リフォーム減税【2019年版】|「次世代住宅ポイント制度」を利用してお得に!

電卓と設計図

リフォームやリノベーションを行う際には、お得な減税制度があることをご存知ですか?
今回は、住宅リフォーム・リノベーションで受けられる減税制度について解説します。
消費税増税に伴い、リフォーム・リノベーションにも10%の消費税がかかってきますが、ローン控除年数が10年から13年に延長されていたり、「次世代住宅ポイント制度」を利用すると、よりお得にリフォームできますよ!

リフォームに利用できる3つの減税制度

OKマークをする人

住宅のリフォーム・リノベーションを行った際、一定の条件を満たすと減税される優遇制度があります。
優遇制度は大きく分けると下記の3つになります。

・住宅ローン減税
・リフォームローン減税
・投資型減税

1. 住宅ローン減税

新築住宅

「住宅ローン減税」は認知度の高い優遇制度ではないでしょうか。

正式名称は「住宅借入金等特別控除住宅」と言い、住宅を取得した際に10年以上のローンを組んでいると、おさめた所得税が戻ってくる制度です。

新築住宅だけでなく中古住宅、増改築や大規模リフォームでローンを組んだ場合も対象となります。

ローン期間10年以上
リフォームの規模
控除期間13年間
対象の住宅戸建て形式や新築・中古を問わず、ほぼ全ての住宅が対象
増改築や大規模リフォーム
条件10年以上のローンを利用し、自ら所有し居住するための住宅を新築・取得・増改築等する
控除限度額136,500円

控除期間は従来は10年間でしたが、消費税増税に伴う優遇処置として13年間まで延長されます。

13年の控除期間が適用されるのは、10%の消費税で住宅取得または対象となる増改築や大規模リフォームを行い、令和元年10月1日から令和2年12月31日までに居住することが条件です。

別荘・セカンドハウスや、ご自身が居住しない場合は対象外です。
参照:住宅ローン控除|すまい給付金

2. リフォームローン減税

車椅子

リフォームローン減税は「ローン型減税」ともいい、ローン期間5年以上のリフォーム・リノベーションを行った際に優遇されます。
参照:リフォームの住宅ローン減税とは|Panasonic

ローン期間5年以上
リフォームの規模中・小
控除期間5年
対象のリフォーム・バリアフリーリフォーム
・省エネリフォーム
・同居対応リフォーム
・上記のいずれかと併せて行う増改築等
条件バリアフリーや省エネなど一定要件を満たすリフォームであること
控除限度額625,000円

対象となるリフォーム内容が限られていますが、対象リフォームと同時に施工される一般的なリフォームは対象となります。

例えば、高齢家族のために玄関のバリアフリーリフォームを行うと同時に、玄関収納を造りつけしてもらった、というようなリフォームも対象となります。
参照:
高齢者専用の玄関リフォームで不安を解消!車椅子や歩行器でも安心できる6つのリフォームポイント
コートがかけられる玄関収納のリフォームアイデアと費用目安

3. 投資型減税

「投資型減税」は、ローンの有無にかかわらず、対象となるリフォーム・リノベーション工事であれば受けられます。
参照:投資型減税|すまい給付金

ローン期間条件なし
リフォームの規模小・中
控除期間1年
対象のリフォーム・バリアフリーリフォーム
・省エネリフォーム
・同居対応リフォーム
・長期優良住宅化リフォーム
・耐震リフォーム
条件対象リフォームであること
控除限度額20~25万円

「バリアフリーリフォーム」「省エネリフォーム」「同居対応リフォーム」をされる場合は、リフォームローン減税での優遇を受けるほうがお得になる場合もあるので、リフォーム費用や条件を事前によく確認しておくことをおすすめします。

特に上記リフォーム以外のリフォームも合わせて複数の工事を行う場合は、リフォーム減税のほうがお得です。

次世代住宅ポイント制度【2019年度版】

「次世代住宅ポイント制度」は、消費税増税に伴う住宅取得支援の一つです。

リフォーム工事内容ポイント数目安
開口部の断熱リフォーム
ガラス
0.2万~2.8万ポイント
外壁・屋根・天井・床の断熱リフォーム外壁
屋根
天井
1.6万~10万ポイント
エコ住宅設備設置太陽熱利用システム
節水トイレ
節水水栓
手すり設置
段差解消
0.4万~2.4万ポイント
バリアフリーリフォーム手すり設置
段差解消
廊下拡張
ホームエレベーター設置
衝撃緩和畳の設置
0.5万~15万ポイント
耐震リフォーム耐震工事15万ポイント
家事負担軽減設備設置ビルトイン食洗機
掃除しやすいトイレ
浴室乾燥機
掃除しやすいレンジフード
ビルトインコンロ
宅配ボックス
0.9万~1.8万ポイント
インスペクション実施リフォーム前に行う一級建築士による住宅診断0.7万ポイント

ビルトイン食器洗い乾燥機

共働き世代が増えていることで、毎日の家事の負担を減らしてくれる食器洗い乾燥機や宅配ボックスなどを設置される方も増えています。
こういった家事の負担を軽減してくれる住宅設備の設置も対象となります。
参照:
食器洗い乾燥機のビルトインタイプを修理|水漏れ経験から学んだ上手な使い方
宅配ボックス取り付け費用はどれぐらい?メリット・デメリットも解説します

条件を満たす住宅の取得およびリフォームに対して、定められた商品と交換できるポイントが付与されます。

ポイントは下記の商品と交換することができます。
・省エネ・環境配慮に優れた商品
・健康関連商品
・子育て関連商品
・防災関連商品
・家事負担軽減に資する商品
・地域振興に資する商品

カタログを見る人

ポイントカタログもありますので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか?
参照:次世代住宅ポイント制度 ポイントカタログ

例えば、バリアフリーリフォームで手すりを設置すると、1戸につき5,000ポイントが付与されます。
5,000ポイントで交換できる商品には、お米5kgや血圧計など約3,000品あります。
参照:5,000ポイントまでで交換できる商品

リフォーム減税2019年版まとめ

業者

リフォーム減税には多くの種類がありますが、今気になるのは消費税増税に伴うお得な減税制度ですよね。
リフォーム業者さんであれば、リフォームに関する減税制度にも詳しいので、見積もりの際にどのような補助金を受けられるか相談してみるとお得にリフォームすることができますよ!

image

リフォーム費用を一括見積り!

見積もり

リフォームをご検討の場合は、リフォームで受けられる減税についても知っておくとお得に工事ができます。
どのような優遇や補助金があるのか、事前に専門業者にアドバイスをもらうと安心です。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。