キッチンが寒い場合は冷気の通り道を遮断!寒さ対策3選をご紹介

キッチン

キッチンが寒いと調理をするのが億劫になりますし、風邪を引く原因にもなります。
今回は、キッチンが寒い原因やキッチンの寒さ対策として有効な3つの方法を解説します。
ポイントは冷たい空気の通り道を遮断することです。

キッチンの寒さの原因は?

キッチンの換気扇

キッチンの寒さの原因は、まずは換気扇があることによって空気が流れる点にあります。

冷気は床面に溜まりますが、天井近くに設置されている換気扇を使用すると、床面の冷気が上に流れるようになります。
そのため、冷たい空気が換気扇に吸い寄せられてキッチンが寒くなります。

また、キッチンに窓があったり勝手口があることで、暖かい空気が逃げてしまいやすいので冬のキッチンは寒いことが多いです。

火を扱っているコンロ付近だけは暑く、足元にたまった冷気はそのままなので足先だけが冷えてつらいというお悩みも多いですね。

キッチンの寒さ対策3選

では、キッチンの寒さ対策として有効な3つの方法を解説していきます。

・足元にヒーターや床暖房を設置する
・キッチンの出入口に間仕切りを設置する
・キッチンの窓や勝手口の断熱性を高める

1. 足元にヒーターや床暖房を設置する

最もキッチンの寒さが緩和されるのは、ヒーターや床暖房の設置です。

1-1. 人感センサー付きヒーター

人感センサー付きセラミックヒーター|アイリスオーヤマ出典:人感センサー付きセラミックヒーター|アイリスオーヤマ
商品価格:7,000円~

縦置きも横置きもできるコンパクトなこちらのヒーターは、人を感知して自動でオンオフしてくれるので、両手がふさがりやすいキッチンにおすすめです。
うっかり消し忘れてしまうこともないので安全ですよ。

1-2. 床暖房の設置

床暖房

キッチンを頻繁に使うことが多い場合は、床暖房を設置するのもおすすめです。
初期費用はかかりますがキッチンでの滞在時間は意外と長いので、床暖房があると足元が冷えずに快適になりますよ。

床暖房は最も足元が暖かく快適になりますが、設置費用が高い点がデメリットです。
目安は下記です。

床暖房の種類設置費用目安
既存の床に上貼り(電気式の場合)5万円~8万円
全張替え(電気式の場合)8万円~11万円
温水式の床暖房設置上記プラス20万円~100万円

床暖房には電気式と温水式の2種類がありますが、リフォームの場合は電気式のほうが初期費用が安く済みます。
参照:
足元からポカポカ|床暖房の種類と選び方のポイント
温水式ガス床暖房の設置費用とガス代を削減できるお得な使い方

一方、温水式はランニングコストは安く済むのですが、全面張替えをしなければいけないため初期費用が高額になります。

新築の場合は長い目で見てランニングコストの安い温水式床暖房がおすすめです。
ダイニングやリビングの床暖房の延長でキッチンにも設置するとよいでしょう。

床暖房があると裸足で過ごせるほど足元が暖かく、料理をするのが楽しくなりますね。

2. キッチンの出入口に間仕切りを設置する

キッチンは住宅の出入口付近に設置されていることが多いので、出入りのたびに冷たい空気が出入りします。

特にダイニングやリビングと一続きになった大きな間取りにしている場合は、キッチンまではなかなか暖まりにくいです。

image画像提供:アコーディオンドア|TOSO

出典:アコーディオンドア|TOSO

アコーディオンドアは取り付けが簡単で、必要な時だけ間仕切りとして使用することができるので、冬の寒さ対策として有効です。

3. キッチンの窓や勝手口の断熱性を高める

窓や勝手口があるキッチン

キッチンに窓や勝手口がある場合は、開口部の断熱性を高める必要があります。

窓のサッシには樹脂サッシが最も断熱性が高いのですが、費用が高いので、キッチンや勝手口には安く設置できるアルミサッシを使っていることが多いです。
参照:アルミサッシメーカー比較/ガラスとの組み合わせで断熱性能を高めるのがポイントです

アルミサッシは最も断熱性が低く、冷たい外気温を室内に入れてしまいますし、室内の暖かい空気もアルミサッシを通して逃げてしまいます。

樹脂サッシにするのは費用がかかりますが、断熱性は高くなります。
参照:樹脂サッシメーカー比較/初期投資よりランニングコストを重視

image画像提供:ロールスクリーン リペレント|TOSO

出典:ロールスクリーン リペレント|TOSO

キッチンの窓や勝手口には費用も抑えられて設置も簡単なロールスクリーンがおすすめです。
参照:防炎ロールスクリーンはキッチンだけでなく暖房器具を使う部屋にも取り付けよう!!

キッチンにロールスクリーンを取り付ける場合は、万が一の火災に備えて防炎加工が施された商品を採用しておきましょう。

キッチンの寒さ対策まとめ

キッチンの寒さ対策は、ヒーターを設置するだけの簡単で費用も安く抑えられる方法から、床暖房や窓のリフォームといった高額になりますがより効果的な方法まであります。

予算に合わせて取り入れられるキッチンの寒さ対策を行って、足元が快適になるよう工夫をしてみてくださいね。

足元が寒いと健康を損ないますし、長時間過ごすキッチンは寒さ対策をしておくことが大切です。

image

キッチンの寒さ対策リフォームをお得にするには?

業者

キッチンの寒さ対策リフォームをお得にするには一括見積りが便利です。
床暖房の設置やサッシリフォームは費用がかかりますので、複数の業者に見積もり依頼をして費用を比較検討してみるのがお得にリフォームをするコツです。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。