お風呂の床汚れ別お手入れ方法と、汚れにくい床材の選び方

image

お風呂の床が気づけば黒ずんでいることがありませんか?
お風呂の床は入浴中に発生する垢や石鹸カスなどの汚れにより、汚れやすい場所です。
毎日お掃除をしていても黒ずんでくるお風呂の床。
今回は、お風呂の床のお手入れ方法と、汚れにくいお風呂の床の選び方をご紹介します。

お風呂の床汚れ

お風呂の床汚れの原因は、下記のように「酸性」と「アルカリ性」の汚れに分けられます。

風呂床の汚れの性質特徴使う洗剤
酸性汚れ・皮脂汚れ
・ぬめり
・赤カビ、黒カビ
・湯垢
・石鹸カス
アルカリ性洗剤
アルカリ性汚れ・水垢
・白っぽい汚れ
酸性洗剤

お風呂の床はよく黒ずみができる場所ですが、黒ずみの原因は「酸性汚れ」である皮脂や石鹸カスなどが蓄積することによって起こります。

もう一つ床が黒くなる原因は「黒カビ」です。

「黒カビ」は上記のような皮脂・湯垢・石鹸カスなどの汚れがある場所に湿度が高い状態が続くことで発生します。

お風呂の床のお手入れ方法

お風呂の床汚れには複数の原因がありますが、効率よく汚れを落とすためには汚れの性質に合わせた洗剤を使うことがポイントです。

酸性汚れには「アルカリ性洗剤」を使い、アルカリ性汚れには「酸性洗剤」を使用すると汚れが落としやすくなります。

1. 普段のお掃除は「中性洗剤」

掃除道具

普段のお風呂掃除には、どの汚れにも対応できる「中性洗剤」が便利です。

洗浄力はあまり強くありませんが、その分手荒れもしにくく普段使いには最適です。

また、有毒ガスが発生する心配がないので取扱いやすい点もメリットです。

最後にお風呂を使ったあと、中性洗剤をスポンジにとり、軽くこすりながら洗います。

掃除したあとは換気扇を回してお風呂内をよく乾燥させておけば、綺麗な状態を保つことができます。

汚れを落とすだけでなく、きちんと乾燥させることでカビの発生を抑えることができます。

2. 念入りにお掃除するなら「アルカリ性」「酸性」洗剤

ナチュラルクリーニングで人気の「オキシクリーン」はアルカリ性洗剤で、お風呂掃除にもよく使われています。

お酢の成分でもある「クエン酸」は酸性洗剤です。

どちらも性質が真逆で同時に使用すると効果が弱まりますので(中性になります)、別々に使いましょう。

最初に「アルカリ性洗剤」で汚れを落とし、そのあと「酸性洗剤」を使うと効率よくお掃除ができます。

2-1. アルカリ性洗剤

「酸素系漂白剤」も名前が紛らわしいですがアルカリ性洗剤です。

オキシクリーンや酸素系漂白剤のような「アルカリ性洗剤」を効果的に使うポイントは下記の2点です。

・40℃以上のお湯
・つけ置きする

いわゆる「オキシ漬け」と言われるお掃除方法で、ご存知の方も多いのではないでしょうか。
筆者宅も取り入れています。

バスタブに40℃以上のお湯を溜めて「アルカリ性洗剤」をよく溶かし、お風呂の中の小物類をつけ置きします。

お風呂の床は、排水口に蓋をして「アルカリ性洗剤」を均一にまいたあと40℃~50℃のお湯をためて半日程度おきます。

ブラシでこすってお湯で流すと、床の黒ずみが綺麗になります。

2-2. 酸性洗剤

お風呂の鏡掃除

お風呂の汚れにはアルカリ性のものも多く、特にお掃除で手こずるのが鏡のうろこ汚れです。

鏡にうろこ状に白い汚れがこびりついていることがよくありますが、これは水の中のミネラル成分が固まってできたアルカリ性の汚れになります。

蛇口やシャワーヘッド、お風呂の床にも同様の白い汚れが付着していれば、同じくミネラル由来の原因と考えられます。

これらのアルカリ性の汚れには「酸性洗剤」を使います。

「酸性洗剤」を吹き付けてしばらく放置し、あとはブラシでこすってお湯でよく流します。

掃除が終わったあとは水分を取ってよく換気をしておきましょう。

3. カビが発生していたら「塩素系」洗剤

カビキラー|ジョンソン株式会社出典:カビキラー|ジョンソン株式会社

「黒カビ」が発生すると中性洗剤では落としきれなくなりますので、カビ除去剤など「塩素系洗剤」で除去しなくてはいけません。

塩素系洗剤は取扱いに注意が必要です。

・酸性洗剤と混ぜない
・お酢、アルコール、アンモニアと混ぜない

一緒に使用すると有毒ガスを発生して危険ですので、注意書きを読んで用法を守りましょう。

また、換気も忘れずに行いましょう。

4. 頑固な汚れはプロの手も借りよう

長年放置された頑固なお風呂汚れは、一度プロのハウスクリーニング業者さんに依頼して徹底的にお掃除をしてもらうのがおすすめです。

汚れの性質を見極めて、それぞれに合う洗剤を使って汚れを落としていくのは大変な作業です。

掃除のプロの力を借りて一度綺麗にしてもらえば、その後は中性洗剤で軽くお手入れをするだけで済むので、あとあと掃除がとても楽になります。

汚れにくいお風呂の床選びのポイント

ワンポイント

お風呂はほとんど毎日入りますので掃除も頻繁に行わなければならず、広いお風呂の掃除は家事の中でも重労働です。

タカラスタンダードさん調べによると、特に床は汚れが気になる場所の1位にもなっており、多くのご家庭で汚れが目立つ場所であることが分かります。

最近のお風呂はお手入れが楽になる材質を使用しており、まめに掃除をしなくても汚れにくく、また汚れ落ちも良い商品がたくさん販売されています。

汚れにくいお風呂の床選びのポイントは下記です。

・床につなぎ目がない
・傷がつきにくい
・乾きやすい構造や材質
・水はけが良い

image画像提供: サザナ(SAZANA)|TOTO

お風呂に使われる床材には「樹脂系」「木製」「タイル製」の3つがありますが、汚れにくくお手入れがしやすいのは「樹脂系」です。

樹脂系はそのままでは実は汚れやすいのですが、多くのメーカーは樹脂系の床表面に特殊加工を施して汚れが付きにくい工夫がされています。

汚れがつきにくく水はけも良いのでカビが発生しにくく、お手入れがぐっと楽になります。

image

お得に汚れにくいお風呂の床に交換したい時は?

業者

お得に汚れにくいお風呂の床に交換したい時は一括見積りが便利です。
お風呂のリフォームは一般的に高価なイメージがありますが、お風呂の床だけを汚れにくくしたり、ユニットバス全体でも割引価格でお得にリフォームしてくれる業者さんもあります。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。