トイレリフォームのリフォーム情報

エリア選択 カテゴリ変更

トイレは毎日必ず使用する場所だからこそ、使い勝手良く快適で清潔な場所にしておきたいものです。
トイレリフォームの際には快適性やお手入れのしやすさを考慮して行いましょう。
例えば便器交換と同時に劣化したトイレ床の張替えも行うといったトイレリノベーションも人気です。
快適性をアップするだけでなく、トイレの雰囲気も一変することができます。
また、複数の種類のトイレ改装を同時に行うと工事費などの面でお得になる場合があります。

トイレは使用頻度が高く劣化もしやすい場所です。
トイレリフォームなどのトイレ工事の際には使用する製品の保証を確認するほか、水漏れなどのトラブルを避けるために経験豊富な専門業者さんに依頼することが大切です。

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

さらに細かく見る

便器を取り替える際には、タンクレスかタンクありかなど生活スタイルやトイレの広さなどに合わせて選択します。 近年は節水効果が大変高い便器も多く発売されており、節水型便器への交換が人気です。

和式トイレは使い勝手が良くなく足腰に負担もかかるため、和式トイレから洋式トイレへのリフォームが人気です。 スペースが狭い場合、コーナー式洋式便器を使用してリフォームする場合もあります。

ウォシュレットには瞬間式と貯湯式があり、瞬間式は製品は高額ですがランニングコスト面で優れています。 ウォシュレット設置の際はランニングコストなども考慮して製品選びを行うと良いでしょう。

トイレ換気扇は24時間付けておく家庭が多いためモーターが劣化しやすいものです。 トイレ換気扇設置から7年程度経ったら、早めの点検やトイレ換気扇交換をおすすめします。

トイレの床がフローリングの場合、尿やタンクからの水漏れなどで腐食しやすいものです。 水に強いクッションフロアを使用したトイレ床張替えが一般的となっています。

トイレ内の動線は大丈夫?トイレリフォームでありがちな失敗

トイレリフォームの際には、狭いトイレ内でも快適に用を足せるように動線に注意する必要があります。

image3

トイレリフォームで意外と見落としがちなのが、トイレ内の動線です。

例えば手洗いスペースの位置やタオル掛けの位置、トイレ内収納の位置などが挙げられます。

「トイレのリフォームでタオル掛けの位置を変更したら、床や便器が水浸しになった」という失敗談もよくあります。
これは、手洗い付きトイレタンクや手洗いスペースなどの位置からタオル掛けまでの距離を離しすぎてしまったために起こってしまった失敗です。

トイレットペーパーホルダーと揃いのデザインのタオル掛けだからと並べて取り付けたいという人は多いですが、タオル掛けが手洗いスペースの横にないと濡れた手から滴った水滴がトイレ内を汚してしまう原因になります。

