二世帯住宅の賢い選択&二世帯住宅の価格は?

二世帯住宅とは?

image

二世帯住宅とは、親世帯と子世帯がひとつの住宅で暮らすための住宅です。
二世帯住宅は、もともとは日本の伝統的な家族のあり方でした。昔は特に二世帯住宅という特別な住宅概念はなく、二世帯や三世帯同居が普通でした。
しかしながら近年では、少子化やサラリーマン家庭の増加などにより核家族化が進みました。特に若い世代では、プライバシー尊重に重点を置き、二世帯同居は敬遠されがちです。

それらの問題を解決するために、様々な二世帯住宅があります。代表的な二世帯住宅のタイプでは、同居タイプ、共用タイプ、完全分離タイプがあります。

二世帯住宅のメリットとデメリット

image

二世帯住宅のメリットとデメリットは、様々あります。
それらを突き詰めると、大方以下の点となります。

■二世帯住宅のメリット

・住宅を2棟建てる価格よりも、二世帯住宅の建築価格の方が安い
・お互いに面倒を見ることができる。(老後や子供、ペットなど)

■二世帯住宅のデメリット

・プライバシーの問題
・お金(建築価格、生活費用など)の問題
・音の問題(生活時間帯の違いや子供)

二世帯住宅を建てる前に、必ず親世帯と子世帯で話合わなければいけません。親子だから大丈夫と思っていても、実際二世帯住宅で住み始めると様々な問題は発生します。

二世帯住宅のタイプ

■同居型二世帯住宅

伝統的な二世帯住宅の形です。住宅の中で親世帯と子世帯で寝室など部屋単位で分けて利用します。

■共用型二世帯住宅

玄関やリビング、水周りなどを共用します。共用する部分は、親世帯子世帯のニーズで決定します。共用部分が多いほど、設備は一つでよいので建築価格は安くなります。

■完全分離型二世帯住宅

建物は同じながら、完全に分離した二世帯住宅です。プライバシーは保たれますが、住宅設備は全て各世帯ごとに必要となるため、二世帯住宅の建築価格は高くなります。
一階が親世帯、二階が子世帯の水平分離タイプや、左右分離タイプなどがあります。

image

各タイプの二世帯住宅の価格は?

二世帯住宅はタイプや建坪などで価格は大きく違います。
また、ハウスメーカーや工務店などでも価格は違ってきます。
二世帯住宅を検討中の方は、色々なハウスメーカーさんや工務店さんに相談してみてください。

image

注文住宅一括資料請求「持ち家計画」
複数のハウスメーカーや工務店から一括で資料請求ができます。

ハウスメーカーや工務店で注文住宅を建てたいあなたに地域密着型の優良業者をご紹介!地元ならではの親切・安心の対応でローコスト住宅(低価格住宅)もおまかせ。簡単入力で複数ハウスメーカーや工務店の資料が無料一括請求できます。

image

二世帯住宅の共用か分離を検討する設備

image

■玄間
玄関を分離するとそれぞれ玄関が必要となるので、面積を使います。
■階段
外階段にするか内階段にするか?鍵はどちらからかけるかなど検討します。
■浴室
水周りの設備費用は高いので、分離すると建築価格は高くなります。
■キッチン
水周りの設備費用は高いので、分離すると建築価格は高くなります。
■トイレ
分離する場合が多いです。
■電話、電気、ガス、水道
回線やメーターを分けると、ランニングコストはそれぞれかかりますが、お互いの費用がはっきりするため、 お金のトラブルは起こりにくいです。

二世帯住宅を建てる流れ

image

二世帯住宅を建てる場合に、最も多いケースは親世帯の土地に、二世帯住宅を建てるというものです。
その場合、土地探しの必要はありません。
では、二世帯住宅の建設を思い立ってから、実際に二世帯住宅の完成まで、どの位の時間がかかるのでしょうか?

様々ありますが、大体約1年かかります。

 1) 建設会社の選定 : 約1-2ケ月間
 2) プランニング・間取り・外観デザイン決定 : 約1-2ケ月間
 3) 本設計作成と建築確認申請 : 約3-4ケ月間
 4) 仮住まいを探す : 約1-2ケ月間
 5) 解体工事・地盤調査・式典 : 約1ケ月間
 6) 二世帯住宅の着工から完成 : 約4ケ月間 (50坪の住宅)

image

注文住宅一括資料請求「持ち家計画」
複数のハウスメーカーや工務店から一括で資料請求ができます。

ハウスメーカーや工務店で注文住宅を建てたいあなたに地域密着型の優良業者をご紹介!地元ならではの親切・安心の対応でローコスト住宅(低価格住宅)もおまかせ。簡単入力で複数ハウスメーカーや工務店の資料が無料一括請求できます。

image

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。