和室を洋室にリフォームするメリットや費用相場について調べました

image

ライフスタイルの多様化により、和室から洋室へのリフォームを希望する人が増えています。中でもバリアフリーリフォームを検討される方は洋室を選ぶ方が増えているようです。賃貸物件でも、和室を洋室にリフォームすると、和室だった時より借り手が見つかりやすくなるそうです。
今回は、和室を洋室にリフォームするメリットや費用相場について調べました。

なぜ和室から洋室にリフォームするのか

image

和室は、畳の香りが良く癒し効果が高いうえ、ゴロンと横になって休めたり、いいところも大変多く、和室を備えている住宅が約86%もあるというデータが出ています。
では、なぜ洋室へリフォームするのでしょうか?

そこには、昨今のライフスタイルの変化が関係しているようです。
最近の子供たちはアレルギー疾患を持っていることも多く、大人になってからアレルギーを発症するケースもあります。
畳は、定期的なメンテナンスをしないとダニの発生の原因にもなり、例えば食べ物をこぼした時に掃除がしにくいなど、お手入れが面倒という声も多くあります。

image

また、高齢化社会になるにつれ車椅子を利用する方も増えており、足腰が不自由になってくると、畳に座ったり、また畳から立ち上がることが難しくなるため、椅子での生活がメインになります。
また、畳に布団を敷くより、ベッドのほうが立ったり座ったりの動作が少なく済むため、体の負担も楽になります。
その結果、和室より洋室のほうが過ごしやすいというニーズにつながります。

洋室にリフォームするメリット

では次に、洋室にリフォームするメリットを挙げてみましょう。

お手入れが楽
洋室にすると、まずはお手入れが格段に楽になります。フローリングの床は、食べ物や飲み物をこぼしても、染み込んだり目詰まりすることなく、さっと拭き取れば綺麗になります。
普段のお掃除も、掃除機をかけて拭き掃除をするだけで終わりです。

車椅子で移動できる
畳の部屋は車椅子では移動しにくいですが、フローリングだと、移動がスムーズになります。
リフォームの際は段差をなくしておくとより良いですね。

インテリアコーディネートがしやすい
ソファを置いたりベッドを置いても、跡がつきにくく、また壁紙やフローリング素材で雰囲気を変えて様々なコーディネートを楽しむことが出来ます。

クローゼット収納で片づけ上手に
洋室リフォームするにあたり、押入れをクローゼットにすることも多いと思いますが、洋服の収納も、ハンガーをかけるだけのクローゼットのほうが収納しやすく片付けしやすくなります。

洋室にリフォームするデメリット

和室から洋室へリフォームすると、良いことがたくさんありますが、唯一のデメリットといえば、”寒さ”ではないでしょうか。
フローロング床は畳に比べると寒く感じますし、足元から冷えます。リフォームの際に、床暖房を導入する断熱材を入れるカーペットなどを敷く、などで対処できます。
デメリットとはいえ、夏は涼しく過ごせますので、冬の寒さ対策を万全にしておけば大丈夫でしょう。

image

和室から洋室へリフォームする際の費用目安

では実際に、和室から洋室へリフォームをする場合、いったいいくらぐらいかかるのでしょうか。

image

上記のグラフは、和室リフォームの費用相場ですが、最多価格帯は"6万円~18万円"となっています。
和室から洋室へリフォームする際の費用目安は、どの程度のリフォームを希望するかによって大きく変わります。
そこで、実際の施工事例を元に費用目安を見てみましょう。

■畳をクッションフロアへ変更したい
築33年、木造2階建て、1階和室(6畳間)
"8万円~11万円"

■畳からフローリングに変えたい
約20年、木造2階建て、1階和室(六畳間)
"9万円~18万円"

■リビング隣の和室を取って広いリビングにしたい
築18年マンション、L45対応のフローリング希望、1間半の押入れふすまをクローゼット扉に替えたい
"20万円~43万円"

■和室6畳間を洋室にしたい
築16年、軽量鉄骨2階建て
床をフローリングにして、.ピアノを置きたい、壁天井の張替えなども検討。
防音は必要ない。
"20万円~30万円"

■二階和室(6帖)を洋室にリフォームしたい
築20年、木造二階建て
畳をフローリングに、砂壁、天井も洋風へ変更。
押し入れは壁紙を貼りかえるだけで、入り口扉は洋風に変えたい
"38万円~65万円"

image

天井や壁材までも洋風に変えると、大がかりになるため、費用も上がってきます。使える素材は出来る限り再利用してうまくリフォームしてもらえるよう、業者さんとよく相談しましょう。

image

和室から洋室へのリフォーム業者を一括見積もり!

image

和室から洋室へのリフォーム業者を依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。