トイレの便器交換/トイレのタイプと費用目安を知ってお得にリフォーム

image

トイレの寿命は約10~15年といわれていますが、便器は陶器製のため、一生使えると思われる方もいらっしゃるでしょう。ですが、一日に何度も使用していると、便器のフチ裏には石灰化した尿石がこびりついていたり、汚れがついて変色しているものです。トイレのタイプと費用目安を知って、お得にリフォームしてみませんか?

便器の寿命

便器は陶器製のものがほとんどなので、割れない限り一生使い続けることが出来るのでは?と思われるかもしれませんが、便器のフチ裏を鏡で見てみてください。筆者はマメにお掃除をしていますが、それでも、恐ろしくて見ることが出来ません・・・。

便器のフチ裏には、「尿石」と呼ばれるものが固まってこびりついています。「尿石」とは、尿でアルカリ性になった便器に、尿に含まれるカルシウムがくっついて出来るもので、お掃除でもなかなか取り除くことが難しく、尿石が増えてくると匂いもしてきます。

image

それだけでなく、この「尿石」がたまってくると、排水の流れが弱くなり、排水管が詰まりやすくなります。ある日突然水が溢れ出してくる、という事態もあり得ます。
そうなる前に、便器の交換を検討しましょう。最新の便器は、節水効果が高いだけでなく汚れもつきにくいため、毎日のお手入れもとても楽になりますよ!

トイレの便器交換をすると節水&節約できます

トイレの水量は意外と多く、家計全体の水道代の約3割を占めているんです。最近のトイレは、大と小で水の使用量の設定が異なっており、大で約4L小で約3.5Lとなっていることが多いです。これに対して、10年以上前のトイレは、一回流すたびに約13L以上も使うため、便器交換するだけで大変節約になるのです。

便器交換する前と後では、一年間の水道代の差はなんと、約14,500円もお得になる場合もあります!
(※便器の種類、使用環境などによって異なります)

今お使いのトイレはどのタイプ?

現在お使いのトイレによって、どのタイプに交換できるかどうかが分かります。
トイレのタイプと対応している商品の一例を見てみましょう。

<一般洋式便所>

最も普及しているタイプです。さらに「床排水」と「壁排水」に分かれます。

image

床排水
戸建て住宅に多いタイプ。床方向へ排水するので排水管が見えません。便器交換の際には、床工事が必要になる場合があります。
新築では、排水芯が200mmに固定されていますが、築年数が10年以上経っている住宅では可変式の場合が多いです。この場合はリフォームが必要となりますが、リフォーム専用便器を選ぶと床工事無しでのリフォームも可能です。

★床排水200mm固定タイプに対応している便器★
規格化されているタイプのためメーカー各社が対応しており、商品を探しやすいでしょう。

image

【商品一例】
LIXIL アメージュZ一体型シャワートイレ
メーカー価格:"203,500円"
・銀イオンでキレイを長持ち
・防汚コーティング
・強力な水流で便器鉢内を洗い流す
・便座と便器の間にすき間をつくりラクに拭き掃除ができる

★床排水・可変式に対応している便器★
リフォーム対応便器を選ぶと、床工事をしなくてもリフォーム出来ます。

image

【商品一例】
TOTO ネオレストAH
メーカー価格:"379,000円"
・脱水、除菌、自動洗浄するのでお手入れが楽
・水道水を電気分解し洗剤を使わず洗浄

image

壁排水
マンションなどの集合住宅に多いタイプ。壁方向へ排水します。便器の裏側に太い排水管があります。
排水の高さは、現在は120mmタイプに統一されていますが、昔の公団住宅では155mmタイプもあるため注意が必要です。排水の高さが同じトイレに交換する必要があります。

★壁排水120mmタイプに対応している便器★
規格化されているタイプのためメーカー各社が対応しており、商品を探しやすいでしょう。

image

【商品一例】
Panasonic NewアラウーノV
メーカー価格:"155,520円"
・オート脱臭
・おまかせノズルクリーニング
・少ない水量で洗浄
・水アカ汚れをはじく新素材
・便座が外れるので隙間も掃除しやすい

★壁排水155mmタイプに対応している便器★
リフォーム対応便器を選ぶと、床工事をしなくてもリフォーム出来ます。

image

【商品一例】
LIXIL サティスSタイプ
メーカー価格:"293,760円"
・世界最小のコンパクト設計
・銀イオンパワーで細菌の繁殖も抑える
・汚れが付きにくい素材
・防汚コーティングの持続性が15年
・電動で便座が上がり、掃除がしやすい

<三角タンク式>

昔ながらの住宅や、狭いトイレに設置されていることが多いタイプです。室内が1200mm以内のスペースの場合は、同じ三角タンク式のものを設置するほうがおすすめです。他のタイプの便器の場合、足元のスペースが狭くなることがあります。

image

【商品一例】
TOTO ネオレスト CS140
メーカー価格:"74,196円"

<和式>

昔ながらのタイプ。和式から洋式への交換も可能です。
床に段差がある場合・・・便器を撤去後、段差を取り除き下地の補修を行います。
床に段差がない場合・・・便器を撤去後、排水管の延長と下地の補修を行います。
壁にタイルが貼ってある場合・・・タイルを撤去してクロス貼り替え、またはタイルを残す場合とあります。

和式タイプの便器交換は、現状によって施工費用が変わりますので、まずは見積もりをとって、業者さんに相談しましょう。

image

トイレの便器交換費用の目安

トイレ便器交換にかかる費用ですが、水回りということもあり、現状や施工内容によって費用に開きがあります。
★便座の交換のみ・・・"1万円~2万円"
★便器の撤去・新設・・・"3万円~5万円"
★便器の交換および手洗いの設置、内装・・・"23万円~"
★和式から洋式に交換・・・"30万円~"

便器本体も、タンクレスや全自動洗浄など、多機能タイプの商品になるほど高価になりますが、値引き率が高いのも特徴なので、何社か見積もりをとって、どれぐらい値引きしてもらえるか相談してみましょう。大手リフォーム業者では50%引きになっているところもあります。

また、便器交換をする際には、床や壁汚れていたり劣化していることが多いので、ついでにリフォームすると良いでしょう。
比較的低価格に抑えられるクッションフロアの床材にした場合は、約"2万円~3万円"、壁紙の張替えの場合は、"2万円~"程度が費用目安です。

image

トイレの便器交換業者を一括見積もり!

image

トイレの便器交換業者を依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。