木製サッシメーカー比較/防災認定取得済みメーカーと商品の特徴

image木製サッシメーカーを比較

木製サッシを比較する際に参考になる、防火認定取得済みの木材サッシメーカーと商品の特徴を比較しました。
木の風合いが美しい木製サッシですが、木製と聞くと火災に弱いのでは?と不安になりますよね。
そこで、この記事では法律で定められた防火認定をクリアしている木製サッシメーカーを取り上げてあります。

木製サッシのメリット

木製サッシからの明るい光

ぬくもりのある質感や風合い・高いデザイン性のある木製サッシは、こだわりのインテリアを叶えるためにもぜひ採用したいサッシです。
木製サッシは高いインテリア性だけでなく機能も優秀で、断熱性の高さから冬でも室内は暖かく夏は涼しく過ごせることが特徴です。
寒い地域の多いヨーロッパでは、なんと木製サッシをの普及率が95%にも上ります。

また、高い断熱性は結露を防止するのでサッシも長持ちします。

気になるのは、木製は火に弱いのでは?という点ですが、国内9社のメーカーが建築基準法で制定された「防火認定」を取得して木製サッシの販売を行っているので安心です。

参照:防火性能のある木製サッシの製造販売会社
(一般社団法人 日本木製サッシ工業会会員のみ)

防火認定とは?

手に持った戸建住宅模型

防火認定は建築基準法で定められており、下記の条件を満たすものだけが取得できます。

・燃えにくい素材で作られている
・万が一通常火災が発生した場合にも燃えることがない
・変形や融解などの損傷が生じない
・有毒なガスが発生しない

木製サッシのデメリット

image

木製サッシは導入コストが他の素材と比較すると高く、また風雨にさらされたり直射日光を浴び続けることによって塗装がはがれてしまう可能性があります。
3~5年に一度は再塗装メンテナンスをしておくことで、年月とともに変化していく風合いを楽しむことができます。

初期導入コストを抑えたい場合はアルミサッシがおすすめです。
・参照:アルミサッシメーカー比較

防火認定取得の木製サッシメーカー8社をご紹介!

image

根強い木製サッシ人気があることから、建具メーカーでも木製サッシに力を入れているメーカーがあります。
ここでは、「防火性能のある木製サッシの製造販売会社」に掲載されている木製サッシメーカーの特徴と商品をご紹介します。
(一社はリンク先が見当たりませんので今回は省略しています)

木製サッシメーカー主な特徴
㈱アイランドプロファイルデンマークの会社と技術提携
高断熱(Low-E)複層ガラスを標準採用
アルス㈱複層ペアガラスやトリプルガラスを標準採用
 川上製作所ホルムアルデヒド分解性能を搭載
加茂建具協同組合全て手作りなため規格外寸法にも対応可能で割高になることはない
キマド㈱操作性と防犯性を高めたストレスフリー商品
タミヤ㈱塗料の3回塗りでメンテナンス性と耐久性を高める
森の窓木材だけでなくヨーロッパの高品質部品を採用
ユニウッド㈱100%自社工場で完全オーダーメイド

プロファイルウインドウ|株式会社アイランドプロファイル

木製ならではのぬくもりのある質感や、天然木を主材料とした環境に優しい商品です。
優れた断熱性能を活かし気密性を高めることで、冷暖房効果が大きく省エネできて経済的です。
高い断熱性によって結露防止効果もあります。

夢まど|アルス株式会社

気密性・水密性を向上させ、断熱性・防露性を生かした外部用の木製サッシです。
耐候性を高めるため工場塗装で枠裏面まで塗装し、耐候性や色合い・メンテナンス性を考慮した塗料を採用しています。

JOYWOOD|株式会社 川上製作所

100年も前から手作りで建具製品をプロデュースし技術を継承してきた老舗メーカーです。
浸透性が高く木目を生かした美しい仕上がりを実現するための専用塗料を使用しています。

木材が持つ気密性・水密性・耐風圧性・遮音性と高い断熱効果、防火認定取得の安全性だけでなく、有害なホルムアルデヒド分解性能を搭載した健康木製サッシです。

加茂サッシ|加茂建具協同組合

ベイマツ材を主材料とし、防腐・防虫・防カビ処理が可能な油性塗料をすることいよって耐久性とメンテナンス性を高めています。
4項目においてJIS規格・BL規格認定済みで安心です。
全て手作りなため、規格外寸法にも対応可能で割高になることはありません。

クラッシック|キマド株式会社

木製サッシのデメリットである「価格の高さ」「メンテナンス性の低さ」を補い、木が持つ質感や風合いを最大限に生かした商品を開発しています。
また、操作性と防犯性を高めたストレスフリー商品であることが特徴です。

木製サッシ|タミヤ株式会社

タミヤ株式会社は、高気密・高断熱・高性能の木製サッシ専門メーカーです。
通気性のある塗膜を形成し、優れた耐候性・耐水性を兼ね備えた塗料を3回塗りしてメンテナンス性と耐久性を高めているのが特徴です。
木材の割れや反りも防ぎます。

木製サッシ|森の窓

地元材の能登ヒバを中心に自社で集成材を製造しています。
ヨーロッパメーカーの高品質な金具やプラスチックを導入し、より断熱性や気密性を高める工夫をしています。

木製サッシ|ユニウッド 株式会社

100%自社工場で製造している、木製サッシや木製家具のオーダーメイド専門メーカーです。
高断熱性能サッシとしての試験もクリアしており、木材保護塗料のトップブランド塗料を使用しています。

木製サッシリフォームの価格相場は?

image

木製サッシリフォームは主に下記の2つの工法で行われ、工法の種類によっても木製サッシリフォーム費用が変わってきます。

工法施工方法
カバー工法既設のサッシの上から施工
ハツリ工法サッシごと交換する

【木製サッシ本体・ガラス・リフォーム費用・諸費用】を合わせた工法別の木製サッシリフォーム費用の価格相場は下記一覧をご参考になさってください。

窓の種類サイズカバー工法の価格相場ハツリ工法の価格相場
ヘーベシーベ引き違い戸1,800×1,80040万~50万円65万~80万円
FIX窓900×90015万~25万円30万~40万円
オーニング窓600×60020万~30万円35万~45万円

木製サッシ本体の価格は、使用する木材や塗料、窓の面積によって大きく異なります。
また、採用するガラスの種類によっても費用が変わりますので、まずは複数の業者に見積もり依頼をして比較検討することが大切です。

image

木製サッシリフォーム業者を簡単比較するには?

image

木製サッシリフォーム業者を簡単比較するには、一括見積りが便利です。
家仲間コムの見積もりフォームに依頼内容を入力すると専門知識と多くの経験を持つ業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。

木製サッシは業者によってお得な割引がある場合もあります。
家仲間コム
の見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいるので、比較検討しやすいですよ!
匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもなく安心です。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。