自宅でネイルサロンを開業したい!メリットデメリットや必要なリフォームは?

自宅ネイルサロン

ネイリスト人口が増え、自宅でネイルサロンを開業される方も増えています。
ネイルサロンへ勤めるよりもご自宅で開業をすることで得られるメリットもあります。
今回は、自宅でネイルサロンを開業するためのリフォームについてお伝えします。
メリット・デメリットやリフォーム内容別の費用目安などもご参考になさってください。
あると嬉しいお客様目線からのサービスもご紹介します!

ご自宅でネイルサロンを開業するメリットやデメリット

OKマークをする人

自宅ネイルサロン開業のメリット

ご自宅でネイルサロンを開業するメリットとしては、ご自分の好きなペースや規模で営業できる点にあります。

・通勤しなくてよい
・予約がない場合は家事や育児の時間を捻出できる
・予約制にしておけば自分のペースで仕事が出来る
・お客様を自宅に入れることで家が片付く

自宅ネイルサロン開業のデメリット

image

・小さいお子様がいても仕事がしやすい反面、急な体調不良などで予約キャンセルをせざるをえない場合がある
→お客様へご迷惑をおかけしないよう対策が必要。

・立地条件によっては友人・知人だけにお客様が限定される
・新規顧客を獲得できた場合、自宅に知らない人をあげるという防犯上の不安がある
→あえて友人・知人に限定した営業にする

このように、デメリット部分に対する対策も考えた上でご自宅での開業を検討していきましょう。

ご自宅をネイルサロンにリフォームする前に

ご自宅をネイルサロンにリフォームする前に、まずどのようなネイルサロンを作りたいかを具体的に描いていきましょう。

図面

1. ネイルサロンの規模はどれぐらい?

ネイルサロンを開業するにあたり、どれぐらいの規模を想定していらっしゃいますか?

1-1. 本格的にネイルサロンを開業したい

例えば、ご自身以外にもネイリストを雇用または共同経営して複数のお客様に対応できる本格的なネイルサロンを開業したい場合を考えてみましょう。

戸建住宅と図面

このような本格的なネイルサロンを開業する場合は、ご自宅の1階は全てネイルサロンとしてリフォームしたり大きめの部屋をリフォーム・庭にサロン専用スペースを併設するなど、同時施術に対応できる広さと設備が必要です。
また、お客様用のトイレやパウダールームなども別で作っておきたいですね。

1-2. 小規模なネイルサロンを開業したい

反対に、ネイリストはご自身だけで短時間での営業時間のみというような小規模なネイルサロンを開業したい場合のリフォームには何が必要でしょうか。

リビングの一角

小規模のネイルサロンの場合は、リビングの一角や玄関脇にある小部屋を利用し、トイレや洗面台はご家庭用を共用していただくというリフォームでも十分です。

実は筆者の妹はネイリストなのですが、自宅のリビングを施術スペースとして使用し、トイレや洗面所は家族スペースを共用していただくという形態でネイルサロンを開業しています。

特に大きなリフォームは行わずリビングの一角に施術用テーブルやソファを用意した程度で、営業時間も子供が学校に行っている間だけという小規模ネイルサロンです。

ネイルサロン開業のためのリフォーム内容と費用目安

電卓と設計図

では、開業したいネイルサロンの規模が決まったらリフォームに取り掛かりましょう。
旅行と同じで準備している期間が一番楽しい時間ですね!

1. ネイルサロン開業に必要な設備

ネイルサロンの規模に関わらずネイルサロンには必要な設備があります。

1-1. コンセント設備

マルチメディアコンセント

下記のようなネイル施術用品にはコンセントが必要なものがあります。

・爪を削る時に使う電動ネイルマシーン
・爪に塗ったネイル溶剤を硬化させるためのUVライトやLEDライト

・コンセント設置費用目安:2.4万円~3.2万円
参照:コンセントは適材適所に設置

1-1-1. コンセント設置の注意点

コンセントは、お客様やご自身が引っ掛からないよう配置には十分注意しましょう。
また、施術の際に出る爪の粉などがコンセント部分に溜まっていると火災の原因にもなりますので、毎日コンセント周辺の掃除をしておくことが大切です。

1-1-2. エアコン設置は別電源が必要です

エアコン設置

エアコンは消費電力が大きいため、エアコン専用電源を確保する必要があります。
専用電源がない場合は増設工事が必要になり、費用目安は1.2万円~1.6万円です。
参照:メーカー別エアコンの最新機種を一挙ご紹介!

