カーテンレール取り付け・交換・設置のリフォーム情報

エリア選択 カテゴリ変更

カーテンレールの取り付けは、新築時や中古住宅の購入時に行うことが多く、一度カーテンレールの設置を行ったら長い期間毎日使用するものです。
そのため、高品質なカーテンレールを選択することはもちろん、安全に使用できるように取り付ける必要があります。

伸縮レールは滑りの悪いものも多く快適性に欠けることが多いため、カットするタイプの一般的なカーテンレールを使用することをおすすめします。
品質の良くないカーテンレールを取り付けてしまうと、曲がってしまうなど破損の危険性もあり、カーテンレールの交換を行わなければならなくなる可能性が高くなります。
また、自分でカーテンレールの取り付けなどの工事を行うと落下の危険性が高いです。
下地部分に確実に設置する必要性があるため、プロの内装業者さんなどにカーテンレール工事を依頼しましょう。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

カーテンレール落下の可能性も!DIY取り付けの危険性

カーテンレールを取り付ける際には、下地部分を探して取り付けを行う必要があります。
石膏ボードに直接取り付けてしまったことが原因でカーテンレールが落下してしまうケースはよくあります。

image3

カーテンレールを自分で取り付けたけれど落下してしまい結局プロにカーテンレール取り付けを依頼することになった、という失敗談は少なくありません。

多くの場合、壁や天井の下地部分ではなく石膏ボード部分に取り付けたことが原因です。

壁や天井の構造は、下地があり、その上に石膏ボードを張ってあり、さらにその上に壁紙を張ってあるというのが一般的です。
下地となっている木部は等間隔に配置されているため、下地がない部分もあるのです。

石膏ボード部分はビスが効かないという特性があるため、カーテンレール取り付けの際には必ず下地部分を探し当てる必要があります。

石膏ボード部分にビスを打ってカーテンレールを取り付けたとしても、一時的なものですぐに落下してしまう可能性が高いです。

カーテンレールが落下するだけでなく、壁にも穴が空いてしまうこともあるため注意が必要となります。
カーテンレール取り付けに自信がない人は、できるだけプロの手に依頼することをおすすめします。

伸縮レール?カットタイプ?カーテンレールの選び方

カーテンレールには大きく分けて伸縮タイプのレールとカットして使用するタイプのレールがあります。
伸縮レールは安価ですが、走行性に難があるものも多いです。

image3

伸縮するためカットの必要のないカーテンレールはホームセンターなどで比較的安価で入手することができます。

しかし、伸縮レールは伸縮部分に段差があるため、カーテンを開閉する際に引っ掛かりがありストレスを感じることも多いので注意が必要です。
伸縮部分で左右の太さが違うため、見た目で伸縮レールであるとわかることも特徴です。

プロが使用するカーテンレールはカットして使用するもののため、段差がなくスムーズに開閉ができるのがポイントです。

価格は伸縮レールよりも多少高価ですが、業者さんによってはカットタイプのレールの割引があることも多いため、カットタイプのカーテンレールを取り付けることをおすすめします。

装飾レールが取り付けられない?エアコンとの干渉に要注意

レールの左右に装飾が付いている装飾レールは、エアコンの位置などによって取り付けられない場合があります。

image3

輸入物の装飾レールを購入して施主支給で取り付けてもらおうと思ったらエアコンと当たるため取り付けられなかった、という失敗談は少なくありません。

装飾レールはレールの左右に装飾物が付いており、装飾部分が出っ張る形となります。

そのため、窓の横にエアコンなどがある場合にはエアコンとぶつかってしまうため装飾レールの取り付けをすることができないのです。

輸入物・国産品問わず、装飾レールを購入する際にはエアコンなど窓の周囲にあるものと干渉しないかどうか確認しておく必要があります。
心配な場合は業者さんの現地調査を依頼するなど、装飾レールの購入前に確認することが大切です。

間仕切りカーテンを使ってお洒落で機能的なお部屋に!|設置事例や費用目安など

広い部屋を間仕切りして機能的に使いたいとお考えの方にお勧めなのが間仕切りカーテンを使うという方法です。ライフスタイルの変更に合わせて既存の部屋を区切ることができますし、壁を新設するよりも経済的で手軽に出来るのが嬉しいところです。お部屋を区切って機能的に利用したい方にお勧めです!

