冬の洗濯は室内干しがおすすめ!太陽にも当てたい場合はどうする?

image

冬の洗濯は寒いうえに洗濯物も乾かないので、あまりやりたくない家事の一つです。
とはいえ洗濯しないわけにはいきませんので、冬でも効率的に洗濯ができる方法を考えてみましょう。
冬の洗濯は基本的に室内で行えるようにしておくと、寒さに凍えながら干すこともなく、洗濯物もよく乾きます。

冬の洗濯が楽しくなるポイント

冬の洗濯が楽しくなるポイントは、洗濯が好きか嫌いかという点は別にしておいて、下記の2点さえクリアしていれば楽しくこなせるのではないでしょうか。

・寒くない
・乾きやすい

それだけ?と思うかもしれませんが、冬の洗濯が嫌になるのは寒くて洗濯物が乾きにくいからではありませんか?

特に雪が降るほど寒い日には、洗濯物を干すために外に出るのはつらいです。

冬に洗濯物を外に干すと寒いので室内干しにする

冬は寒くない環境で洗濯をしましょう。
そのためには、外干しはせず室内干しにすることです。

室内干しには下記のメリットがあります。

・洗濯物を干すときに寒くない
・冬は外で干すより乾きやすい
・雨が降っても干せる
・花粉やPM2.5対策として有効
・洗濯機からベランダや庭まで行かなくてもよいので動線が短くなる
・冬は室内干しをすることで部屋の乾燥対策になる

冬の室内干しのパターン

室内干しをするには、下記の3つの方法があります。

・室内物干しラックを利用して居室に干す
・乾燥機付き洗濯機を使う
・浴室換気乾燥機を設置して浴室に干す
・サンルームを設置する

家の中がスッキリとして、なおかつどんな洗濯物でも干せるようにするためには浴室換気乾燥機の設置が最もおすすめです。

冬に洗濯物を室内干ししても太陽に当てる方法

image

洗濯物を外に干すのは寒いけれど太陽に当てて乾かしたいという方もいらっしゃいますよね。

室内干しが好きではなく、真冬でも外に干す派の方も結構いらっしゃいます。

浴室換気乾燥機を利用して浴室に干す以外は、室内にごちゃごちゃと洗濯物が吊るされている部屋干しは、確かに見た目にもスッキリしませんし生活感が出てしまいますね。

室内干しでもスッキリとさせ、なおかつ太陽に当てる方法は下記の2つがあります。
・サンルームを設置する
・屋根裏を室内干しスペースとして活用する。
・吹き抜けの2階部分を室内干しスペースとして活用する

1. サンルームの設置

洗濯物を室内干しにして、かつ太陽にも当てるにはサンルームの設置という方法があります。

サンルームは、太陽光を取り入れるために天井部分と壁部分がガラスでできた空間のことを言います。

サンルームは居住空間より張り出しているので、そこを室内干し用にすれば居住空間はすっきりとします。

サンルームの設置には約50万円ほどの費用がかかります。

設置スペースと費用もかかりますが、サンルームは洗濯物を干す以外にも活用方法がありますよ。

・ホームパーティスペースとして
・日当たりの良い場所でのリラックススペースとして
・お子様やペットのプレイスペースとして

サンルームは建築基準法では「増築」扱いになるので固定資産税が上がりますが、広いスペースは不要なので一部屋を増やすより設置費用が安く収まります。

2. 屋根裏部屋に洗濯物を干す

image

屋根裏部屋に窓を設ければ日当たりが良く、濯物物を干すスペースとして有効活用できますよ。

洗濯物を干すだけなら広いスペースは不要ですので、屋根裏の拡張で済みます。

屋根裏の拡張には下記のような施工内容が必要になります。
費用目安もご参考になさってください。

リフォーム内容費用目安
屋根裏の拡張10万円~15万円
窓の設置4万円~
換気扇の設置3万円~
調湿建材施工3万円~6万円

屋根裏を洗濯物を干すスペースとして活用する場合は、湿度対策は最重要事項です。

調湿材を使用したり、屋根裏専用の除湿器を用意しましょう。

3. 吹き抜けの2階部分を室内干しスペースとして活用する

image

ご自宅に吹き抜けがある場合、2階部分の廊下などを室内干しスペースとして有効活用してみてはいかがでしょうか。

吹き抜けには窓を設置して採光をする場合が多いので、太陽が当たり洗濯物を乾かすことができます。

吹き抜け部分にシーリングファンがある場合は、空気が循環しますのでより洗濯物が乾きやすいですよ。

湿度が上がるので、念のために除湿機を使ってカビ対策をしておきましょう。

2階の廊下部分を上手に活用すれば、1階に来客があった場合でも下から見えることはありません。

冬の洗濯物を室内干しでも太陽に当てる方法まとめ

冬の洗濯物は寒さ対策や乾きやすくするためにも室内干しするのがおすすめですが、やはり「洗濯物は太陽に当てたい!」という方も少なからずいらっしゃいます。

太陽が当たる室内スペースは限られていますので、予算に余裕がある場合はサンルームの設置が最も日当たりが良くなります。

サンルームを作る予算までかけたくない場合は、屋根裏を拡張したり既存の吹き抜けがある2階の廊下などを有効活用してみましょう。

リビングなどに干すよりも邪魔にならずに、太陽にも当てることができますよ。

image

サンルームの設置費用を一括見積り!

業者

サンルームの設置費用の見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
サンルームの設置費用目安は約50万円程度ですが、洗濯物を干すだけであればもう少し狭いスペースでも可能なので、費用を抑えることができます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるので、必要な広さや予算などを遠慮なく相談してみてください。
匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。