取り付け・設置工事のリフォーム情報

エリア選択 カテゴリ変更

取り付け工事は、比較的手軽な工事であることから自分で行おうとする人も少なくありません。
カーテンレールやピクチャーレール、棚、鏡、装飾品などの取り付けや設置工事はビスで留めるだけというイメージなので、自分で行う人も多くいます。
しかし、取り付け工事や設置工事を行う場合、下地を探したうえで頑丈に取り付けを行わないと落下などの危険性が伴います。
落下すると危険なだけでなく、壁などに大きな傷が残ってしまうといったリスクもあるのです。
取り付け工事を行う際には、プロの業者さんに依頼することをおすすめします。

取り付け工事は手ごろな価格で行ってくれる業者さんが多いです。
また、複数箇所の取り付け工事を同時に行うことでお得になる場合もあるため、事前に確認しておきましょう。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

さらに細かく見る

水栓の取り付けや水栓取り替えなどを行う際には水漏れなどを避けるため水道工事の経験豊富な業者さんに依頼しましょう。既存の水栓の形状によって取り付けできないものもあるため注意が必要です。

コンロの寿命は10年程度です。劣化したコンロは事故の原因にもなるので早めに交換しましょう。ガスコンロやIHビルトインコンロなど、家族構成や生活スタイルに合わせて製品を選びます。

食器洗浄機を設置する場合、洗浄力や節水機能なども考慮します。食器洗浄機設置の際には分岐水栓の取り付けが必要なので、水回りの専門業者さんに工事を依頼することをおすすめします。

洗濯機防水パンを取り付けることで床への水漏れなどを防ぐ効果があります。縦型洗濯機からドラム式洗濯機に買い替える際にはサイズの問題から洗濯機防水パンの交換が必要な場合が多いです。

ウォシュレットには瞬間式と貯湯式があり、瞬間式は製品は高額ですがランニングコスト面で優れています。ウォシュレット設置の際はランニングコストなども考慮して製品選びを行うと良いでしょう。

カーテンレールの取り付けの際には高品質で滑りの良いカーテンレールを使用し、しっかりと設置する必要があります。自分でのカーテンレール工事は落下の可能性が高いため危険です。

ブラインドは遮光性の高いものや電動タイプなど様々なものがあるため、生活スタイルに合わせて選択します。ブラインド工事は自分で行うと落下の可能性が高いため、危険です。

ピクチャーレールの設置の際には下地部分にしっかりと取り付けなければ落下の危険性があります。ピクチャーレールを選択する際には耐重量も考慮して製品選びをしましょう。

ホスクリーンは室内干し用のものとベランダ用のものがあり、強度が高く使いやすいことから人気の製品です。ホスクリーンの取り外しや取り付けはお手ごろ価格で行ってくれる業者さんが多いです。

ホシ姫サマは、雨天時や花粉時期などの洗濯物の室内干しの際に大変便利です。製品自体の重量があることや濡れた洗濯物の重量もかかることから、安全のためプロの手によるホシ姫サマ取り付けをおすすめします。

階段やトイレ、浴室などに手すりを設置することで安全性を確保することができます。安全のため、手すりがグラグラするなどの異常が見られたらすぐに手すりの修理を行いましょう。

鏡の取り付け工事の際には、壁の下地部分に確実に取り付ける必要があります。特に玄関用の大型の鏡は落下して破損すると大変危険なため、確実な設置を行うことが重要です。

エアコン設置の際には内部のガスを逃さないように施工する必要があるため、プロの業者さんに依頼しましょう。エアコン撤去の際には、工事費用に処分費用が含まれているか確認することが大切です。

火災報知器の設置は火災を素早く感知し被害を最小限に防ぐため、すべての住宅で義務付けられています。定期的に火災報知機を点検し、異常があった場合火災報知器交換を行うことも重要です。

