エステサロンを自宅で開業!非日常を演出する内装リフォームのコツ

エステサロン

エステサロンを自宅で開業したい方は多いですが「非日常空間の演出」と「集客」がうまくいかず、数年で閉店してしまう店舗も多いです。
自宅でのエステサロン開業を成功させるコツは、内装リフォームはケチらないことです。
抜群のセンスがあって器用な方であればDIYでもおしゃれな内装リフォームをすることができますが、なかなか難しいのが現状です。
今回は、自宅でエステサロンを開業するために必要な4ステップと内装リフォームのコツを解説します。

エステサロンを自宅で開業するまでの4ステップ

ワンポイント

エステサロンを自宅で開業するまでには、下記の4ステップを目安に準備していきましょう!

1. 自宅の内装リフォーム
2. 設備や備品の購入
3. 集客
4. 開業届けを提出

この中でも最も費用と時間をかけて丁寧に行っていただきたいのが「内装リフォーム」です。

自宅でエステサロンを開業される方は開業資金をできるだけ安く抑えたい方が多いですが、内装リフォームは「非日常空間をどれだけ演出できるか」が大変重要です。

極上のエステ技術ももちろんあっての内装ですが、施術と空間に大満足していただけてこそ初めてのお客様がリピーターにつながります。

1. 自宅の内装リフォーム

エステサロンを自宅で開業するにあたり、最もこだわりたい部分が自宅の内装です。

エステサロンを利用されるお客様は「非日常空間で心と体を癒すため」にご来店されますので、生活感のある自宅サロンではリラックスすることができません。

エステサロンを利用されたことのある方は「施術は良かったけど、なんだかリラックスしなかったなぁ」という経験がありませんか?

これは、エステサロンの空間(または接客)がリラックスできない原因と考えられます。

エステサロンの内装

自宅でエステサロンを開業する際には、お客様が使う場所だけは非日常を演出して生活感を排除したリフォームをすることが重要です。

・門から玄関までのアプローチ
・玄関
・エステサロンの室内
・トイレ

自宅エステサロンでは内装リフォームに最も費用がかかり、目安としては20万円~60万円程度はみておいたほうがよいでしょう。

DIYで安く抑えたいという方も多いですが、お客様目線で見たときに「チープさが出ていないか」を客観的に見ることも重要です。

できるだけ高級感のある材質やインテリア小物を取り入れましょう。

・落ち着いたトーンの色合わせ:ブラウン、白のベースにアクセントカラー
・上質なインテリア:ガラス素材、ゴールドやシルバーなどの光る素材
・エステサロンのイメージに合う素材:ラタン、陶器、手触りの良いテキスタイルなど

1-1. 門から玄関までのアプローチ

門から玄関までのアプローチは最初にお客様をお迎えする場所です。
特にエステサロンの場合は入店前の玄関口からお客様はわくわくし始めるので、玄関アプローチからすでに施術が始まっていると言えるぐらい大切な場所です。

エステサロンのテーマによってエクステリアデザインが変わってきますが、テーマに合うエクステリアを選んで統一しておきましょう。

・ナチュラルなエステサロン
・高価なオイルを使用した高級エステサロン
・アジアの技術で施術を行うオリエンタルなエステサロン

エステサロンのイメージと統一されたエクステリアデザインに加えて、清潔に掃除がされ、手入れの行き届いた花壇や植栽があるのが理想です。
ハーブなども良い香りと健康的なイメージにつながるのでおすすめです。

お客様が門を入る時から非日常空間へ足を踏み入れた気分になるよう、門扉はデザイン性を重視して選ぶと良いですね。

image画像提供:ラフィーネ門扉|LIXIL

出典:ラフィーネ門扉|LIXIL
商品価格:4.4万円~(片開き・埋込仕様の場合)

イングリッシュガーデン

1-2. 玄関

エステサロンを自宅で開業する場合に、気を付けておきたいのが玄関です。
特にお子様がいらっしゃる場合には、泥だらけの運動靴などが出しっぱなしにならないよう注意が必要です。

玄関収納を広く造っておいたり、掃除のしやすい土間玄関にするなどのアイデアもあります。
参照:
コートがかけられる玄関収納のリフォームアイデアと費用目安
土間のメリット・デメリットを知って使い勝手の良い土間を取り入れましょう

また玄関で気になることと言えばその家の「生活臭」です。
玄関は住んでいる人では気が付かない家独特の匂いがしますので、換気をまめに行い空気清浄機で消臭対策をしたうえで、アロマディフューザーなどで良い香りを漂わせておきましょう。

1-3. エステサロンの室内

ご自宅でエステサロンを開業する場合は、できるだけその家の生活空間が見えないように玄関に近い一室をエステサロンとして利用することが多くなります。

エステサロンの室内に入った瞬間一気に非日常空間が広がるような内装を演出しましょう。
もちろん香りも大切です。

室内で最も簡単に非日常空間を作り上げることができるのが壁紙です。

輸入壁紙は価格は高くなりますがおしゃれなデザインのものが多く、張り替えるだけで一気にインテリア性が高まるので、エステサロンの壁紙におすすめです。

DIYで張り替えられる壁紙もありますのでご自身で丁寧に施工できれば、費用を抑えることができます。

輸入壁紙ペイズリー柄「Eijffinger BLEND|WALPA出典:輸入壁紙ペイズリー柄「Eijffinger BLEND|WALPA
商品価格:17,000円~

