バーチカルブラインドは「天井直付け」が最も綺麗に仕上がります

バーチカルブラインド

バーチカルブラインドは、縦のラインを強調してくれるウィンドウトリートメントで、お部屋を広く見せる視覚効果があります。
さらにスタイリッシュですっきりした印象を与えてくれるので、天井が低い住宅や狭い部屋にもおすすめです。
今回は、空間をより広く見せてくれるバーチカルブラインドの「天井直付け」について解説します。

バーチカルブラインドの取り付け方法

バーチカルブラインドには3種類の取り付け方法があります。
「天井付け」「正面付け」「天井直付け」です。
参照:ブラインド取付方法は窓枠に合わせて4パターン!DIYでも取付できますよ!

1. バーチカルブラインドの「天井付け」

image画像提供:バーチカルブラインド 天井付け|TOSO

出典:バーチカルブラインド 天井付け|TOSO

「天井付け」は窓枠の内側に取り付ける方法です。

バーチカルブラインドが窓枠内におさまるので、出っ張りがなくすっきりとして見えます。

窓枠内におさめる「天井付け」は、両端と上部に隙間が開くのでどうしても光漏れが起こります。
参照:バーチカルブラインドのデメリットはこうして改善できる!知っておきたい改善策8選!

遮光性を高めたい場合は、窓枠の内側にも取り付け可能なマルチバランスを同時に取り付けるのがおすすめです。

image画像提供:バーチカルブラインド マルチバランス内側用|TOSO

出典:バーチカルブラインド マルチバランス内側用|TOSO

2. バーチカルブラインドの「正面付け」

バーチカルブラインド

「正面付け」は窓枠を覆うように、窓枠の外側に取り付ける方法です。

窓枠全体をバーチカルブラインドで覆ってしまうので、光漏れが軽減される点と、窓が大きく広く見える点がメリットです。

3. バーチカルブラインドの「天井直付け」

image画像提供:バーチカルブラインド ルノプレーン|TOSO

出典:バーチカルブラインド ルノプレーン|TOSO

バーチカルブラインドの取り付け方法で最もおすすめなのは、天井に直付けする方法です。
実際の窓枠より高い位置からバーチカルブラインドが吊り下げられるため、縦のラインが強調されて天井が高く見えますね。

天井付けと似ていますが、窓枠内ではなく天井に直接取り付けることで、壁と一体化してお部屋をより広く大きく見せてくれる視覚効果があるんです。

image画像提供:バーチカルブラインド ルノプレーン|TOSO

出典:バーチカルブラインド ルノプレーン|TOSO

上記の写真のように、腰高窓に天井から床までのバーチカルブラインドを取り付けると縦長効果でお部屋が広く見えますよ。

image出典:バーチカルブラインド 遮光|TOSO

遮光ブラインドを見てみる

天井直付けすることによって光をシャットアウトできるので、遮光タイプのバーチカルブラインドを選択すれば寝室にもおすすめです。

バーチカルブラインドを「天井に直付け」する方法

バーチカルブラインドの「天井付け」や「正面付け」の場合、ブラケットと呼ばれる取り付け金具を使用して取り付けますが、「天井直付け」の場合はブラケットは不要です。

TOSOバーチカルブラインドを天井直付けする場合、ブラケットの厚み約5~7mm分バーチカルブラインド本体の高さが短くなります。
この点を注意して、バーチカルブラインド本体の高さを計算しましょう。

「天井直付け」の場合のバーチカルブラインドのサイズ目安

採寸する人

バーチカルブラインドを「天井直付け」する場合の製品幅は、窓枠の外寸より100~200mm程度大き目に採寸します。
高さは、床上20mm程度が目安です。

バーチカルブラインドを「天井直付け」する際の注意点

工具

バーチカルブラインドを「天井直付け」する際は、天井下地の強度に注意が必要です。
バーチカルブラインドはカーテンよりも重量があるので、下地の強度が弱かったり石膏ボードの場合は落下してしまいます。
専門業者に下地の強度を確認してもらって取り付けを依頼するほうが安心ですよ。

image

バーチカルブラインドの取り付け費用を一括見積り!

image

バーチカルブラインドの取り付け費用の見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
天井の下地強度の確認や、天井に直付けする作業はDIYでは難易度が高いです。
美しく安全にバーチカルブラインドを取り付けるためにも、専門業者に採寸と取り付けを依頼するほうが安心です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。