また、「トイレ内で目立たせたくない生理用品やトイレットペーパーのストックを吊戸棚に入れたら、使用するときに取り出しにくかった」という失敗談もよく聞かれます。

実際に使用する際に不便がないよう手の届く範囲に棚などを設置し収納するなど、トイレ内の動線を考慮したトイレリフォームを行うと快適性を向上させることができます。

トイレの床材に要注意!無垢材、フローリング材の変色原因

トイレの床材にフローリングを使用すると、すぐに黒ずみや変色が発生してしまうことがあります。

image3

トイレに適した床材は、クッションフロアやタイルです。

特にクッションフロアは安価で、水に強く変色もしづらいためトイレなどの水まわりに向いている床材です。

よく、「トイレに無垢のフローリングを使用したら数か月で黒ずんでしまった」というような失敗を耳にします。

コーティングされていない無垢材のフローリングは、水分やアンモニアなどが飛び散ることで変色しやすいためトイレには適していません。

また、水まわり用でない一般的なフローリング材も、アンモニアでの変色や水による腐食が起こりやすいため注意が必要です。

トイレにフローリング材を使用する場合、樹脂やプラスチック系素材で作られた水まわり対応のフローリング材を選択しましょう。

便器の大きさをチェック!狭いトイレの盲点とは

狭いトイレに、最近人気の高い大きめの便器を設置してしまうと圧迫感の原因になります。

image3

最近では、ゆったりと座ることができるサイズの大きめの便器が人気です。
しかし、トイレが狭い場合に大きめの便器を設置するのは注意が必要です。

特に立ったまま用を足す男性が家族にいる場合には、大きめの便器を狭いスペースに設置すると立つスペースが狭くなり用を足しづらくなってしまいます。

座った状態でも、ドアや壁が想像以上に近く感じて圧迫感があるという問題もあるため、トイレの広さに合った便器を選択することが大切です。

便器の手前部分のスペースは40cm以上必要とされています。

立って用を足したり、トイレ掃除の際にゆとりをもって行いたい場合には50cm以上はあった方が良いでしょう。

トイレのドアは内開き?外開き?トイレリフォームの際には安全性も再確認

トイレドアが内開きの場合、緊急時などに外から開けることが難しいものです。
トイレリフォームの際には安全性も再確認しましょう。

image3

トイレは、高齢者が転倒してしまったり倒れてしまったりということが意外と起こりやすい場所です。

トイレドアが内開きの場合、中で人が倒れた状態だとぶつかってしまい、外側からドアを開けることが難しくなってしまいます。

そのため、安全性確保のためにトイレリフォームの際にドアを外開きや引き戸にするなどのリフォームも行うと良いでしょう。

特に家族に高齢者や持病のある人がいる場合、安全性も考慮したトイレリフォームを行うことが大切です。

トイレの必需品!ウォシュレットの機能や人気のウォシュレットをご紹介します!

ご自宅のトイレにウォシュレットをつけているご家庭も増えてきました。ウォシュレットの普及により、さらに清潔に快適にトイレを使用できるようになり、もはやウォシュレット無しのトイレなんて使えない!という方もいらっしゃるのでは?そんなウォシュレットには、どんな機能があるのでしょうか?ウォシュレットの人気機種も一緒にご紹介します。

トイレの必需品!ウォシュレットの機能や人気のウォシュレットをご紹介します!

ウォシュレットの取り付け時に確認することや、ウォシュレットの選び方は?

今や、トイレになくてはならない存在のウォシュレット。ご家庭のトイレに取り付けている方も増えています。まだ、ウォシュレットがついていないという方もご安心ください。ウォシュレットは後付けで簡単に取り付けが出来るんです!今回は、ウォシュレットの取り付け時に確認することや、ウォシュレットの選び方について調べました。

ウォシュレットの取り付け時に確認することや、ウォシュレットの選び方は?

和式トイレから洋式トイレへリフォームする際の費用目安と注意点

和式トイレから洋式トイレへリフォームするには、まずは現状を確認しましょう。なぜなら、現状によってリフォーム費用が変わってくるからです。今回は、和式トイレから洋式トイレへリフォームする際の費用目安とリフォームの際の注意点などをご紹介します。

和式トイレから洋式トイレへリフォームする際の費用目安と注意点

和式トイレから洋式トイレのリフォームをお得にするには?

築年数の古い住宅や店舗では、和式トイレのところもまだまだあるようですが、高齢になって和式トイレを使うのはなかなか大変ですよね。そこで、和式トイレを洋式トイレにリフォームしてみてはいかがですか?今回は、洋式トイレのメリット・デメリット、和式トイレから洋式トイレのリフォームをお得にする方法などをご紹介します。

和式トイレから洋式トイレのリフォームをお得にするには?

トイレ床張替え・交換、抑えておくべきポイントと価格相場をご紹介

トイレという場所柄、少しでもきれいに、清潔感溢れる場所にしておきたいという人は少なくはないですよね。そんな方におすすめなのが、トイレの床の張替・交換リフォームです。水やアンモニアが飛び散りやすいこととから、汚れや変色、カビが発生することもあるトイレの床は、張替え・交換することで見違えるようにきれいになります。クッションフロアやフローリング、タイルといったトイレの床に適した床材の特徴も併せて参考にしてください。

トイレ床張替え・交換、抑えておくべきポイントと価格相場をご紹介

ウォシュレットの人気商品と取り付け・交換のポイント、価格相場とは

今では当たり前のようにトイレについている設備であるウォシュレット。お尻を清潔に保つために、毎度使用している人も少なくはないかもしれません。そんなウォシュレットは、既存の便器に後付けすることもできる設備です。最近は高性能のウォシュレットも各メーカーから販売されていますし、洋式トイレならば大抵はウォシュレット取り付けが可能なので、ぜひこの機会に取り付け・交換を検討してみてはいかがでしょうか。

