トイレタンク内で水漏れが起きやすい場所と部品が劣化する原因

トイレタンク内部

トイレの水を流したあとも、トイレタンク内で水が流れ続けていることがありませんか?
チョロチョロ・ポタポタと水が流れる音が止まらない場合、トイレタンク内で水漏れが起こっている可能性があります。
今回は、トイレタンク内で水漏れが起きやすい場所と部品が劣化する原因を解説します。

トイレタンク内に水漏れが起こっている兆候

ワンポイント

トイレの水を流した後の数秒はチョロチョロと水が流れますが、やがて止まって音がしなくなります。

ですが、下記のような症状が起きていたらトイレタンク内に水漏れが起こっている兆候と考えられます。

・いつまでもチョロチョロと水が流れ続ける音がしている
・ポタポタと水の音がする
・水道代が高くなった

トイレタンク内で水漏れが起こっている場合は、だいたい水が流れる音がするのですぐにわかりますが、ほんの少量の水漏れの場合は音を聞き逃していることもあります。

水漏れが起こっていると必ず水道代が高くなりますので、毎月の水道代が高くなったなと思ったら、どこから水漏れが起きているのか発生源を突き止めなくてはいけません。

トイレタンク内で水漏れが起きやすい場所

トイレタンクのあるトイレ

トイレタンク内は数種類の部品で構成されており、主に水漏れが起こるのは下記の部分です。

・トイレタンクのふた
・手洗い金具
・ボールタップ
・水位調節リング
・オーバーフロー管
・鎖
・フロートバルブ

それぞれの場所はTOTOさんの図をご参考になさってください。

トイレタンク内の水漏れは、基本的に劣化が起こっている部品の交換で直ることが多いですが、耐用年数の10年を超えている場合は次々に不具合が発生しますので、トイレ本体の交換をしておくほうが安心です。

水漏れの修理をする際は、まず最初に必ず「止水栓」を止めてください。

止水栓を開けたまま作業をするともっと水漏れがひどくなる恐れがあり、漏水の原因となります。

また、トイレタンク内の水漏れが起こった場合は、DIYでは行わずできるだけ専門の業者さんに依頼したほうが安心です。

作業に失敗して漏水事故を起こしている事例も多くありますので、十分お気を付けください。

トイレ

1. トイレタンクのふた

トイレタンクのふたはタンクにかぶせてあるだけで、隙間があります。

この隙間から水漏れが起こっている場合は、「手洗い金具」につながるホースの劣化が考えられます。

2. 手洗い金具

手洗い金具は、トイレタンク内のホースで手洗い部分とつながっています。

手洗い金具から水漏れが起こる場合は、この接続部分のホースの劣化やトイレタンクのふたを開けた際のホースのズレが考えられます。

3. ボールタップ

ボールタップは、トイレタンク内の「浮き玉」という部品と給水栓とをつないでいる部品です。

浮き玉が上がったり下がったりすることで水位を調節していますが、ボールタップのバルブに劣化があると正常に動作しなくなり、水漏れが起こる可能性があります。

4. 水位調節リング

トイレタンク内の修理

水位調節リングはボールタップに接続されている部品で、リングの締め具合によって水位の調節ができる仕組みです。

経年と共に水位調節リングの締まりが緩んでいる場合がありますので、適切な位置に締め直します。

一般的な調節の仕方は下記です。

・右に回す:水位が上がる
・左に回す:水位が下がる

5. オーバーフロー管

オーバーフロー管はトイレタンク内の底から上部まで伸びている管のことで、万が一オーバーフロー管よりも上の水位になってしまった場合でも水が漏れないようにするための部品です。

トイレタンク内にゴミなどが混入していると、このオーバーフロー管が詰まることがあります。

その場合はゴミを取り除きましょう。

また、トイレタンク内を触った時などにオーバーフロー管が破損してしまうことがあります。

ひび割れや穴が開いていると正常に動作しないため、水漏れが起こることがあります。

6. 鎖(チェーン)

鎖(チェーン)は、トイレタンクのレバーや底にあるゴム玉とつながっている部品です。

鎖には下記の症状がよく起こります。

・絡まる
・サビつく
・切れる

鎖が絡まっている場合はほどくと元に戻ることがありますが、サビたり切れている場合は新しいものと交換します。

7. フロートバルブ

トイレタンク内のフロートバルブ

フロートバルブはトイレタンク内の底にあるゴム製の部品で、排水弁の役割があります。

素材がゴムなので劣化しやすい部品です。

特にトイレタンクに置くだけの洗剤や芳香剤によって劣化が早まりますので、使用の際は要注意です。

トイレタンク内の部品が劣化する原因

トイレ掃除

トイレタンク内の部品の耐用年数は約10年が目安で、使用頻度やお手入れ方法によって劣化が早まることがあります。

下記のような使い方やお手入れをしていないか、心当たりはありませんか?

・酸性やアルカリ性の洗剤を使っている
(例:クエン酸、お酢、重曹、セスキ炭酸ソーダ、アルカリウォッシュ、オキシクリーンなど)

・トイレタンクや手洗い部分に芳香剤や洗浄製品を入れている
(例:置くだけ芳香剤、トイレタンク洗浄剤など)

上記のような製品やお手入れ方法は多くのご家庭で普及していますが、実は「使わないでください」という注意書きがトイレタンクやトイレのふたなどに貼られています。

ご家庭のトイレタンクや本体などに注意書きのシールが貼られていたら、よく読んで誤ったお手入れをしないよう注意しましょう。

×マークをする人

1. 酸性やアルカリ性の強い洗剤はNG

特に注意しておきたいのが、ナチュラルクリーニングで人気の「重曹」や「クエン酸」などの酸性およびアルカリ性洗剤を使用したお掃除方法です。

「トイレタンク内に洗剤を入れて一晩漬け置きするだけ!」というお掃除方法をよく聞きますが、実はトイレタンク内の部品は酸性やアルカリ性に弱いため、劣化が早まる可能性があります。

2. 芳香剤や洗浄製品はNG

「トイレタンクの手洗い部分に置くだけ」「トイレタンク内に入れるだけ」という芳香剤や洗浄製品なども多く販売されていますが、実はトイレタンク内の部品の劣化につながります。

最近のトイレは、表面に汚れがつきにくい「防汚加工」や、汚れが落ちやすいコーティングを施しているため、上記のような芳香剤や洗浄製品を使用することでこのコーティングの効果が薄れていきます。

トイレタンク本体を交換するには?

業者

トイレタンク内の水漏れが頻繁に起きていたら、トイレタンク本体を交換しましょう。

トイレには下記の3つの種類があります。

・トイレタンクと便器が別々になった「組み合わせタイプ」
・トイレタンクと便器が一体になった「一体型タイプ」
・トイレタンクのない「タンクレスタイプ」

これらのうち、トイレタンクのみ交換できるのは「組み合わせタイプ」です。

・トイレタンクのみの交換にかかる費用目安:約10万円~13万円

トイレの使用年数は10年を超えていたら、トイレタンク以外の部分にも劣化が見られるようになりますのでトイレ全体の交換をご検討ください。

・トイレ本体の交換にかかる費用目安:約20万円~50万円

image

トイレタンク内に水漏れが起こったら専門業者に依頼!

業者

トイレタンク内に水漏れが起こったら、水漏れ修理の専門業者に依頼したほうが安心です。
プロの専門業者であれば水漏れの原因も素早く特定してくれますし、トイレタンク本体の交換をしたい場合でも業者さんによって大幅割引をしてくれることもありお得に交換ができます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。