玄関の段差解消3パターンとバリアフリー補助金

段差のある玄関

昔の住宅は玄関に大きな段差がある造りが多く、段差の昇り降りが体の負担になることもあります。
段差に座って靴を脱ぎ履きしやすいメリットもありますが、段差がない方が玄関の出入りがしやすく高齢者にとっても安全です。
今回は、玄関の段差を解消する方法3パターンについて費用目安とともに解説します。
バリアフリーリフォームであれば補助金が支給されることもありますのであわせてご参考になさってください。

玄関の段差は「上がり框」という建築設計

玄関の段差の部分を「上がり框(かまち)」と言いますが、昔ながらの住宅はこの上がり框が高く設計されていることが多く、一般的に約30cm程度の高さがあります。

元々は湿度の高い日本の気候に合わせて通気性を良くするために床を高く設定していたことから、玄関の三和土(たたき)部分と住宅の床部分に差があったため上がり框が高く設計されていました。

段差のある玄関

上記以外にも、上がり框は下記のような意味合いがありました。
・靴を脱ぎ履きする際の椅子代わりとして
・玄関で腰掛けながらご近所さんとの軽いコミュニケーションをとるため

上がり框は玄関を開けると最初に目に入る部分なので、その家の顔として上質な木材で造られていることが多く、内と外を隔てる空間でもありました。

現代では住宅の通気性能も向上しており、ご近所付き合いも減少していることから上がり框はそこまで高い設計にはなっておらず、戸建住宅の上がり框の高さは約15cm程度で、マンションは約1cm以内に設計されているのが標準です。

マンションのほうが上がり框は低いか、もしくはフルフラットにデザインされている傾向にあります。

玄関の段差があるお悩み

玄関に段差があると靴の脱ぎ履きの際に腰掛けることができて便利な点もありますが、多くの場合出入りが大変というお悩みがあります。

特に高齢になってくると足腰に負担がかかる上がり框は転倒の危険性もあるため、段差を解消したいというお声も増えています。

昇り降りの負担から外出が億劫になる理由のひとつになってしまう方もいらっしゃいます。

玄関の段差を解消する方法

では、玄関の段差を解消するにはどうすればよいのでしょうか?
一般的な3つの方法をご紹介します。

1. 段差部分を階段状にリフォーム

玄関に階段状の段差

段差が高くて昇り降りが大変であれば、上がり框と三和土の間に踏み台を設けて階段方式にする方法があります。

既存の段差はそのままで踏み台を新設するだけなので、施工費用が安く抑えられます。

・玄関の段差に踏み台を取り付ける際の費用目安:約5~10万円

踏み台の中に靴磨きセットや工具が入る程度の収納を造っておくのも、空間の有効活用になります。

2. 段差部分にスロープを設置

車椅子に乗る人

ご家族に要介護者がいらっしゃる場合や、将来的に車椅子の利用を想定している場合は、玄関の段差部分にはスロープを設置しておく方法がおすすめです。

・玄関の段差にスロープを設置する際の費用目安:約7万円~20万円

玄関の中にスロープを設置する場合は、玄関外からの動線と勾配を計算して車椅子が移動しやすいよう配慮しておく必要があります。
参照:スロープ設置時の勾配は利用者に合わせて決めましょう

3. 段差を撤去して玄関をリフォーム

玄関の段差を撤去して玄関そのものをリフォームする方法もあります。

玄関収納リフォーム

段差のお悩みだけでなく、玄関収納を造りたい場合や廊下を拡張したい場合には同時施工することで工事の手間が一度で済むメリットがあります。

また古い住宅では玄関の段差部分にシロアリ被害が及んでいる可能性もあります。
シロアリ被害の疑いがある場合は、玄関をすべてリフォームすることでシロアリの被害状況が確認できシロアリ退治もできて安心です。
参照:シロアリ駆除/予防の方法、費用相場や目安など

・段差を撤去して玄関をリフォームする際の費用目安:約20万円~50万円
・玄関収納リフォームの費用目安:約10万円~

玄関の段差を解消する際の注意点

玄関の段差を解消する際には、下記の点に注意しましょう。

・段差をなくした場合は腰かけられる椅子を用意
・踏み台やスロープを設置する場合は手すりも同時に取り付け

1. 腰かけられる椅子を用意

玄関の段差は椅子代わりに腰掛けられるメリットもあります。

段差を撤去して玄関を丸ごとリフォームする場合には、既製品の椅子を購入しておくか、壁に収納できるベンチタイプの椅子を取り付けておくと、靴の脱ぎ履きがしやすくなります。

壁付け折りたたみ収納いす|アイエム出典:壁付け折りたたみ収納いす|アイエム
商品価格:5万円(取り付け費用別途)

2. 手すりを取り付ける

玄関の段差がなくなった分、昇り降りは楽になりますが、安全のためにも手すりは取り付けておくほうが安心です。

手すりにも種類がありますが、利用する人に合わせた形のものを取り入れるとよいでしょう。
参照:介護手すりリフォーム費用が1割負担で済む理由とは?

・手すりの取り付け費用目安:約4万円~6万円

玄関の段差解消リフォームには補助金が支給される場合も

家を守るイメージ

バリアフリーリフォームとして玄関の段差を解消する場合には、介護保険と自治体から補助金が支給される場合があります。

補助金が支給される要件として、最低限クリアしていなければいけない項目は下記です。

150歳以上の方
2要介護または要支援認定を受けている方
3障害のある方
465歳以上の方と同居、または②③の該当者と同居

上記のいずれかに該当する場合は、リフォーム費用の約9割が補助金として支給されるケースがあります。
支給上限額は20万円です。

また、バリアフリーリフォームをすることで所得税や固定資産税が減税される制度もあります。

バリアフリー改修促進税制の種類減税内容
所得税減税(投資型)標準的な工事費用額(上限200万円)から10%を控除
所得税減税(ローン型)控除額最高62.5万円(上限12.5万円×5年)
固定資産税額の減額翌年分の固定資産税3分の1を減額 

補助金や減税内容については、お住まいの地域の自治体に最新の要件等を確認し、申請期限なども合わせて問い合わせされることをおすすめします。

image

玄関の段差解消リフォームをお得に依頼するには?

高齢夫婦

玄関の段差解消リフォームをお得に依頼するには一括見積りが便利です。
特にバリアフリーの観点から段差の解消をご検討されている場合は、施工経験豊富な業者に依頼しましょう。
補助金や減税制度は素人では分かりづらい内容も多いので、プロの専門業者にお任せしたほうが安心です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。