賃貸アパートやマンションのドアに穴を開けてしまったら・・・ドア穴の修理費用の目安は?

室内のドア

賃貸アパートやマンションのドアに穴を開けてしまった!そんな時、とても焦りますね。
特に気になるのは、「ドアまるごと交換になるの?」「ドア穴の修理費用はいくらくらいかかるの?」といったことではないでしょうか。
賃貸の場合、退去時に原状回復費用を請求されてしまうことも少なくないため、ドア穴修理費用の目安を知っておくと安心です。

賃貸アパートやマンションのドア穴は原状回復が必要!

賃貸住宅の契約の際、契約書には必ず「原状回復について」の記載があります。
原状回復とは、賃貸借契約終了時(退去時)に原状に回復して明け渡す必要があるということです。
ドア穴は経年劣化などで自然と開くことはなく、借主の過失や故意によっての破損となるため原状回復が必要となります。

「原状回復=新品にする」ではないことに注意

賃貸借契約書

不動産会社によっては、退去時の確認でドア穴があるとドアを新品に交換する費用を原状回復費用として請求してくるケースもあります。
中には、一枚のドアに穴があるからと家じゅうのドア全ての交換費用を要求された事例もあります。

ここで気を付けておきたいのが、原状回復とは新品にして返すことではないということです。
原状回復とは、簡潔にいうと破損してしまった箇所を借りる前の状態に戻して明け渡すことです。つまり、ドア穴の場合であれば穴がない状態のドアに戻して返すということ。
過剰な原状回復費用の請求など、トラブルを避けるためにもあらかじめドア穴を修理して退去するとよいでしょう。

賃貸のドア穴の原因でよくあるケース

引っ越し作業で家具などをぶつけてしまった
子どもが投げたおもちゃが当たってしまった
イライラしていてドアを殴った

このような原因でドア穴が開いてしまうことがよくありますが、どれも経年劣化や自然破損ではなく過失や故意によるものなので原状回復が必要なケースです。

業者のミスでドア穴を開けられてしまった場合

引っ越し業者や家電設置業者のミスでドア穴を開けられてしまった場合は業者側に修理を要求することが可能なので必ず確認しましょう。

賃貸のドア穴の修理方法と費用

ドアに穴を開けてしまった場合、一般的な修理方法として「シート」と「ペイント」の二種類があります。

シートによるドア穴修理

一般的な賃貸住宅では、薄い合板で中は空洞になっているフラッシュドアというタイプのドアが使われています。
一見木材のように見える模様でも、ダイノックシートと呼ばれる木目柄のシートが張ってあるのです。
シートによるドア穴修理では、パテで穴を埋めてから新たなシートを張ります。

シートによるドア穴修理のメリットは、新しいシートを張るため穴があったことが全くわからなくなる点です。新品のドアと同様、完全にきれいな状態に復元することができます。
デメリットは、シートは数年で廃盤になることが多いため全く同じ色柄のものが見つからないことがある点です。そのため、特殊な色柄のシートが使われている場合は他のドアとの差がわかってしまうこともあります。

ペイントによるドア穴修理

ペイントによるドア穴修理の場合、パテでドアの穴を埋めた後に上から塗装をします。
木目柄のドアの場合、穴を埋めた場所に周りの色と合わせながら木目を書き足していきます。

ペイントによるドア穴修理のメリットは、同じ柄のシートが見つからないような特殊なドアでも修理が可能であるという点です。
デメリットとしては、色合わせやペイント技術が低いと不自然さが目立ってしまう場合がある点です。そのため、技術力の高い業者さんに依頼することがとても大切になってきます。

ドア穴の修理費用の目安と見積もりのポイント

ドア穴修理の費用としては、家仲間コムに寄せられた見積もり事例を見るとおおよそ3万円~5万円程度が多くなっています。

但し、ドア穴が片面だけなのか貫通しているのかによって費用は大きく変動するため、見積もりを依頼する際にはドアの状態を正しく伝えておきましょう。
穴のサイズを測っておいて伝えるドア穴やドア全体の写真を送る、など正確な状況を業者さんと共有しておくと安心です。

見積もり事例

ご参考までに、過去に家仲間コムに寄せられた見積もり事例をいくつかご紹介します。

image

■ドア穴の原状回復
賃貸住宅のドア穴(片面)直径10cm
費用目安:2万円~3万円

image

■ドア穴の修理(引っ越しのため)
賃貸住宅のドア穴(片面)ドア2枚分
費用目安:2万円~3.8万円

image

■ドア穴(直径10センチと縦9センチ、横70センチの穴2ヶ所)の修理
賃貸住宅のドア穴(片面)ドア2枚分で、1枚は自分でパテ埋めの跡あり
費用目安:2.8万円~6.6万円

DIYでドア穴修理はできる?よくある失敗の原因とは

ホームセンターやネット通販でも、穴を埋めるためのパテや補修用のペイント用具などは手に入れることができます。
しかし、結論から言うとドア穴修理のDIYはやめておいた方が無難です。

ドアに開けてしまった穴

賃貸住宅のドアは中が空洞であることは前述しましたが、パテで穴を埋めるときに逆側からおさえることができないこと、そしてパテを均一に盛って表面を平らにするまででも大変難易度が高く失敗例が多いことが理由です。
そのうえ、塗装で色や質感を合わせていくのは不慣れだととても不自然になってしまい、修理跡がハッキリとわかってしまいます。
「DIYで修理したけどやっぱり業者さんに依頼したい」という人も少なくないのです。

賃貸住宅では不自然な修理だと追加で原状回復費用を請求されてしまいますし、フローリングや壁の軽微な傷などと比較してもドア穴は補修が特に難しいものですので、DIYせずに業者さんに依頼することをお勧めします。

ドア穴の修理業者を一括見積り!

業者との打ち合わせをする女性

ドア穴の修理業者を依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。