「遮熱」と「断熱」どう違う?それぞれの機能を高めて快適な住まいづくり

窓のカーテンと人

「遮熱」「断熱」はよく聞く言葉ですが、実際どう違うのかご存知ですか?
今回は、「遮熱」と「断熱」の基礎知識を解説していきます。
遮熱対策・断熱対策に有効なウィンドウトリートメントもご紹介します。
実はあまりよくわからない「遮熱」と「断熱」の違いを知って、日本の四季に対応できる快適な住まいづくりをしましょう。

「遮熱」とは?

ブラインド

遮熱とは、日差しを反射させることによって「熱の侵入を遮る」ことを言います。

熱の侵入ルートの約6割が窓などの開口部からです。
ということは、開口部に「遮熱対策」を施すことが最も効率的に熱の侵入を遮ることができますね。

1. 「遮熱」と「遮光」の違いは?

光が差し込む窓辺

「遮熱」と「遮光」の違いもよくわからないですよね。
「遮熱」は熱を遮り、「遮光」は光を遮ります。

「遮光」機能も光を遮ることで熱の上昇を抑えられますが、より温度上昇を抑えるには「遮熱」機能のほうが優れています。

一般的なカーテン<遮光カーテン<遮熱カーテン、という順に、より室温上昇を抑えられます。

2. 窓の遮熱対策で夏を快適に

窓から熱が入ってくるということは、夏の熱い外気も室内に入ってきます。

そこで、遮熱機能を持つカーテンなどのウィンドウトリートメントを取り付けることで外気温をシャットアウトしましょう。

image画像提供:遮熱ロールスクリーン コルトエコ|TOSO

出典:遮熱ロールスクリーン コルトエコ|TOSO

シースルー生地で光を取り入れながらも遮熱できるロールスクリーンです。
日差しの反射率は約64%です。

日中家にいて、室内の明るさを保ったまま遮熱をしたい人におすすめです。

image画像提供:遮熱アルミブラインド|TOSO

出典:遮熱アルミブラインド|TOSO

アルミブラインドにも遮熱性の機能があるタイプがあります。
こちらの商品の反射率は約53%で、遮熱ロールスクリーンよりは低いものの遮熱効果は高いです。

「断熱」とは?

断熱とは、「熱の伝わりを防ぎ温度差を抑える」ことを言います。

住宅の外部

熱は窓だけでなく、屋根・壁・床など住宅の外部から室内に伝わりますので、快適な住まいづくりのためには窓だけの断熱対策では弱く、住宅全体の断熱対策が必須です。

断熱対策をして外部と室内の温度差を抑えることで、冬は暖かく、夏は涼しい住宅になります。

温度差を抑えられるとエアコン効率のアップにつながり、結果的に光熱費を削減することができるのでお得です。

1. 住宅の断熱性を高めて年中快適に

一年を通して快適に過ごすためには、住宅全体の断熱性をアップすることが大切です。
リフォームの際には、断熱材の劣化なども確認して必要に応じて新しく交換しておきましょう。
参照:断熱材の種類や性能を一覧でご紹介!住宅メーカーに多く採用されている断熱材も独自調査!

2. 窓断熱で冬の結露を解決!

結露

冬に窓の結露でお悩みの方は多いですよね。
結露は、暖房で暖められた室温と冷たい外気温との温度差で生じます。

結露を防ぐためには、窓の断熱性を高めることが重要です。

2-1. 断熱効果の高いハニカムスクリーン

image画像提供:ハニカムスクリーン エコシアシエラ|TOSO

窓の断熱性を高めるウィンドウトリートメントには「ハニカムスクリーン」がおすすめです。

ハニカムスクリーンは蜂の巣のような六角形の形をしていて、中に空気の層ができることによって保温性を発揮します。
参照:窓断熱効果を40%も高めるハニカムスクリーンの魅力と注意点

色のバリエーションも豊富でとてもおしゃれな点もおすすめです。

image画像提供:ハニカムスクリーン|TOSO

出典:ハニカムスクリーン|TOSO

「遮熱と断熱の違い」まとめ

今回は、遮熱と断熱の違いについて解説しました。
それぞれの違いを知っておくと、住宅のどの部分の遮熱性・断熱性を高めておけば良いのかがわかります。

住宅リフォームやウィンドウトリートメントの取り付けを依頼する場合にも、遮熱と断熱の知識があるとどの商品が適切なのか判断できるので、ご自宅にとって最適な商品や住宅設備を取り入れることができますよ。

image

遮熱・断熱対策をお得にするには?

image

遮熱・断熱対策をお得にするには一括見積りが便利です。
遮熱・断熱対策は窓だけでは効果が不十分なので、住宅全体の見直しが重要です。
複数の業者さんに訪問見積りをしてもらって、効率よく遮熱・断熱対策ができるリフォームを提案してもらいましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。