オーニングを使えば省エネで涼しく夏を過ごせます!

image

家の中にいても蒸し暑くなってしまう夏の季節。涼しくするためには家の中に日差しを入れないことが一番です。オーニングは暑さを遮り、家の中を涼しくしてくれます。しかもとても経済的なんです。夏の暑い時期を涼しく乗り切るためにもオーニングはおすすめですよ。

オーニングとは

image

オーニングというのは直訳すると日よけや雨よけという意味です。家の窓のところに設置する日傘のような感じで、家の中に日差しが直接差し込むことを防ぎます。また雨や風を防ぐ効果もあります。

固定のものだけでなく、可動性のものもあり、角度を変えられるタイプや、中には風や光の強さに合わせて自動で動くタイプもあります。便利ですね。

オーニングは日差しを遮る効果が高い

image

オーニングはとても効果的に日差しを遮ってくれます。家の中で涼しく過ごすには、日差しや熱を室内に入れないことが一番です。そのためには遮光カーテンなど家の内側で遮るよりも、窓の外側から遮るほうがより効果的なんですね。

一般社団法人建築環境・省エネルギー機構の調査によると、窓だけの場合と比較するとオーニングは80パーセントの日差しをカットするという結果が出ています。

オーニングを使えば気温の高いときでも涼しく過ごせそうですね。

日差しを遮ることで電気代を節約

日差しを遮るという方法は、電気代の節約にもなります。

image

例えばエアコンで35度の部屋を、28度に下げるには大量のエネルギーを使います。逆に初めから28度まで下がっている部屋の温度を維持するのにはそれほどエネルギーは使いません。
オーニングで日差しを遮ると部屋の温度も下がるので、エアコンはそれほどエネルギーを使わなくても涼しさをキープすることができます。

日本オーニング協会のホームページによると
オーニングを利用することで電気代の3分の2がカットできる
というデータもあります。
3分の2は結構大きな節約になりそうですね。

オーニングは昔から利用されてきた?

オーニングというととても新しい感じがしますが、実はこの考え方は昔から利用されてきたものでもあります。
すだれやグリーンカーテンなどはまさにオーニングと同じで日差しを遮るものですね。涼しい日陰を利用するというのは、エアコンのない昔からの人々の生活の知恵でもあります。

オーニングの種類

オーニングにはいくつか種類がありますが、大きく3つに分類されます。また基本的には家の壁面に設置しますが、支柱を立てて独立させて設置することも可能です。

標準タイプ

標準的なオーニングのタイプです。稼働方法は、電動、手動、自動などがあります。デザインも豊富で、いろいろな種類の窓に対応しています。

Lixil 彩風
標準タイプのオーニングです。軽量タイプや省スペースタイプ等、機能も豊富に用意されています。

簡易タイプ

お手軽に設置できる簡易的なタイプです。簾やカーテンなどの感覚で気軽に利用できます。

Lixil 多目的バー・簡易タープ
お手軽に設置できるオーニングです。すだれやカーテン感覚で簡単に利用することが出来ます。

独立タイプ

支柱を立てて設置する独立型のタイプです。壁の設置が不要なので、壁の耐久性などを考える必要もありません。建物から離れた場所への設置も可能です。

Lixil 独立オーニング
支柱を利用するので、壁への設置が不要なタイプです。大型のものや、建物から離れている場合でも設置が可能です。

image

オーニング設置の無料見積もりが可能

image

オーニング設置をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、オーニング設置に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image