雨戸やシャッターが破損したら、修理・交換費用はどれぐらい?

雨戸シャッター

雨戸やシャッターは台風や竜巻などの発生時に住宅を守ってくれる住宅設備ですが、想定を上回る自然災害により破損してしまうことがあります。
特に台風シーズンは、迅速に雨戸やシャッターの修理交換をして次の台風に備えておかなければなりません。
今回は、雨戸やシャッターの修理・交換にかかる費用についてご紹介します。
火災保険の適用でお得に修理することも出来ますよ!

雨戸・シャッター交換のタイミング

雨戸やシャッターの耐用年数はおおよそ10~15年です。
海沿いや豪雪地帯・台風が多い地域などではもっと短くなります。

雨

耐用年数が経過しているものは破損しやすくなりますので、台風シーズンに入る前に早めに修理・交換を検討しましょう。
劣化によりもろくなった雨戸やシャッターが強風で飛ばされ人や建物へ損傷を与えてしまう危険性もあります。

経年劣化以外には下記のような症状が出ていたら修理・交換の必要があります。
費用目安と共にご参考になさってください。

1. 開け閉めがしにくい

雨戸やシャッターを開閉する際、スムーズに動かなかったり引っ掛かったような感じがして開け閉めがしにくくなることがあります。
特に台風などの暴風雨のあとは土砂やごみが戸車部分にはさまっていることがありますので、まずは掃除をして取り除きましょう。

雨

その他考えられる原因としては、経年劣化の場合は部品が消耗している可能性がありますので部品交換が必要になります。

・部品修理・交換の費用目安:2~8万円(1ヶ所あたり)

2. 戸板の塗装はがれ

塗装業者

雨戸やシャッターは戸板に防水塗装を施しており、経年劣化や傷などにより塗装がはがれてくることがあります。
塗装のはがれを放置していると、そこから水が入りサビが発生して腐食の原因となります。

・雨戸塗装の費用目安:0.2~0.5万円(1枚あたり)
・シャッター塗装の費用目安:0.1~0.3万円(1㎡あたり)

3. 手動と電動シャッターの故障

シャッターには手動と電動があり、どちらの場合も故障はありますが一般的には手動のほうが故障する確率が高くなっています。

3-1. 手動シャッター

image画像提供:手動シャッター|YKKap

出典:手動シャッター|YKKap

手動シャッターの故障の原因として多いものは、シャッターに使用されるスプリングという部品の摩耗によるもので部品交換が必要になります。

・手動シャッター修理・交換の費用目安:0.8万円~1.5万円
・手動シャッター全体交換の費用目安:15万円~18万円

3-2. 電動シャッター

image画像提供:リモコンシャッター|YKKap

出典:リモコンシャッター|YKKap

電動シャッター故障には下記の原因が考えられます。

・非常電源オフ機能が働いている
・操作レバーにゴミが溜まっている
・戸板が変形している
・ブレーキが効かない場合はブレーキモーター内が摩耗している

電動シャッターはモーター部分の故障が多く、部分修理や交換だけでも高い費用がかかります。

・電動シャッター修理・交換の費用目安:20万円~35万円

雨戸やシャッターの修理・交換は火災保険が適用されることも!

雨戸やシャッターは不要と思われる方もいらっしゃいますが、雨戸やシャッターがあることによって窓ガラスが守られるだけでなく、住宅への被害も最小限に抑えることが出来ますので台風対策として有効です。

雨戸もシャッターも電動タイプのほうが修理・交換費用が高くなりますが、日々の負担はずいぶん楽になります。
また、不具合が起こって修理・交換をする場合でも火災保険の適用により費用負担がなくなることもあります。

火災保険に関しては下記リンクをご参考になさってください。
参照:雨樋修理をお得にするポイントを徹底調査

image

雨戸・シャッター修理・交換の費用を一括見積り!

業者

雨戸・シャッター修理・交換の費用見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
台風のあとは外壁や屋根なども被害に遭っている可能性もあります。
雨戸やシャッターは2階以上の部屋の場合は足場を組む必要がありますので、他の場所の修理も同時に行うと安心・お得ですよ!

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。