1-2. 換気扇または換気口や窓

最近のネイル溶剤は匂いの少ないものが主流ですが、人によっては匂いがきつく感じられることもあります。
また「ファイリング」といって爪を削る工程がありますが、削った後には白い粉が出ます。

換気扇

部屋を清潔に保ち近隣への配慮のためにも、施術を行う部屋には必ず換気口や換気扇、窓を設置しましょう。

・24時間換気システムの設置費用目安:15万円~25万円

2. ネイルサロン開業におすすめのリフォーム

次は、ネイルサロンにとって必須ではありませんがおすすめのリフォームをご紹介します。

2-1. 玄関廻りのリフォーム

玄関門柱

ご自宅で開業とはいえ、お客様はネイルサロンとしてご来店されます。
玄関廻りは生活感が出やすいので、お客様をお迎えするよう清潔でおしゃれな内装であると印象が良くなります。

・玄関ポーチのリフォーム費用目安:5万円~10万円(タイル張替えの場合)
参照:玄関ポーチリフォームの種類と費用目安をまとめてみました!

玄関には靴は出しっぱなしにせず靴箱へ収納し、玄関の臭いにも気を付けておきましょう。
アロマオイルを焚いて良い香りでお出迎えするのもおすすめです。

image

履き心地の良い清潔なスリッパを用意してお客様をお迎えしましょう。

2-1-1. 外階段設置リフォーム

本格的なネイルサロンをご検討中の方は、ご家族とお客様が別々に利用できる完全分離の外階段を設けるのも一つの方法です。
・外階段設置リフォームの費用目安:9万円~

二世帯住宅リフォームが参考になります。
参照:外階段リフォームが必要な二世帯住宅のタイプは?

2-1-2. 門柱設置リフォーム

ご自宅に門柱を置くスペースがある方は、ネイルサロンの屋号を門柱に飾るのもおすすめです。
・門柱設置の費用目安:13万円~23万円
参照:おしゃれな門柱でワンランク上の住宅造り!家のテイストと合わせて設置するのがポイントです

2-1-3. イルミネーション設置リフォーム

イルミネーション

シーズンによっては華やかにイルミネーションを飾るのも素敵なネイルサロンになります。
参照:自宅のイルミネーションは2ステップで簡単設置!気になる電気代や注意点も解説します

2-2. トイレや洗面所のリフォーム

トイレと洗面所

ネイリストは施術前にお客様の手を消毒しますが、お客様の中にはご来店前に食事をしたりハンドクリームを塗っておられる方もいらっしゃいますので、出来れば手を洗っていただいてから施術をするほうがより清潔です。
ネイルの持ちにも影響しますし、爪へのカビ発生防止にもつながります。

また、施術が始まったら最低でも1時間は手を使えませんので、施術前にお手洗いを済ませて頂いたほうが安心でしょう。

美しいネイルが完成したら、お帰りの際にパウダールームで身だしなみをチェックしていただき気持ちよくお帰りいただけるよう配慮しておくといいですね。
参照:洗面所リフォーム。最新の洗面台はここがすごい。

水廻りは特に清潔にし、消臭対策は万全にしておきましょう。
タオルもまめに取り換えるか、使い捨てのペーパータオルを用意しておくと快適に利用できます。

2-3. 部屋の間仕切りリフォーム

間仕切りリフォーム

ご自宅の一室をネイルサロンとして使用する場合、部屋を間仕切って設ける方法があります。
小規模ネイルサロンを開業したい方におすすめです。
参照:部屋を間仕切りたい!部屋の間仕切り方法と間仕切りにかかる費用

あると嬉しいネイルサロン設備やサービス

最後に、お客様目線から見た場合、下記のような設備やサービスがネイルサロンにあると嬉しいのではないでしょうか?
ご予算に合わせてご参考になさってください。

・スマートフォンの充電サービス
施術中にLINEやSNSなどを使用していて充電が減ってしまう場合に助かります。

・施術中に見られる映画やテレビ
最近ではタブレットでインターネットの動画配信サービスをご利用されているネイルサロンも多くなりました。

コーヒーとお菓子

・コーヒーなどの飲み物やお茶菓子
→ネイルは意外と時間がかかるので、お客様にくつろいでいただくためにもあると嬉しいサービスです。

・空気清浄機
爪を削った粉が喉に入ると咳き込んだりしますので空間を清潔に保つ工夫がされていると好印象です。

・フットマッサージャー
施術中座ったままだと足がむくみますので、フットマッサージャーがあるネイルサロンは嬉しいです。

image

自宅ネイルサロン開業リフォーム費用を一括見積り!

パソコンで検索する人

自宅ネイルサロン開業リフォーム費用の見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
店舗開業の経験豊富な業者に依頼して専門家からのアドバイスをもらうと理想の開業を叶える手助けになります。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。