間仕切りカーテンを使ってお洒落で機能的なお部屋に!|設置事例や費用目安など

カーテンレールの取り付け方法と費用目安

カーテンを取り付けるためにかかせないカーテンレール。DIYでも取り付けることは出来ますが、下地の強度を調べたり、高さや長さを測ったり、高い作業でのビス止めなど、慣れていないとなかなか大変な作業です。そこで、カーテンレールの取り付け方法や業者に依頼した場合の費用目安を調べました。

カーテンレールの取り付け方法と費用目安

カーテンボックスをつけて賢く省エネ!

断熱、遮光効果を高めるカーテンボックスをご紹介します。カーテンレールを見直してカーテンボックスにすることで、お洒落にお得に省エネ生活をしてみませんか?

カーテンボックスをつけて賢く省エネ!

カーテンレールの取り付けの注意点とレールの種類を徹底調査!

リフォームの際など、必要になるカーテンレールの取り付け。その注意点や実際に使うことができるカーテンレールの種類について主にご紹介していきます。

カーテンレールの取り付けの注意点とレールの種類を徹底調査!

カーテンレールやブラインドを通販で購入する前にお読み下さい

カーテンレールやブラインドを通販で購入される前に、必ずお読みください!カーテンレールやブラインドは取り付けが必要となります。カーテンレールやブラインドを通販で購入する場合、ご自身で取付となります。あなたは通販で購入して本当に大丈夫ですか?

カーテンレールやブラインドを通販で購入する前にお読み下さい

カーテンレール取り付け・交換・設置の価格相場

カーテンレール取り付け・交換・設置では、2万円~4万円の価格が相場となっています。
2万円~4万円で多く見られる工事内容としては、カーテンレールの新規取り付け、または付け替えなどがあります。
また、それ以上の4万円~6万円の場合、間仕切りとしてのカーテンレールの設置や、複数の箇所へのカーテンレールの設置などが該当します。
カーテンレール取り付け・交換・設置の場合、価格相場が8万円以上となると、ブラインドからカーテンへの付け替えやカーテンボックスの取り付けなどの工事も出てきます。

カーテンレール取り付け・交換・設置に対応可能な業者さん 288社

みんなのクチコミランキング

1位

備中屋

クチコミ数:171   みんなのおすすめ率:93% 登録日: 2013/01/28
30代 女性 

丁寧に対応いただき、ありがとうございました。
仕上がりもきれいで、助かりました。

30代 女性 

とても上手でした!
親切にして頂きました。

50代 男性 

ドアの修理でしたが、事前に色のサンプルも送っていただきました。
仕上がりも丁寧で満足しています。

もっと見る 
2位

平峰木工所

クチコミ数:154   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2011/04/19
50代 女性 

管理会社に問い合わせた見積の半額ですみました。

40代 男性 

・施工内容と費用が明確
・現場を見てコストを抑える提案を頂けた
・壁を取り外す際のことも相談出来た

40代 男性 

価格も良く、工事の結果は満足

もっと見る 
3位

株式会社グッド・デザイン

クチコミ数:125   みんなのおすすめ率:98% 登録日: 2010/11/21
30代 女性 

メールでの対応も実際に工事に来ていただいたときも、的確なアドバイスをいただけて安心して依頼することができました。
作業も手際よく、お掃除までしていただき決め細やかな対応に感謝しています。

30代 男性 

迅速・誠実な対応で助かりました。ありがとうございました。

40代 女性 

すぐにご対応いただき、ありがとうございました。
ベテランの方だったので、安心してお願いできました。
また何かございましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

もっと見る 
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

カーテンレール取り付け・交換・設置見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

2位
価格差:
30,000円
(35%安)
3位
価格差:
8,000円
(35%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

カーテンレール取り付け・交換・設置の施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

その他のカテゴリから探す

ページトップへ戻る