珪藻土の特徴や選び方|カビ対策には珪藻土がお勧めです!

image

塗り壁の珪藻土には調湿性や消臭性など多くの特徴があり、その特徴ゆえに古くから日本家屋の建材として利用されてきました。
最近では壁や天井をクロスで仕上げることも多くなってきましたが、珪藻土にリフォームし直す例も多いです。
今回は珪藻土の特徴や選び方、施工費用目安などを中心にお伝えしていきます。
壁や天井に珪藻土をお考えの方、是非ご参考にしてみてください。

珪藻土とは

image

珪藻の殻の化石の堆積物をさします。
白亜紀以降の地層から産出され、主成分は二酸化ケイ素です。
耐火性と断熱性に優れているため建材や保温材に利用されます。
特に昔から建築物の壁に使われることが多いです。

珪藻土の特徴

珪藻土にはいくつか特徴があり、その特徴ゆえに昔から建材として用いられてきました。
調湿性や耐火性など、日本の住宅に適した機能が多いです。
順に見ていきましょう。

image

・調湿効果
珪藻土には小さな穴が多数空いているので、高い吸・放湿機能を持っています。
湿度が40%以下になると湿気を吐き出し、60%以上になると湿気を吸収するので、部屋の湿度を人間の住みやすい状態に保ってくれます。
半永久的に効果を発揮する優れた調湿機能を持っています。

・消臭効果
珪藻土は湿度を吸収する際に一緒に匂いも吸収しています。
そのため気になる煙草やペットの匂いなどの家の中の生活臭を吸着して脱臭する働きがあります。

image

・耐火効果
珪藻土は融点が約1250度の為火に強く昔から七輪やかまどなどにも利用されてきました。
燃えにくく熱を通しにくいため、建築物でも火災防止の為によく利用されています。

・自浄効果
珪藻土は呼吸をしているため、その呼気とともに表面についた汚れを少しずつ放出しています。
そのため、例えば珪藻土の表面にシミを作ってしまった場合もしばらく置いておくと綺麗になっています。
(※環境によって跡が完全に消えるまでには差があります)
また珪藻土は帯電しないので、クロスのように埃を吸い寄せてしまうこともなく、万一埃が積もってもホウキなどで簡単にとることができます。

image

・省エネ効果
珪藻土は断熱効果に優れているため、外の温度に左右されずに快適な温度を保ってくれます。
冷暖房効率も上げるため省エネで、電気代の削減などにもつながります。

・遠赤外線効果
珪藻土は遠赤外線を放射します。
遠赤外線は細胞を活性化したり自立神経のバランスを整えてくれるので、冷え性の体質の改善、リウマチなど関節痛の軽減、血液循環障害からの回復、アンチエイジング、アトピーやアレルギーの症状、喘息や花粉症、更年期障害の軽減、血圧の調整などの効果を期待することができます。

お部屋のカビ対策には珪藻土

image

湿度が高かったり、結露が発生しているとカビが発生してしまいます。
カビは体内に入ってアレルゲンになったり、呼吸で取り込まれ肺の中で繁殖し病気を引き起こす場合もあります。
またカビにはカビ毒を作るものもあり、アフラトキシンという自然界でもっとも発ガン性が高いものまであります。
カビの発生を抑えるには、湿度の調整が効果的です。
湿度が高くなってしまうお部屋には珪藻土を検討してみるのも良いでしょう。

珪藻土選びは含有率に注目

image

珪藻土自体には接着性がないので、珪藻土を壁などに施工する場合はでんぷん糊や漆喰などの接着剤と混ぜて利用します。
珪藻土の優れた調湿性や消臭性などの特徴は珪藻土の含有率が高いほど強く出るので、機能重視の方は含有率に注目して選ぶとよいでしょう。
含有率には定めがないため、種類によって20%~80%と様々です。
また調湿性を基準として選ぶこともできます。
吸・放湿性は70g/㎡以上でないと効果が感じられないので、それ以上のものを選ぶとよいでしょう。

珪藻土クロスという選択肢も

image

珪藻土壁にしたいと考えていても予算の関係で厳しい場合もあるかもしれません。
このような場合には珪藻土クロスを検討してみるのも良いでしょう。
珪藻土クロスとはクロスの表面に珪藻土を加工したものです。
調湿性などは塗り壁の珪藻土に劣りますが、見た目が本物そっくりで雰囲気があります。
費用を抑えることができるので、機能面というよりも見た目重視の方にはお勧めです。
ただ拭き掃除ができないことがデメリットで、汚れには気を遣う必要があります。

珪藻土リフォームの費用目安

image

壁や天井に珪藻土を施工する場合費用はどれくらいかかるのでしょうか。
一般的にはクロスで施工する場合よりも費用は高めになっていきます。
家仲間コムの過去の見積もりを見ると、一部屋を施工する場合は3.5万円から20万円程、家全体を施工する場合は、40万円から250万円程の予算がかかります。
これは部屋の大きさや施工する珪藻土自体の種類によっても変わってきますので、まずは見積もりを取ってみることをお勧めします。
家仲間コムでは無料で数社から見積もりを取ることができます。
詳しくは下記詳細をご覧下さい。

【一部屋単位で珪藻土リフォームをする場合】

壁紙の珪藻土リフォームについて
15万円 ~ 18万円
リビングの壁紙が変色してしまたので、現状の壁紙をはがして珪藻土にリフォームしたいと思っています。

6畳和室の壁を珪藻土で塗り替えしたい
15万円 ~ 18万円

築25年の木造二階建てです。
6畳和室(クーラーあり)の壁を珪藻土で塗り替えしたいです。

子供部屋の壁紙を珪藻土に変更したい
10万円 ~ 12万円
リビングの横に小さいな子供部屋のようなスペースを作った物の、壁のカビに悩まされている状態です。
現在の壁をきれいにして珪藻土に変更したいです。
珪藻土に変更したいのは2畳くらいのスペースです。

6帖部屋を珪藻土に塗り替える
7万円 ~ 10万円
マンション1Fなのですが、一部地下の部屋のためカビが発生します。
6畳の部屋の壁を珪藻土で塗り替えたいと思います。

子ども部屋の壁・天井を珪藻土にリフォームしたい
3.5万円 ~ 4万円
子ども部屋を珪藻土にリフォームしたいと思っています。
壁、天井に珪藻土を塗りたいのです。
子ども部屋は5.5帖です。

【家全体で珪藻土リフォームをする場合】

天井・壁面の珪藻土塗布をしたい
40万円 ~ 250万円
戸建住宅の内装の壁紙をすべて珪藻土塗りにしたいと考えています。
125m2の間取りは5LDKで8畳の和室以外の珪藻土塗布をしたいです。
吹き抜けなどはない普通の二階建て住宅です。

48平米2LDKマンションの珪藻土リフォーム
89万円 ~ 177万円
48平米の2LDKです。
8畳、5畳の各室、8・8畳のLD、トイレの壁・天井等に珪藻土を上塗りして頂きたいです。

全体を珪藻土にリフォームしたい
148万円 ~ 163万円
部屋全体の壁と天井を珪藻土にリフォームしたいです。
部屋の面積 85m2です。

image

珪藻土リフォームの無料見積もりが可能

image

珪藻土リフォームをご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、珪藻土リフォームに対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image