメラや防犯灯を設置できる」「掃除機を使って自家用車の車内掃除ができる」「BBQに便利な電化製品が使える」など
・屋外コンセントを増設する方法は、「既存のコンセントを分岐させてコンセントを増設」「分電盤から専用線を引いてコンセントを増設」の2種類
・屋外コンセント設置にかかる費用は、約1.2万円~

屋外にコンセントを設置するメリット

屋外にコンセントを設置するメリット

家を新築してから後悔するポイントの一つに「コンセント」問題があります。数が足りなかったり使いたい場所になかったり設置位置が使いづらかったりと、実際に生活して初めて気づくことも多いものです。特に屋外のコンセントは必要ないと思う方も多いのですが、あるとこんなに便利なんです。

・窓や外壁掃除に便利な高圧洗浄機が使える
・防犯対策用のカメラや防犯灯を設置できる
・掃除機を使って自家用車の車内掃除ができる
・BBQに便利な電化製品が使える
・暑い日の屋外作業に外で扇風機を使うことができる
・日曜大工に電動工具が使える


いかがですか?このように、屋外にコンセントがあるとお庭を有効活用することができますよ!

屋外コンセントを増設する方法は2種類

屋外コンセントを増設する方法は大きく分けて2種類あります。

関連記事:
コンセントを増やすには?コンセント増設工事の内容と価格
気になるコンセント増設工事の種類と費用目安を調べました

1. 既存のコンセントを分岐させてコンセントを増設

既存コンセントを露出配線で屋外コンセントまで延長する方法です。電線を守るためにカバーをつけ、地面が土であれば埋設することも可能です。施工費用が安く、比較的簡単に施工できる点がメリットです。延長コードを用いるのと理論上は同じなので消費電力を多く使う場合は適していません。

・価格相場:1.2万円~

2. 分電盤から専用線を引いてコンセントを増設

外壁に穴を開けて室内側の電線を外に分岐して引っ張り出す方法です。専用線なので、消費電力の多い電化製品でも安心して利用できます。仕上がりが綺麗な点がメリットですが、施工に手間がかかるため費用は少し高くなります。

・価格相場:1.6万円~

屋外コンセントリフォームの施工事例

過去に家仲間コムに寄せられた屋外コンセントリフォームの施工事例をご紹介します。

屋外用防水コンセント設置したい

築15年の軽量鉄骨2階建てにお住まいの方より、屋外用防水コンセント設置したいとのご要望です。価格相場は4万円~7万円でした。

日曜大工や水槽のために屋外コンセントを設置したい

築2年の木造2階建てにお住まい。日曜大工用工具の使用や水槽ポンプの電源のために、屋外コンセントを設置したいとのご要望です。価格相場は3万円~4万円でした。

電動シャッター用の屋外コンセントを設置したい

築12年の一戸建てにお住まい。電動シャッター用にコンセントを増設したいとのご要望です。価格相場は3万円~4万円でした。

屋外コンセントリフォームをお得にするには?

屋外コンセントリフォームの費用見積もり依頼をされる際には、具体的な価格相場を知るために訪問見積りを依頼されることをおすすめします。多くの業者が無料で訪問見積りを行っています。

特にコンセント増設リフォームの場合は、使用する機器容量や分岐増設か新規増設かによって価格相場に差が出てきます。また、配線距離や配線方法により材料が変わってくるため、現状をみてもらうほうが具体的な施工内容と価格相場が分かります。

屋外におすすめのコンセント

防水コンセント

雨や水滴からコンセントを守るためにも、屋外には防水コンセントを採用しましょう。

いたずら防止機能付き防水コンセント

コンセントの差し込み口や使用中のケーブルに対するいたずらを防止できる簡易鍵付きのコンセントです。

壁がなくても電源が取れる屋外コンセント

庭先など、壁から離れたところで電源を取りたい時に便利な屋外コンセントです。壁に設置されたコンセントとこちらのコンセントがあると、よりお庭を有効活用することができますね。

屋外にコンセントを設置する際のポイント

屋外にコンセントを設置する際のポイントは、ベランダと同様に漏電や感電防止に気を付けることです。

コンセント増設リフォーム業者を一括見積り!

コンセント増設リフォーム業者の費用見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。屋外に限らずコンセント増設リフォームは電気工事士の資格が必要なので、DIYで行ってはいけません。多くの経験&専門知識のある有資格業者に依頼するようにしてください。

家仲間コムのリフォーム見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、コンセント増設リフォームに必要な有資格者のいる業者に匿名・無料で見積もり依頼ができます。しつこい勧誘などもありませんので安心してご利用ください。

コンセント増設リフォームを依頼できる業者に無料で一括見積もりしてみる

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

家仲間コムなら
業者の手数料が無料だから安くなるかも!/

一般的に業者さんがサイトに支払う成約手数料
(売上の約10〜20%)が家仲間コムではかかりません。

屋外の
業者さんを匿名で探してみる
編集責任者プロフィール
編集者画像

編集責任者

家仲間コム編集部

プロフィール


利用会員数260,000人、登録リフォーム会社数1,400社を超える日本最大級のリフォームマッチングサイト「家仲間コム」を運営するリフォーム専門家集団の編集部が、一般的なリフォームの情報を纏めた簡易的な記事ではなく、実際の見積情報や価格相場に基づいた読者に役立つ、価値ある情報をお届けしています。

執筆者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)


大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。