浴室換気扇を交換・取り付けする際に知っておきたい種類や価格相場をご紹介!

image

浴室に必要な設備の一つに換気扇があります。浴室に換気扇がついていないと浴室内の換気が行き届かなくなり、湿気がこもりカビの発生にもつながります。したがって、もしも現在お使いの浴室換気扇が故障していたり、不具合があったりするならば、早めに交換・取り付けを行った方が良いでしょう。今回は、そんな浴室換気扇について、交換や取り付けをする際に知っておきたい換気扇の種類や実際の商品、工事にかかる価格相場などを詳しく紹介していきたいと思います。

浴室換気扇の交換・取り換えが必要な時期って?

image

まずは浴室換気扇の交換・取り換えが必要な時期や、推奨される条件などを紹介してきましょう。換気扇にとどまらず、家で使っている設備の全ては寿命があります。目立った故障などが見えなくても、年月を重ねることでどうしても劣化し、トラブルの元となることもあるので、できるだけ定期的にメンテナンスを行っておきましょう。

浴室換気扇の寿命は8~10年と言われています。もしお使いの浴室換気扇がこの年数に当てはまっていたり、過ぎてしまっていたりするのなら、劣化が進んでいることが考えられるので、一度メンテナンスを依頼してみると良いでしょう。その際、修理で事足りることもありますし、交換が必要となることもあります。

また、お使いの浴室換気扇が8~10年経っていなくても、以下のような症状がみられる場合は修理や交換が必要になることが多いです。

・異音がする
・異臭がする
・回転音が大きい
・電源を入れても起動しない
・換気の力が弱い
・振動が大きい
・ファンは回っているのに換気できていない

もちろん何か故障していて上記のような異常が発生することもありますし、なかには換気扇内に付着した汚れが原因になることもあります。その場合は、換気扇をしっかりクリーニングすることでトラブルは解決されますので、業者の方に依頼してみましょう。

浴室換気扇は大きく分けて2種類!

image

浴室換気扇は壁に設置するか天井に設置するかでタイプが異なるほか、ファンの形状によって2つに分類できます。それぞれ特徴を見ていきましょう。

・シロッコファン

シロッコファンは「ダクト排出式」とも呼ばれる、ダクトを通して湿気や空気を排出するタイプのもののことをいいます。外部の風の影響を受けにくく、一定の風量を保って喚起できるので、集合住宅やユニットバスで使用されることが多くあります。

・プロペラファン

プロペラファンは扇風機の羽のような形状をしていて、それらを回転させて換気をする仕組みとなっています。外壁部に取り付けるので、強い風量で喚起できる一方、屋外の風の抵抗に弱いことが特徴として挙げられます。高層住宅よりも、戸建てに適しています。

浴室換気扇、どんなものがあるの?

image

続いては、各メーカーが販売している浴室換気扇を特徴や形状とともに紹介していきたいと思います。

・Panasonic 天井埋め込み換気扇 FY-17CD7V

image

特徴:低消費電力、低騒音設定、羽が取り外せてお掃除が楽、風圧式高気密シャッター付き
設置場所:浴室、トイレ、洗面所、居間
定価:21,060円(税込)
販売価格:約10,000円~

・三菱電機 天井埋め込み換気扇 VD-15ZVC3

image

特徴:省エネ仕様、安定した換気量、複数台運転可能、高密閉風圧式シャッター搭載、ダクトの方向微調整可能、スライド着脱式
設置場所:浴室、トイレ、洗面所、居間
定価:37,584円(税込)
販売価格:約18,000円~

・Panasonic 浴室用換気扇 FY-15BAA2

image

特徴:同時吸排・連動式シャッター搭載
仕様:壁付け、プロペラファン、引きひも式スイッチ
販売価格:約5,000円~

浴室換気扇の交換・取り付けをする際の注意点とは

image

続いては、浴室換気扇を交換・取り付けする際に知っておきたい注意事項をいくつか紹介していきましょう。

・作業はきちんとプロに頼んで!

最近はDIYとしていろいろなリフォームを自身で行うことが流行していますよね。その方が個性的に仕上がりますし、安価で済むためできるだけ自身で行いたい、という人も多いようです。

しかし、浴室換気扇の修理や交換、取り付けは専門的な作業が必要なため、きちんとプロの業者の方に依頼して行ってもらう必要があります。浴室換気扇の掃除だけなら自身でも可能ですが、修理や交換、取り付けとなるとアース工事が必要なので、「電気工事士」の資格を有する人でないと工事自体ができないのです。もし素人が軽はずみにいじってしまうと、感電や漏電の恐れもあり、万が一の事故にもつながりますので、しっかりとプロの業者の方に依頼するようにしましょう。

工事が高額になることも知っておこう!

浴室換気扇の交換・取り付け工事自体はそれほど高額になることはないでしょう。しかし、交換や取り付けに併せて以下のような工事が必要になる場合、費用が高額になることもあります。

1.予期せぬ配線工事が必要になる
2.ダクトの交換が必要
3.電気系統の不具合

このほか、違う機種の浴室換気扇を設置する場合や、浴室暖房乾燥機を新しく設置する場合は費用が高額になることもあります。特に浴室暖房乾燥機を新規設置する場合は、費用が30万円を超えることもありますので念頭に入れておきましょう。

浴室換気扇交換・取り付けにかかる費用の価格相場

image

最後に浴室換気扇を交換・取り付ける際にかかる費用について見ていきましょう。先述したように、浴室換気扇の交換・取り付け工事自体はそれほど高額な工事ではありません。価格相場は2~5万円ほどといえます。

また、さらに費用を抑えたいという人は、浴室換気扇の選び方に工夫すると良いでしょう。現在はいろいろな機能が付いた浴室換気扇も多いので、新しい型のものは特に商品自体が高額に設定されています。その分、型落ちの商品や、お店によっては過剰在庫のものもあるので、それらをうまく取り寄せて設置してもらうと安価で済みます。まずはそういったものがないか業者の方に相談してみると良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?快適に入浴するためには浴室換気扇は必要不可欠な設備と言っても過言ではありません。もし現状で浴室換気扇がうまく作動していなかったり、不具合があったりするのなら、まずはメンテナンスだけでも業者の方に依頼してみることをおすすめします。ぜひ参考にしてください。

浴室換気扇交換・取り付けをお得に行うには?

image

浴室換気扇交換・取り付けを行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に浴室換気扇交換・取り付けの概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。