カーテン取り付けに必要な知識&カーテン取り付け方法は

カーテン採寸

カーテン取り付けにはカーテンが必要です。カーテン購入の前に、カーテン採寸をしましょう。

カーテン採寸はカーテンレールのランナーの穴の位置が基準となります。
カーテンレールが付いていないと、カーテン採寸はできません。

オーダーカーテンを製作する場合、カーテン専門店さんでは採寸を無料で行なっている所もあります。そのような場合は、カーテン採寸を含め依頼した方が安心です。

↓近所の業者さんに匿名で見積もり依頼ができるのでとても便利!
直接頼める業者さん検索>>

カーテン寸法について

カーテン採寸の際、実際測ったサイズは「実測寸法」です。
実測寸法を基にカーテンを製作します。実際に製作するカーテンのサイズは「仕上り寸法」です。
カーテンを注文する際、サイズが「実測寸法」なのか「仕上り寸法」なのかを必ず伝えないといけません。
「実測寸法」と「仕上り寸法」のどちらも伝えると、間違えがなくてよいでしょう。

カーテン採寸方法

■カーテン幅の採寸

カーテン幅は、カーテンレールの両端のキャップの穴から穴までの長さになります。(実測寸法)
カーテン幅は縮みなども考慮し、若干(約5%)大きめに製作します。
実測寸法 × 1.05 = 仕上り寸法

■カーテン丈の採寸

【腰高窓(腰の高さまでの窓)の場合】

カーテン丈は、カーテンレールのランナーの穴から窓枠の下までのサイズを測ります。(実測寸法)
光漏れや見栄えを考慮し、窓枠の下から10cm〜15cm長く製作します。
・ドレープ(厚手)カーテン
実測寸法 + 10cm〜15cm = 仕上り寸法
・レース(薄手)カーテン
(実測寸法 + 8cm〜15cm) − 1cm = 仕上り寸法
※レースカーテンの丈は、ドレープより1cm短くします。

【掃き出し窓(下までの窓)の場合】

カーテン丈は、カーテンレールのランナーの穴から床までのサイズを測ります。(実測寸法)
カーテンの裾をすらないように、1cm短く製作します。
・ドレープ(厚手)カーテン
実測寸法 − 1cm = 仕上り寸法
・レース(薄手)カーテン
(実測寸法 − 2cm = 仕上り寸法
※レースカーテンの丈は、ドレープより1cm短くします。

image

カーテンフックの指定

カーテンレールが「機能性カーテンレール」なのか、「装飾性カーテンレール」なのかで使用するカーテンフックのタイプがかわります。
また、カーテンレールが「正面付け」なのか「天井付け」なのかでも、使用するカーテンフックのタイプがかわります。

■Aフック

カーテンの上部がカーテンレールより下にきます。そのため、カーテンレールが見えます。
【一般的にAフックと用いたカーテン取り付け】
・機能性ダブルカーテンレールのレース側のカーテン
・装飾性カーテンレールへのカーテン取り付けの場合
・天井付けのカーテンレールにへのカーテン取り付けの場合

■Bフック

カーテンの上部がカーテンレールより上にきます。そのため、カーテンレールが見えません。
【一般的にBフックと用いたカーテン取り付け】
・機能性ダブルカーテンレールのドレープ側のカーテン

■アジャスターフック

フックの部分がスライドして、AフックBフック兼用になります。カーテンの丈を調整できるので便利です。

image

image

カーテンの開け方タイプ

カーテンには「両開き」と「片開き」があります。

■両開きカーテン

カーテンの真中から両サイドへカーテンを開くタイプです。
200cmのカーテンレールへ取り付ける場合、100cmのカーテンを2枚取り付けます。

■片開きカーテン

カーテンの片側からもう一方へカーテンを開閉するタイプです。
200cmのカーテンレールへ取り付ける場合、200cmのカーテンを1枚取り付けます。

image

カーテンヒダ

image

カーテンには1.5倍ヒダや2.0倍ヒダなどがあります。
これは、カーテン取り付け面積の何倍のカーテン生地を使っているかということを表しています。
200cmのカーテンで、1.5倍ヒダの場合は、300cmの生地を使っています。

1.5倍ヒダのカーテン < 2.0倍ヒダのカーテン < 2.5倍ヒダのカーテン
となり、生地を多く使っているので、倍率が高くなるにつれカーテンの価格は高くなります。
生地を多く使うことで、見た目に重厚感がでてゴージャスな印象になります。

■1.5倍ヒダカーテン

既製品のカーテンなどに多く、ヒダの数が少ないのでシンプルな見栄えです。

■2.0倍ヒダカーテン

オーダーカーテンに多く、ヒダ数が多いのでゴージャスな見栄えです。2.5倍ヒダでカーテンを製作する場合もあります。

カーテン取り付けの際のポイント

カーテンレールのランナーは少し多く入っています。
ですので、カーテンを取り付けるとランナーが余ってしまいます。
余ったランナーは取り外して保管しておく事がベストですが、無くなったりするため付けっぱなしにする方は多くいらっしゃいます。
そこで、カーテン取り付けを端からしてくと、ランナーが真中に余ってしまいカーテン取り付けなおしとなります。
それを防ぐために、カーテンは真中(マグネットランナー)から端へ取り付けていきましょう。
そうすると、ランナーはカーテンの端に余るため、走行性や見た目的にも邪魔にはなりません。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。