壁排水のトイレにもリフォーム可能な2大タンクレストイレをご紹介

タンクレストイレ

トイレの排水方式には「壁排水」と「床排水」の2種類があります。
現在設置されているトイレの排水方式と同じタイプを選ぶのが一般的でしたが、「壁排水」「床排水」のどちらでもリフォームが可能になったトイレが発売されています。
今回は、トイレの「壁排水」と「床排水」について、またどちらの排水方式にも対応したおすすめのタンクレストイレについて解説します。

最新のタンクレストイレに交換したい

タンクレストイレはコンパクトなデザインでタンクがない分、狭いトイレにも空間を生み出すことができるので人気があります。

トイレの排水方式には「壁排水」と「床排水」の2種類があり、以前は同じ排水方式でないとリフォームができませんでしたが、どちらの排水方式でもリフォーム可能な商品を発売しているメーカーがあります。

ここでトイレの排水方式について先に解説しておきましょう。

壁排水

「壁排水」はマンションなどの集合住宅に多いトイレの排水方式です。

便器本体の後ろ部分と壁とを配管でつないでおり、便器の中に多くの水を溜めてくれるメリットがあります。
また、元から水が多く溜まっているのでトイレを流す時に多くの水を必要とせず節水効果が高いのも特徴です。

床排水

上記の画像にも掲載されていますが、「床排水」は便器の下部分と床に配管を通した排水方式です。
戸建住宅に多く見られます。

排水管が見えないので便器周りがスッキリするのが特徴です。

古い住宅に多い和式トイレも「床排水」です。
参照:和式トイレから洋式トイレのリフォームをお得にするには?

壁排水にもリフォーム可能なタンクレストイレ

壁排水は壁と便器を配管でつなぐ排水方式なので、トイレのデザインによってはリフォームができない場合もよくあります。

「壁排水」は集合住宅によく採用されている排水方式ですが、トイレ空間に限りがある集合住宅こそタンクレストイレを設置してトイレ内を広々と使うのがおすすめです。

TOTOとPanasonicのタンクレストイレは排水方式を問わずリフォームが可能になっており、タンクレスでトイレ空間が広くなった分手洗い場を設けることもできて人気があります。

タンクレストイレ「ネオレスト」|TOTO

image画像提供:タンクレストイレ「ネオレスト」|TOTO

出典:タンクレストイレ「ネオレスト」|TOTO
商品価格:17.8万円~

TOTOのタンクレストイレ「ネオレスト」シリーズは、床排水と壁排水のどちらからもリフォームができます。
排水位置に合わせて排水心の位置が調節でき、大がかりな工事も不要です。

便器の後壁から便器先端までの寸法は下記をご参照ください。

排水方式便器の後壁から便器先端までの寸法
床排水692mm
壁排水757mm

床排水方式のトイレからリフォームするほうが、若干トイレ内の余裕が多くなります。

マンションのトイレは高層階になるほど水圧が弱くなる傾向がありますが、「ネオレスト」はマンションリフォーム専用のハイブリッドエコロジーシステムで低水圧でも設置可能です。

その他の「ネオレスト」の特徴は下記です。

・TOTOオリジナルの「キレイ除菌水」で使うたびに便器内の汚れを取り除き除菌
・「セフィオンテクト」加工で菌すら入り込めないナノレベルの便器表面
・便器のフチをなくした「フチなし」便器でお手入れが簡単

タンクレストイレ「アラウーノ」|Panasonic

image画像提供:タンクレストイレ「アラウーノ」|Panasonic

出典:タンクレストイレ「アラウーノ」|Panasonic
商品価格:18.9万円~

Panasonicのタンクレストイレ「アラウーノ」シリーズもどちらの排水方式でもリフォーム可能です。

「アラウーノ」には給排水工事が不要な「アラウーノ専用手洗い」があり、タンクレスで広くなったトイレに手洗いも設置するのがおすすめです。
便器の水を流すと自動で手洗いの水が出て止まる連動水栓が便利です。

現状のトイレにもよりますが、リフォーム工事が数時間で完了するのもPanasonicのトイレの魅力です。

その他の「アラウーノ」の特徴は下記です。

・泡と水流でしっかり洗浄
・汚れがつきにくい有機ガラス素材の便器
・少量でしっかり流しきるパワフル洗浄で節水
・壁の匂いも自動脱臭してくれる「ナノイーX」搭載

タンクレストイレの取り付け費用

電卓と設計図

タンクレストイレを取り付けたい場合は、まずは現状の排水方式を専門業者に見てもらって設置可能か判断してもらうと安心です。

先述したTOTOとPanasonicのタンクレストイレは、壁排水トイレにも設置できるようオプション部品が用意されているので、マンションなどのトイレリフォームの際にも候補に入れることができます。

タンクレストイレにリフォームする場合の費用目安は下記の一覧をご参考になさってください。

リフォーム内容費用目安
既存便器の解体処分約2万円~3万円
段差解消工事(和式トイレの場合)約6万円~
配管費用約3万円~
電気工事約1.5万円~4万円
手洗い場新設約9.5万円~
タンクレストイレ本体代約17.8万円~

和式トイレからタンクレストイレへのリフォームが最も費用がかかりますが、使用時の体の負担や掃除の手間などを考えると、リフォーム費用をかけてでも交換しておく方が使いやすく快適になります。

また、消費税増税に伴う減税制度として「次世代住宅ポイント」という制度がありますが、タンクレストイレは節水効果が高く対象品となっているのでお得に購入できます。
参照:リフォーム減税【2019年版】|「次世代住宅ポイント制度」を利用してお得に!

image

タンクレストイレを壁排水トイレにお得に取り付けるには?

業者

タンクレストイレを壁排水トイレにお得に取り付けるには一括見積りが便利です。
タンクレストイレの本体価格は約32万円~程度しますが、トイレリフォームを行っている業者さんは独自のルートでトイレ本体を仕入れており最大で45%程度の大幅割引をしてくれることが多いです。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、「壁排水」や「床排水」のトイレのリフォーム経験が豊富なので安心です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。