土間のおしゃれな活用方法と3つのデメリット対策

玄関の土間

近年の新築住宅では土間をおしゃれに取り入れたレイアウトが人気です。
土間といえば、昔ながらの家の玄関というイメージですが、趣味スペースや自転車・ベビーカーなどを家の中にしまっておきたい時にも、土間があると汚れを気にしなくて良いので便利です。
今回は、土間のおしゃれな活用方法や事前にできるデメリット対策をご紹介します。

現代における土間のおしゃれな活用方法

昔の家では、玄関や台所に土間が取り入れられていることが多くありました。

現代における土間の活用方法は、実用性も兼ね備えながらもよりおしゃれに進化しています。

では、現代の土間のおしゃれな活用方法を見てみましょう。

・自転車やアウトドア用品置き場として
・ベビーカーや子供の屋外おもちゃの収納スペースとして
・カフェ風に友人が集まるスペースとして
・暖炉のあるインナーバルコニーとして

順番にどんな活用をしているのか見ていきましょう。

1. 自転車やアウトドア用品置き場として

健康意識の高まりにより、自転車通勤をしている人も増えています。

高級自転車などは防犯面を考えると屋外での保管は不安なので、できれば屋内に収納したいところ。

玄関を広い土間にしておけば、自転車を止めるスペースにもなって安心です。

また、アウトドアもブームになっていますが、アウトドアグッズは収納場所もとりますので玄関にまとめて収納できるスペースを造っておくと整理整頓できて便利です。

汚れることが多いので、手洗いや水道設備なども同時に造っておくとお手入れもしやすいですね。

2. ベビーカーや子供の屋外おもちゃの収納スペースとして

小さなお子様がいらっしゃるご家庭では、ベビーカーの収納スペースは確保しておきたいですよね。

ベビーカーごと玄関から室内に入り、そのまま玄関の土間に置いておくことができたら、折りたたむ手間もかからず外出の際にもさっと出かけられます。

できれば玄関も引き戸や自動ドアにしておくと、さらに使い勝手が良くなりますよ!

image画像提供:玄関引き戸「エルムーブ」|LIXIL

出典:玄関引き戸「エルムーブ」|LIXIL

3. カフェ風に友人が集まるスペースとして

お友達など来客の多いご家庭では、玄関からリビングまでを土間にしてみてはいかがでしょうか?

ふらっとお友達が立ち寄って、コーヒーなどを飲んで帰っていく。

気心の知れた友人のみが気軽に立ち寄れるカフェのような空間があったら素敵ですよね。

4. 暖炉のあるインナーバルコニーとして

暖炉

暖炉のあるおうち、憧れますよね。

薪を使う暖炉は、炭が舞うこともあり室内の床が汚れる場合があります。

暖炉を設置する場所を土間にしておくと掃除がしやすく、人が集まる空間としてもおしゃれでおすすめです。

おしゃれな土間を快適にするためのデメリット対策

業者

土間をおしゃれに設置したい時に押さえておきたい、デメリット対策をお伝えします。

・動線を考えておく
・冷え対策
・定期的なお手入れ

1. 動線を考えておく

図面

土間は基本的に靴を履いたまま土足で歩きますので、靴を脱いだり履いたりする動線をよく考えておくことが大切です。

例えば部屋と部屋の間に土間を設けてしまうと、通るたびにスリッパや靴などを履いて移動しなければいけません。

石畳のように、素足で歩ける通路のような場所を造っておくのも良いアイデアです。

玄関からそのまま靴を脱がずにどこまで移動できるのか、土間をどういう使い方にしたいのか、よく検討してみてくださいね。

2. 冷え対策

土間は三和土・コンクリート・タイル・石で仕上げることが多いため、底冷えすることが考えられます。

底冷え対策としては、きっちり断熱材を施工しておくことが大切です。

3. 定期的なお手入れ

image

靴を履いたまま利用する土間は、定期的に土やほこりなどのお手入れが大切です。

お手入れを怠っていると室内に汚れが入り込んでしまいます。

・土間専用の掃除機を用意しておく
・ほうきでまめに掃き掃除をする
・モップで拭き掃除をする
・排水設備があればデッキブラシで水洗いする

上記のようなお手入れをすることを心掛けて、清潔な土間を造りましょう。

土間にカビが発生したら?

土間のメンテナンス

水拭きをしたりデッキブラシで水洗いなど水を使用したお手入れ後は、きちんと乾燥させておかないとカビが発生してしまう可能性があります。

もし土間にカビが生えてしまったら、カビ除去剤を使用してしっかり洗い、カビの根っこを退治する作業が必要です。

掃除が終わったら扇風機と除湿剤などを併用して、しっかり乾かしましょう。

素人ではなかなかカビの根本処理は難しいので、プロのハウスクリーニング業者さんに依頼して徹底的に除去してもらうほうが安心です。

防カビコーティングがおすすめ

土間を設置したら、最初に防カビコーティングをしておくとカビ対策として有効です。

コーティングをした場合は、高圧洗浄機を使用するとコーテイングがはがれてしまいますので、お手入れの際には使わないようにしたほうが良いです。

おしゃれな土間はデメリット対策を事前に!

おしゃれな土間を造るには、事前にデメリット対策をしておくことで快適に使えるようになります。

どういう対策をすればよいのか分からない方は、土間の施工経験が豊富な業者さんに相談してみることをおすすめします。

image

おしゃれな土間をお得に設置するには?

業者

おしゃれな土間をお得に設置するには一括見積りが便利です。
いろんな施工事例を見せてもらって、イメージと近いおしゃな土間を造っていきましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。