物干しや竿掛けは使用しやすいことや耐久性が高いものを選択することが大切です。物干し工事の際には落下しないようプロの技術でしっかりと取り付けを行ってもらいましょう。

神棚を取り付ける際には向きなどに配慮が必要です。知識が豊富な業者さんに依頼すると良いでしょう。神棚取り付けキットなどを使用してお手頃価格で神棚工事を行ってくれる業者もあります。

取り付けたい物の重量を確認

取り付け・設置工事の見積もりを依頼する際には、取り付けたい物の重量を調べておきましょう。

image3

取り付け工事において、重量は大切なポイントです。

例えば石膏ボード部分に5kgを超えるものを取り付けようとしたとき、耐重量5kgまでの石膏ボード用アンカー1本では取り付けることができないため取り付け方法を変える必要があり、見積もり金額も違ってきます。

このように重量によって取り付け方法が変わってくるケースもあるため、正確な見積もりを出すためには取り付ける物の重量を明確に伝えておくことが大切となるのです。

重量がわからないものの場合は、製品名や型番などの情報をできるだけ詳しく伝えておきましょう。

取り付ける場所の材質を確認

天井や壁などに物を取り付ける際、取り付ける場所の材質によって工法が違います。

image3

石膏ボード部分に取り付ける場合と、木部に取り付ける場合では方法が違います。
またコンクリートなどのビスを打てない壁面や天井では、取り付けができない場合もあります。

そのため、わかるようであればできるだけ取り付け場所の材質を伝えておくようにするとスムーズです。

一般的な壁や天井は石膏ボードでできています。例えば画鋲を壁に刺して抜いた時に画鋲が白くなっていればその部分は石膏ボードであるということです。

コンクリートの壁は画鋲などを刺すことができないのが特徴で、コンクリート部分には基本的に取り付け工事を行うことは難しいです。

取り付け位置の希望を明確に

石膏ボードへの取り付けの場合、取り付け位置に細かな指定がある場合には追加工事が必要となる場合もあります。

image3

重量のあるや負荷がかかるものは、アンカーを使っても石膏ボード部分に取り付けることができない場合もあります。

天井や壁には、石膏ボードの下地として木材が455mm程度の間隔で入っているため、重量のあるものを取り付ける際などには下地部分にビスを打つなどの方法で取り付けを行います。

しかし取り付ける位置に細かい指定がある場合には、その場所に下地がなくビスを打つことができないケースもあるため、取り付け位置に細かい希望があるかどうかの情報を見積もりの際に伝えておくようにしましょう。

取り付け位置に細かく指定がある場合、下地の有無などの状況を現地確認する必要がある場合もあります。

下地がない部分への取り付けを希望する場合には下地補強などが必要なケースもあるため、見積もり依頼の際に位置の希望がどの程度あるのかを明確にしておきましょう。

2階リビングリフォームは階段の昇り降りが大変!?階段リフォームで改善しましょう!

2階リビングになると、家族団らんの場が2階になります。買い物の荷物や、ゴミ出し、宅急便の受け取りなど、これらの日常行動のたびに2階への昇り降りが必要になります。この点で2階リビングリフォームをためらう方もいらっしゃいますが、今回は「階段の昇り降りが大変」という2階リビングのデメリットを、階段リフォームで改善しましょう!

2階リビングリフォームは階段の昇り降りが大変!?階段リフォームで改善しましょう!

トイレの必需品!ウォシュレットの機能や人気のウォシュレットをご紹介します!

ご自宅のトイレにウォシュレットをつけているご家庭も増えてきました。ウォシュレットの普及により、さらに清潔に快適にトイレを使用できるようになり、もはやウォシュレット無しのトイレなんて使えない!という方もいらっしゃるのでは?そんなウォシュレットには、どんな機能があるのでしょうか?ウォシュレットの人気機種も一緒にご紹介します。

トイレの必需品!ウォシュレットの機能や人気のウォシュレットをご紹介します!

ウォシュレットの取り付け時に確認することや、ウォシュレットの選び方は?