エステサロンの室内床は高級感のある大理石調フロアタイルがおすすめです。

image画像提供:フロアタイル|サンゲツ

出典:フロアタイル|サンゲツ
商品価格:5,800円/㎡

大理石調のフロアタイルはホテルのような高級感のあるエステサロン空間を演出できます。
参照:フロアタイルは大理石デザインを選んでホテルライクなリビングづくり!

1-4. トイレ

トイレは生活感が出やすい場所だからこそ、清潔で良い香りがするのはもちろんのこと、おしゃれなインテリア雑貨や上質なタオルを置くなど工夫が必要です。

トイレの床は耐水性のあるタイルで落ち着いたワンランク上の空間を演出したり、雰囲気のあるカラー壁紙にするなど、おしゃれなインテリアを意識しましょう。

最近ではトイレの便器本体もスタイリッシュなデザインとカラーの商品が増えていますので、カタログやショールームで実際にご覧になるのもイメージがわきやすいです。

image画像提供:タンクレストイレ「サティス」|LIXIL

出典:タンクレストイレ「サティス」|LIXIL
商品価格:25.4万円~

エステサロンでの施術中は照明は暗くすることが多いので、トイレの照明も少し暗めにしておくほうが違和感がなく、リラックスすることができます。

image画像提供:タンクレストイレ「サティス」|LIXIL

出典:タンクレストイレ「サティス」|LIXIL
商品価格:25.4万円~

照明はシンプルなダウンライト+おしゃれなデザインのスタンドライト、またはデザイン性の高いペンダントライトがおすすめです。

2. 設備や備品の購入

エステサロンの備品

エステサロンに欠かせないものと言えば、施術に使用するエステ設備です。

どのようなエステメニューにするのかによって導入設備が変わってきますが、一般的に10万円以上する高価な設備機器類はレンタルもありますので予算によって選ぶことができます。

エステ設備機器以外に用意するものは下記です。

設備・備品類費用目安
施術用ベッド約1万円~13万円
スリッパ、タオル、バスローブや施術用着衣約2万円~
カウンセリング用テーブルや椅子約1万円~3万円
綿棒・コットン・ティッシュなど消耗品類~約0.5万円
メイク落としや基礎化粧品約1万円~
オイルなど施術に使用する消耗品約5万円~

3. 集客

エステサロンを自宅で開業するにあたり、売り上げに大きく関わってくるのが集客力です。

これはレストランなども同じで、集客力のある店舗は山奥でもアクセスが悪くてもお客様がわざわざ来店してくれますが、これから開業しようとしているエステサロンには、「わざわざ行って施術を受けたい」と思ってもらえる強みはありますか?

エステサロン

あなただけのオリジナルメニューやここでしか受けられない施術・驚きの価格設定など、集客につながる「強み」を良く検討することが大切です。

エステサロンと同じく美に関するサロンを開業したい方に一部エリアを貸し出して「エステサロン+α」などの経営スタイルもあります。
参照:
自宅でネイルサロンを開業したい!メリットデメリットや必要なリフォームは?
ホームジムの設置費用:初級編から上級編までご自宅に合わせて設置できます

4. 開業届けを提出

エステサロンを自宅で開業したら1ヶ月以内に、お住まいの地域の税務署に「開業届け」の提出が必要です。

エステサロンを自宅で開業するための資格は?

エステサロンを自宅で開業するための資格は、実は特にありません。

これはエステに関する国家資格がないというだけで民間資格は多く存在しますので、何らかの資格は取得しておいたほうがエステサロン開業の説得力があります。

また、エステサロンの資格をとる際には、技術だけでなく生理学や人体に関する知識も学べますので、お客様の顔や体に触れるエステティシャンとしては一通り勉強しておく方が良いでしょう。

エステサロンを自宅で開業するための内装リフォームまとめ

エステサロンの内装インテリア

エステサロンを自宅で開業するためには、内装リフォームは大変重要です。

・門から玄関アプローチ
・玄関
・エステサロンの室内
・トイレ

特に上記は、非日常空間を演出する壁紙選び・良い香り・照明・インテリア小物選びには時間を割いて、できるだけ上質でおしゃれなデザインのものを選ぶことが自宅エステサロンの開業を成功させるコツです。

image

自宅エステサロン開業時の内装リフォームを成功させるには?

インターネットをする人

自宅エステサロン開業時の内装リフォームを成功させるには一括見積りでおしゃれな内装業者を選ぶのがおすすめです。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、おしゃれな内装リフォームが得意な業者さんもいるので、過去のリフォーム事例などを見せてもらうこともできます。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。