ウォシュレットの人気商品と取り付け・交換のポイント、価格相場とは

トイレリフォームの価格相場

トイレリフォームの相場は10万円~30万円と4万円以下に大きな山があります。
10万円~30万円は便器交換及び全体的なトイレリフォームとなっています。一般的な便器交換のみであれば10万円前後、タンクレストイレや和式便器から洋式便器に交換のトイレリフォームが20万円~30万円程度の相場となります。
4万円未満のトイレリフォームは、換気扇の交換や壁や床などのトイレの内装リフォームが多くなります。
8万円前後のトイレリフォームはウォシュレットの交換が多いです。
戸建て住宅で1階と2階のトイレをまとめてリフォームする場合やミニ洗面台付きのトイレの全面リフォームなどは30万円以上の高額な相場となります。

トイレリフォームに対応可能な業者さん 607社

みんなのクチコミランキング

1位

マクスロムインテリアデザイン

361   99% 登録日: 2011/01/21
30代 女性 

すぐに対応して頂き大変助かりました。また困ったらお願いしたいと思います。

すぐに対応して頂き大変助かりました。また困ったらお願いしたいと思います。

40代 女性 

見積が他社の半額、非常に良心的で満足。他の工事の相談にも対応してもらえた。

見積が他社の半額、非常に良心的で満足。他の工事の相談にも対応してもらえた。

40代 男性 

仕事が早い。質問に丁寧に答えてくれた。人当たりがよい。

仕事が早い。質問に丁寧に答えてくれた。人当たりがよい。

もっと見る 
2位

備中屋

161   94% 登録日: 2013/01/28
30代 女性 

綺麗に直していただきました

綺麗に直していただきました

40代 男性 

低価格でキチンと仕上げて頂きました。おかげでマンション退出時にとても助かりました。また機会があればお願いしたいです。

低価格でキチンと仕上げて頂きました。おかげでマンション退出時にとても助かりました。また機会があればお願いしたいです。

40代 女性 

綺麗に直して頂いたし、メールのやり取りもスムーズでした‼
また機会があれば来てもらうと思います。

綺麗に直して頂いたし、メールのやり取りもスムーズでした‼
また機会があれば来てもらうと思います。

もっと見る 
3位

平峰木工所

143   99% 登録日: 2011/04/19
30代 男性 

Webおよび現地見積もりを詳細に出して頂いたり、安価なプランを提供頂いたことで、金額について納得でき安心してお任せできました。
施工直後なので問題等は出ていませんが、施工後のアフターケアについても説明頂いたので、その部分も信頼できます。
次回もできればお願いしたいと思います。

Webおよび現地見積もりを詳細に出して頂いたり、安価なプランを提供頂いたことで、金額について納得でき安心してお任せできました。
施工直後なので問題等は出ていませんが、施工後のアフターケアについても説明頂いたので、その部分も信頼できます。
・・・ 全て表示

40代 男性 

土日祝日でも対応していただき助かりました。工事も丁寧にやっていただき満足しています。

土日祝日でも対応していただき助かりました。工事も丁寧にやっていただき満足しています。

30代 男性 

工事依頼から現地確認が早かった。
また、工事過程で見つかった水道管の不備も見つけて貰い大事になる前に発見できた。

工事依頼から現地確認が早かった。
また、工事過程で見つかった水道管の不備も見つけて貰い大事になる前に発見できた。

もっと見る 
困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

トイレリフォーム見積もり価格差ランキング

家仲間コムのリフォーム見積り依頼では、以下のような割安な見積りも提示されています。

1位
価格差:
80,000円
(35%安)
2位
価格差:
80,000円
(35%安)
3位
価格差:
80,000円
(35%安)

依頼を検索

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

トイレリフォームの施工事例

困った内容を書込むだけで、一括リフォーム見積りができる
直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

直接頼める業者さんがお得な理由をご紹介

その他のカテゴリから探す

ページトップへ戻る