トイレの防音対策5選と費用目安

トイレ

トイレの設置場所によっては音漏れが気になる方は多いです。
リビングの隣や寝室の近く、または事務所の会議室の隣など、聞かれたくない・聞きたくないトイレの音問題。
そんなトイレの防音対策は何ができるでしょうか?
今回は、トイレの5つの防音対策とかかる費用目安を解説します。
トイレの音漏れは、エチケットとしてご家庭内でも気を配りたいですね。

トイレの防音対策をしたい人は意外と多い

トイレ

トイレの防音対策をしたいというご要望は意外と多く、なんとかできないものかとお悩みの方は多いです。

例えば下記のような環境の方は特に、トイレの音漏れを気にしてしまうのではないでしょうか?

・新婚家庭
・二世帯住宅
・リビングの隣にあるトイレ
・来客が多いご家庭
・寝室の隣にあるトイレ

ご自宅を事務所や店舗としても使われている場合にはお客様が使う時にトイレの音漏れが気になることもあります。
参照:
エステサロンを自宅で開業!非日常を演出する内装リフォームのコツ
自宅カフェを開きたい方必見!自宅カフェ開業のための基礎知識

トイレの音漏れはどこから?

基本的に音漏れがする原因はドアや窓など開口部の「隙間」からです。

古い住宅では壁が薄く断熱材が入っていないこともあるので、壁や天井・床などからも音漏れがしやすいですが、新しい住宅の場合は主に窓やドアの隙間から音漏れします。

トイレの場合は、通気性を良くするためにドアの下に隙間をあえて設けており、これを「アンダーカット」と言います。
アンダーカット部分から吸気し、天井の換気扇を通って空気の入れ替えを行うため必要な隙間です。

海外のトイレは扉下のアンダーカット部分が広く、足元が完全に見えてしまうぐらい開いています。

トイレの防音対策5選!

OKマークをする人

トイレの防音対策は隙間をできるだけ少なくすることが最も効果的なのですが、通気性のことを考えると完全にふさいでしまう方法はおすすめしません。

では、トイレにできる防音対策にはどんなアイデアがあるのでしょうか?

・隙間テープでドアの隙間をふさぐ
・トイレ用擬音装置を設置する
・防音ドアに交換
・流水音が静かな便器に交換
・吸音材の天井に張替える

1. 隙間テープでドアの隙間をふさぐ

トイレのドア下には約1cm程度の隙間が開いていますが、この部分に隙間テープを貼ってしまう方法があります。

完全な防音効果はありませんが、最も費用をかけずに多少の音漏れが軽減できますし、寒い冬につらい隙間風対策としても有効です。

隙間テープにはスポンジタイプとゴムタイプがあり、防音効果が高いのはゴムタイプですが、通気性を保つためにはスポンジタイプにしておくほうがおすすめです。

2. トイレ用擬音装置を設置する

image画像提供:トイレ用擬音装置「音姫」|TOTO

出典:トイレ用擬音装置「音姫」|TOTO
商品価格:21,000円~(乾電池タイプ)

トイレ使用中に流水音を流してくれる設備としてもはや誰もが知っている「音姫」ですが、乾電池タイプであれば簡単に設置できるのでご家庭に取り入れることも可能です。

3. 防音ドアに交換

hapia (ハピア)音配慮ドア|DAIKEN出典:hapia (ハピア)音配慮ドア|DAIKEN
商品価格:87,000円~

24時間換気対応をしつつ、トイレ内からの音漏れを軽減してくれる静音タイプのドアです。

4. 流水音が静かな便器に交換

image画像提供:全自動おそうじトイレ「アラウーノ」|Panasonic

出典:全自動おそうじトイレ「アラウーノ」|Panasonic
商品価格:21万円~

昔のトイレは流水音も大きく流している音が外に丸聞こえになることが多かったのですが、最新のトイレは少ない水量で勢いよく流すため洗浄音が小さくなっています。

節水効果も高く、汚れにくくお手入れがしやすい加工もされているので、使い勝手も良くなります。
参照:壁排水のトイレにもリフォーム可能な2大タンクレストイレをご紹介

5. 吸音材の天井に張替える

天井材には、室内の音を吸音してくれる機能をもった商品があります。
トイレ内の音漏れを軽減できるだけでなく消臭効果もあるのでトイレの天井材として最適です。

クリアトーン天井材|DAIKEN出典:クリアトーン天井材|DAIKEN
商品価格:2,490円/㎡あたり

吸音機能、消臭機能、調湿機能を併せ持った天井材です。
トイレなど音漏れが気になる場所はもちろん、シアタールームやピアノ室などにもおすすめです。

トイレの防音対策にかかる費用目安

リフォームプラン

さきほどご紹介したトイレの防音対策の中で、最も費用が抑えられるのは「隙間テープ」を貼る方法です。

防音効果はそれほど高くはありませんが、隙間テープは100円ショップやホームセンターなどで手に入るのでDIYでの施工ができる点はお手軽です。

トイレの防音対策にかかる費用目安は下記一覧をご参考になさってください。

防音対策の内容費用目安
隙間テープ1,000円程度
トイレ用擬音装置の設置約2万円~
防音ドアに交換約11万円~(ドア本体込み)
流水音の静かな便器に交換約30万円~(トイレ本体込み)
吸音材天井に張替え約3万円~

トイレの広さや現状・建物の経年数によってどの程度の防音対策を施せばよいかが変わってきますので、施工業者に訪問見積りに来てもらって防音対策をいろいろと提案してもらうのもおすすめです。

防音ドアや流水音の静かな最新式のトイレ本体は、施工工事と同時に購入することで大幅割引をしてもらえる場合も多いので、見積もりで比較検討してみるとお得に設置できます。

image

トイレの防音対策をお得にするには?

業者

トイレの防音対策をお得にするには一括見積りが便利です。
どの程度の防音対策が必要か、現状をプロの目で確認してもらうのが早くて手間もかかりません。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。