今や、トイレになくてはならない存在のウォシュレット。ご家庭のトイレに取り付けている方も増えています。まだ、ウォシュレットがついていないという方もご安心ください。ウォシュレットは後付けで簡単に取り付けが出来るんです!今回は、ウォシュレットの取り付け時に確認することや、ウォシュレットの選び方について調べました。

ウォシュレットの取り付け時に確認することや、ウォシュレットの選び方は?

和式トイレから洋式トイレへリフォームする際の費用目安と注意点

和式トイレから洋式トイレへリフォームするには、まずは現状を確認しましょう。なぜなら、現状によってリフォーム費用が変わってくるからです。今回は、和式トイレから洋式トイレへリフォームする際の費用目安とリフォームの際の注意点などをご紹介します。

和式トイレから洋式トイレへリフォームする際の費用目安と注意点

和式トイレから洋式トイレのリフォームをお得にするには?

築年数の古い住宅や店舗では、和式トイレのところもまだまだあるようですが、高齢になって和式トイレを使うのはなかなか大変ですよね。そこで、和式トイレを洋式トイレにリフォームしてみてはいかがですか?今回は、洋式トイレのメリット・デメリット、和式トイレから洋式トイレのリフォームをお得にする方法などをご紹介します。

和式トイレから洋式トイレのリフォームをお得にするには?

自分でも出来る?DIYで洗濯機防水パンの交換をする際の手順や注意点

洗濯機防水パンは、洗濯機からの水漏れを防止するために設置されますが、掃除がしにくいうえにホコリがたまりやすく、汚れやすいのがネックです。汚れてしまったり、割れてしまった場合は、洗濯機防水パンを新しく交換してみてはいかがでしょうか?今回は、慣れた人なら自分でも出来る、DIYで洗濯機防水パンの交換をする際の手順や注意点などをお伝えします。

自分でも出来る?DIYで洗濯機防水パンの交換をする際の手順や注意点

取り付け・設置工事の価格相場

取り付け・設置工事にかかる価格帯として、最多な範囲は2万円~4万円となっています。
この価格帯での具体的な工事内容としては、取り付け・設置工事の中でもウォシュレットの購入・取り付けやカーテンレール、ブラインドの取り付けなど該当してきます。
また、この前後の価格帯を見ていきますと、2万円以下では火災報知機や防水バンの設置や蛇口の交換などがありますが、4万円以上となるとIHクッキングヒーターの取り付けや食洗器の取り付けなど、手間もかかる工事が増えてきます。

取り付け・設置工事に対応可能な業者さん 656社

みんなのクチコミランキング

1位

マクスロムインテリアデザイン

クチコミ数:365   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2011/01/21
40代 女性 

すぐに対応していただき、工事も迅速で綺麗な仕上がりでした

20代 男性 

完全に元通りになった。

40代 女性 

仕事が早く、出来上がりも綺麗まで、値段も良心的でよかったです。

もっと見る 
2位

備中屋

クチコミ数:170   みんなのおすすめ率:93% 登録日: 2013/01/28
30代 女性 

とても上手でした!
親切にして頂きました。

50代 男性 

ドアの修理でしたが、事前に色のサンプルも送っていただきました。
仕上がりも丁寧で満足しています。

40代 男性 

メールの返信が早く対応が丁寧。

もっと見る 
3位

平峰木工所

クチコミ数:154   みんなのおすすめ率:99% 登録日: 2011/04/19
50代 女性 

管理会社に問い合わせた見積の半額ですみました。

40代 男性 

・施工内容と費用が明確
・現場を見てコストを抑える提案を頂けた
・壁を取り外す際のことも相談出来た

40代 男性 

価格も良く、工事の結果は満足

もっと見る 

おすすめプラン紹介業者

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

取り付け・設置工事見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

取り付け・設置工事の施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

その他のカテゴリから探す

ページトップへ戻る