住宅に設置できる自動ドアの種類や後付けできる新商品をご紹介

玄関ドア

自動ドアは商業施設や病院ではよく見かけますが、近年では一般住宅にも取り付けられる種類が販売されています。
手で触れないので、荷物を両手に抱えている時や介護が必要な方のご利用、感染対策としても効果的です。
今回は自動ドアの種類や設置費用目安について解説します。
これからの玄関ドアは自動で便利に快適にしていきましょう!

自動ドアの種類

自動ドアの種類には下記の3種類があります。

・引き戸
・開き戸
・回転ドア

回転ドアは一般住宅では採用されることがない種類ですが、オフィスや店舗などでは設置されることがありますのでご参考までにご紹介します。

1. 引き戸

一般住宅でも設置できる自動ドアの種類が引き戸です。

引き戸は左右にスライドする開閉方式なので前後のスペースが不要なため、バリアフリー住宅としても使いやすい点がメリット。

既存の引き戸に後付けで自動ドア装置を取り付けることもできます。

2. 開き戸

開き戸

住宅で最も多く採用されているのが開き戸ではないでしょうか?

開き戸タイプにも後付けで自動ドア装置を取り付けることができます。

外側または内側に開くタイプのドアですので、自動ドアにした場合は安全のため人がいないことを確認してから開閉操作を行うほうが良いでしょう。

3. 回転ドア

回転ドアは一般住宅で取り入れられることはないといっても良いほど需要がありませんが、オフィスや店舗をお持ちの方は自動回転ドアにしてみるのも良いですね。

他の種類の自動ドアと違って扉が2枚~3枚あるので空気が逃げにくく、冷暖房効率をできるだけ落とさずに出入りが可能です。

自動ドアの開閉方式は3種類

自動ドアの開閉方式には下記の3種類があります。

・リモコン方式
・センサー方式
・タッチ方式

順番に見ていきましょう。

1. リモコン方式

一般的に多い開閉方式はリモコン操作です。

もちろん施錠・開錠までリモコン操作で完了するので、大変便利です。

2. センサー方式

商業施設などの自動ドアであれば人の気配をセンサーで感知して開閉するセンサー方式がありますが、一般住宅ではキーシステムを持っている人が近づくと自動で開閉するタイプのセンサー方式になります。

image画像提供:玄関引き戸「エルムーブ2」|LIXIL

出典:玄関引き戸「エルムーブ2」|LIXIL
商品価格:45万円~

こちらの玄関ドアは手動で開閉する引き戸ドアなのですが、鍵の開け閉めはカードキーやタッチキー・鍵を持っていれば近づくだけで施錠開錠ができるオプションがあります。

3. タッチ方式

タッチ方式は取っ手部分に触れることになってしまいますが、タッチするだけでドアが開閉するので大きな力が不要です。

image画像提供:玄関引き戸「エルムーブ2」|LIXIL

出典:玄関引き戸「エルムーブ2」|LIXIL
商品価格:45万円~

こちらの玄関ドアも基本的には手動で開閉する引き戸ドアですが、カードキーやタッチキー・手でタッチする方式での開閉パターンがオプションで選べます。

玄関ドアごと交換が必要になりますので費用がかかりますが、自動ドアとしても使用可能なので便利になります。

image画像提供:断熱スライディングドア「コンコード」|YKKap

出典:断熱スライディングドア「コンコード」|YKKap
商品価格:42.5万円~

YKKapさんの商品もLIXILさん同様、自動ドアとしても利用可能です。

デザインのバリエーションも豊富で洋風から和風にまで対応しています。

自動ドアのメリット

自動ドアのメリットは下記の3点です。

・車椅子ユーザーでも開閉が楽
・両手に荷物を抱えていても開閉できる
・感染対策としてドア取っ手に触れずに済む

順番に詳しく見ていきましょう。

1. 車椅子ユーザーでも開閉が楽

車椅子ユーザー

車椅子ユーザーの方はドアの開閉はお一人だととても大変です。

一般的な住宅では開き戸の場合が多く、車椅子ユーザーにとっては下記のようなお悩みがあります。

・家族やヘルパーさんの手伝いが必要
・狭いので車椅子の方向転換が難しい
・開閉に手間がかかる
・玄関ドアよりも庭などから出入りをせざるを得ない

などです。

自動ドアがあれば一人でも出入りが可能なので、ご本人が一人で行動したい場合は特に快適になるでしょう。

もちろん最近の自動ドアには安全装置がついていますので、手を挟んだり車椅子などが挟まった場合など、障害物として感知してすぐにドアの開閉がストップする仕組みになっています。

2. 両手に荷物を抱えていても開閉できる

両手に荷物を抱えた人

小さなお子様がいらっしゃる場合やご家族が多い場合など、両手に荷物とベビーカーを抱え、さらにはお子様の手を引いてドアを開けるのはかなり苦労します。

そのような家族構成でも自動ドアがあればリモコンひとつで開閉できるので、とても便利です。

3. 感染対策としてドア取っ手に触れずに済む

日常生活のなかでも感染症対策は今や必須になってきましたが、自動ドアであればいろんな人が触れやすいドアの取っ手に触れずに済みます。

自宅に自動ドアを設置する費用|種類別に目安をご紹介

ではご自宅に自動ドアを設置したい場合の費用を、種類別に見てみましょう。

新規設置の場合の費用目安一覧です。

自動ドアの種類新規設置の場合の費用目安
引き戸約50万円~
開き戸約120万円~
回転ドア約180万円~

後付けリフォームで自動ドアを設置したい場合には、LIXILさんが2020年夏に新商品を発売しています。

現状のドアに後付けすることで自動ドアにできるセットです。

新規の設置だと50万円以上の費用がかかりますが、後付けだと自動ドアオープナーセット+工事費で済むので設置をご検討しやすいのではないでしょうか。

後付け自動ドア「DOAC」|LIXIL
出典:後付け自動ドア「DOAC」|LIXIL
商品価格:208,000円~

1ロックセットと2ロックセットがありますが、鍵が一つか二つかの違いで他の内容は下記です。

・電動ドアオープナー
・コントローラー
・電動サムターン(鍵)
・リモコン

自動ドア「DOAC」の特徴をいくつかご紹介します。

・玄関に触れることなくリモコンで施錠・開錠ができる
・車椅子ユーザーでも一人で外出ができる
・オートロック機能付き
・異常な接触を感知したらすぐにドアの動作を停止
・電池切れや停電時の手動操作へ切り替え可能

バリアフリーを想定した便利な機能が盛りだくさんです!

複雑な工事が不要で、後付けリフォームなら一日で施工完了する点も魅力です。

自動ドアを設置する際の注意点

コンセント

自動ドアを設置する際は、電動モーターを設置するために電源を必要とします。

玄関にコンセントがない場合にはコンセントの設置工事が必要になり、別途費用が発生します。

コンセントの設置は電気工事士の有資格者でないと施工ができませんので、ご自身でのDIYは絶対にやめましょう。

image

自動ドアをお得に設置するには?

業者

自動ドアをお得に設置するには一括見積りが便利です。
自動ドアの取り扱いがあるメーカーはまだ多くはありませんので、そのメーカーに強い設置業者さんを見つけることで割引率が高くなりお得に設置できます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。