温水式ガス床暖房の設置費用とガス代を削減できるお得な使い方

床で寝転ぶ猫

床暖房の設置費用は、熱源によって違いがあります。
今回は、低い温度設定でもお部屋全体を暖められるガスを熱源とする床暖房の設置費用について解説します。
床暖房は、ガス給湯器の設置や交換と同時に施工することで費用を抑えることができますので、同じタイミングでの設置をご検討してみてください。
また、床暖房のガス代を削減できるお得な使い方もご紹介します。

床暖房の熱源はガス式がおすすめ

床暖房

床暖房には、大きくわけて「電気式」と「ガス式」の2つの熱源があります。

ガスで温水を作り出し、床下を循環させて暖める温水式ガス床暖房は、広いお部屋や部屋数が多いお宅にはランニングコストが安くなるのでおすすめです。

温水式ガス床暖房の特徴は下記の通りです。

1. 湯切れの心配がない

給湯器

電気式床暖房の場合は、深夜電力で暖めたお湯を使うため湯切れの心配があります。
特に家族が多い場合は注意が必要です。

温水式ガス床暖房の場合は、使うたびにお湯を暖めるため湯切れの心配がありません。

2. 床面が均一に暖まる

床に立つ人

お湯を床下全体に循環させるので、輻射熱によって床面全体が均一に暖まります。
電気で暖めたお湯よりも温度が高いので、低い設定温度でもより暖かく感じます。

特に広いお部屋では、場所によって温度ムラがあると家族それぞれが過ごす場所によって快適さに違いが出ますので、均一に暖まるのは大きなメリットです。

3. 立ち上がりが早い

床

暖房器具と比較すると分かりやすいですが、電気ヒーターよりガスヒーターのほうが早く暖まりますよね。

床暖房も同様で、温水式ガス床暖房のほうが立ち上がりが早いので、室内を早く暖めることができます。

特に、広いLDKには温水式ガス床暖房のほうが効率よく早く暖めることが可能です。

4. 使用する時間帯に制限がない

電気式床暖房の場合は深夜の安い電力の時にお湯を暖める必要がありますが、ガス式床暖房はそのつど暖めるので、24時間いつでも使用可能です。

お湯の温度も下がらず、いつでも暖かい温度で床暖房を使用できます。

5. 設置スペースがコンパクト

給湯器

ガス給湯器はコンパクトサイズなので、設置場所が小スペースで済みます。
電気給湯器と比較すると、約1/10程度の大きさです。

マンションにも設置できるので、設置場所が広がります。

6. CO2排出削減に貢献できる

ガスは電気と比較すると、CO2の排出量が少ないので地球環境保護に貢献できます。

子供達の未来のためにも環境保護は意識していきたいですね。

床暖房に対応しているエコジョーズ給湯器が一番お得

温水式ガス床暖房はガスを熱源としますが、ガスには「都市ガス」と「LPガス(プロパンガス)」の2種類があります。

この2つの見分け方は下記の通りです。

都市ガス・ガスボンベがない
・ガス器具に「12A」や「13A」というシールが貼ってある
LPガス
(プロパンガス)
・ガスボンベがある
・ガス器具に「LPG」というシールが貼ってある

現在の日本では約65%が都市ガスですが、LPガスと比較すると都市ガスのほうが1ヶ月あたりのガス代が3千円程度安くなります。

電卓と設計図

電気式床暖房とガス床暖房を比較すると、ガス床暖房の初期費用は約1/2と安いのですが、従来のランニングコストはガス式のほうが年間約2万円も高くなっていました。

近年では、ガス会社の割引プランもあり、ガス式床暖房のランニングコストも下がっています。
高効率給湯器「エコジョーズ」を利用した場合はさらに省エネ効率が高いので、年間コストを比較すると約1万円以上もお得になります。
参照:GAS得プラン 床暖料金|大阪ガス

床暖房に対応したエコジョーズの給湯器は、「リンナイ」と「ノーリツ」の2大メーカーが有名です。
参照:給湯器設置までの確認ポイントと2大メーカーの最新給湯器【2019年版】

温水式ガス床暖房は、数種類ある給湯器の中でも下記の条件のものが対応しています。
・追い炊きができるタイプ
・オートタイプまたはフルオートタイプ

温水式ガス床暖房の設置費用の目安は?

温水式ガス床暖房の設置費用目安は、30万円~60万円程度です。

熱源となる給湯器本体が定価では40万円程度かかりますが、床暖房設置工事と同時に購入することで70%ほどの割引をしてもらえる場合もあります。
参照:床暖房リフォームの流れと施工例を調べてみました

床暖房はつけっぱなし or こまめに切る、どっちがお得?

夏のエアコンは、実はつけっぱなしの方が電気代の節約につながります。
筆者も実際にひと夏エアコンをつけっぱなしで実験してみたので間違いありません。

家とお金

では、床暖房はどうでしょうか?

温水式ガス床暖房は、水をガスの力でお湯に変えて床下を循環させることで部屋を暖めます。

エアコン同様、スイッチを入れた時に最もパワーが必要になるので、こまめにつけたり消したりすることでかえってガス代が多くかかります。

「朝起きた時に寒いので設定温度を高くして電源を入れる」のは、最もガス代がかかります。
一番寒い時間帯にいきなり高温設定にすれば、フルパワーで水を温めなければいけないからです。

1. オンオフの回数を減らすのが一番お得

結論は、低い温度設定で日中は床暖房をつけっぱなしにしておき、寝る間は切る、という電源オンオフの回数を減らす方法がおすすめです。

短時間の外出であれば、一番低い設定温度でつけっぱなしにしておくほうがガス代は抑えられます。

2. タイマーを有効活用!

人差し指で示す人

温水式ガス床暖房は立ち上がりが早いので、温かくなるまで30分もかかりません。

朝は、起きる時間の30分前ぐらいにスイッチが入るようタイマー設定しておけば、起きた時にはもう暖かくなっています。
その際、温度設定は低くしておくとパワーを抑えられて光熱費の節約につながりますよ。

切ってもすぐに冷たくはならないので、寝る30分前ぐらいにはオフにするのもおすすめです。

image

床暖房のお得な設置方法は?

業者

床暖房は温水式ガス床暖房がおすすめですが、さらにエコジョーズの給湯器を使うと毎月のガス代がお得になります。
給湯器の交換のタイミングで床暖房も同時施工すると、一度の見積もりと施工でリフォーム費用もお得になりますよ。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、給湯器の大幅割引をしてもらえることも多いので、複数の見積もりをとって比較検討してみてください。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。