和式トイレから洋式トイレへリフォームする際の費用目安と注意点

image

和式トイレから洋式トイレへリフォームするには、まずは現状を確認しましょう。なぜなら、現状によってリフォーム費用が変わってくるからです。今回は、和式トイレから洋式トイレへリフォームする際の費用目安とリフォームの際の注意点などをご紹介します。

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム費用目安

和式トイレから洋式トイレへのリフォームには、数十万円の費用がかかります。その費用目安は、おおよそ"25万円~50万円"程度と言われています。

リフォーム費用の内訳としては、

image

施工費用
洋式トイレの本体
壁紙や床材などの内装費
温水洗浄便座
コンセント増設工事
下地補強工事

などがかかってきます。

和式トイレの撤去をした後、床を洋式トイレ用に補強する工事は必須で、費用目安のうち半分程度がこの費用となります。

image和式トイレから洋式トイレへリフォーム

次に、洋式トイレ本体代が約半分を占めています。洋式トイレ本体や温水洗浄便座は、リフォーム依頼と同時購入で大幅値引きをしてくれる業者さんが多いので、相談してみるとよいでしょう。

image

その他、費用に差が出てくるのが、壁紙や床材などの内装費用です。こだわればキリのない部分でもありますが、特に希望がなくなんでもいい、という場合は安く抑えることができます。
トイレの壁紙張替え費用目安:
"2万円~"程度+壁紙商品代
(2帖以内の小スペースの天井+壁張り替えの場合)

image

そして、意外と見落としがちなのが電源です。和式トイレは電源を必要としないため、コンセントをさす場所がありませんので、洋式トイレへのリフォームで、温水洗浄便座を設置する場合は、コンセント増設工事が必要となってきます。コンセント増設工は、電気工事士の有資格者でないと施工出来ません

コンセント増設工事の費用目安:"1.6万円~"程度

洋式トイレへのリフォームに必要なトイレの広さは?

和式トイレは、省スペースでも設置できますが、洋式トイレはもう少しスペースを必要とします。一般的なトイレの広さは、0.4坪、0.5坪、0.75坪の3つの種類とされています。

image

一般的なマンション・・・0.4坪(78cm×123.5cm)
一般的な戸建住宅・・・0.5坪(78cm×169cm)
広さに余裕のある住宅・・・0.75坪(123.5cm×169cm)

洋式トイレは、便座の先からトイレのドアまで約40cm、便器の左右は約15cmずつ空間があると、使いやすいと言われています。

例えば、一般的なトイレの広さで最も狭い0.4坪サイズに、一般的な洋式トイレを設置するには大きすぎるため、狭小スペースでも設置できるコーナータイプの洋式トイレや、タンクレスタイプを設置すると使いやすくなります。

imageTOTO コンパクトリモデル便器

TOTO コンパクトリモデル便器
コーナータイプ CS510BM
ット
商品価格:"58,300円~"
・和風トイレからのリフォームにおすすめ
・コーナーに設置できる隅付形密結便器
・洗浄水量8L(大洗浄のみ)の節水仕様
・結露の発生を抑制
・給水管はフレキ仕様で接続が簡単

image

■LIXIL サティス
シャワートイレ一体型便器(タンクレス)

商品価格:"24,400円~"
・洗練されたデザイン
・先進機能搭載のタンクレストイレ
・汚れがつかない、臭わない、お手入れ簡単

排水管の位置は?

image

トイレには、「床排水」「壁排水」があり、それによって便器を設置する位置が変わってきます。

「床排水型」
戸建住宅に多く採用されている排水方式で、床に接続された排水管を通って水が流れます。排水管は便器の下にあり、壁に排水管が見えないものが床排水型です。新築や1995年以降に建てられた住宅の多くは、200mmの排水芯が設置出来ます。

★排水芯とは
便器後方の壁から排水管中心までの距離のことを言います。

現状の便器の品番を調べると、排水芯を確認することが出来ます。便器側面の床付近にあるシールか印字に品番が記載されています。

「壁排水型」
マンションで多く採用されている排水方式で、壁から排水管が接続されているので見てすぐ分かります。床から排水管の真ん中までの高さで排水芯の位置を測ります。
120㎜タイプと155㎜タイプがあり、リフォームする場合は、現状と同じサイズを選びます。現在の新築では120㎜に統一されています。

もっと簡単に洋式トイレにリフォームしたい

和式トイレから洋式トイレにリフォームするには、"25万円~50万円"程度の費用がかかってきますが、正直そんなにお金をかけたくない・・・と思われる方もいらっしゃると思います。

そういう方には、和式トイレの上に洋式トイレのような便座を設置し、座る姿勢で使用することができる商品があります。

和式トイレの解体・撤去の必要もありませんし、壁紙・床材などの内装も現状のまま利用できますので、施工費用も抑えることが出来るのです。

image

TOTO スワレット
和風便器改造用腰掛便器

商品価格:"16,600円~"
・床排水型の和式トイレに取り付けるだけ

施工費用も、おおよそ"25,000円~"程度で済みますし、施工期間も約1日で完成するので、工事の間のトイレに困ることもありません。

温水洗浄便座を設置することも出来ますが、その場合は、コンセント増設工事が必要になります。コンセント増設工事は、電気工事士の有資格者でないと工事が出来ませんので、有資格者がいる業者かどうか確認しましょう。

コンセント増設工事がなければ、DIYでも設置が可能ですので、その分費用を安く抑えることが出来ます。その場合、ドリルなど工具が必要になってきます。

まとめ

和式トイレから洋式トイレにリフォームするには、数十万円の費用がかかってきますが、安く抑える方法はいくつかありますので、まずは、複数の業者さんに見積もり依頼をし、相談すると良いでしょう。

image

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム業者を一括見積り!

image

和式トイレから洋式トイレへのリフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。