庭に大型遊具を設置するメリット・デメリットや種類をご紹介!

大型遊具

自宅の庭に、子供達が自由に遊べる大型遊具を設置できたら喜ばれること間違いなしです。
庭にスペースがあれば、ブランコや滑り台・砂場なども設置して思う存分遊んでもらいましょう!
今回は、大型遊具を庭に設置するメリット・デメリットや、大型遊具の種類についてもご紹介します。
商品価格目安やサイズ目安もご参考になさってください。

1. 庭に大型遊具を設置するメリット

遊ぶ子供

1-1. 安心

庭に大型遊具を設置するメリットは、なんといっても保護者の目が届く点にあります。
最近は、公園で遊んでいて犯罪者に狙われたり、年上の子供達にいじめられたり物騒な世の中になってきました。

子供達が遊んでいる間ずっと注意して見ていられれば良いのですがそうもいきません。
その点、ご自宅の庭に設置した大型遊具で遊んでもらえれば安心できます。

1-2. 自由に使える

残念なことに、子供達の声がうるさい等の苦情があったりして子供達がのびのびと遊ぶことの出来る公園が減ってきています。

数少ない公園には遊び盛りの子供達が集まってきて、遊具の取り合いが起こったり順番待ちをしなければいけないこともありますよね。

その点、ご自宅の庭に大型遊具を設置していれば好きな時に好きなように使えて便利です。

2. 庭に大型遊具を設置するデメリット

図面と工具

2-1. 大型遊具を設置するスペースが必要

子供達がのびのびと思いっきり遊べるような大型遊具を設置するには、ご自宅の庭に広いスペースが必要です。
敷地内に余裕がない場合は、簡単に設置・撤去できる簡易の遊具を設置する方法もありますので、庭の広さに合わせて遊具を選びましょう。

2-2. 他の子供達との接点がなくなる

自宅の庭に設置した大型遊具でばかり遊んでいると、家族以外の子供達との接点が減ってしまいます。
公共の公園などで知らない人達と接することで協調性を学ぶことも大切です。

たまには公園に連れて行ったり、ご自宅の大型遊具でお友達と一緒に遊んでもらうのも良いですね。

3. 庭に設置できる大型遊具の種類

大型遊具

庭に設置できる大型遊具には、簡単に設置できる初心者向けから、本格的に業者に設置を依頼するような上級者向けまで種類があり、好きなものを組み合わせることも可能です。
予算や庭の広さに合わせて選びましょう。

3-1. 初心者向け|ブランコ・ハンモックなど

庭に設置する大型遊具といえば、ブランコやハンモックが思い浮かびます。
最近では大人も一緒に遊べるトランポリンも人気がありますね。

置くだけで簡単に設置できるブランコやハンモックなら、遊ぶ時にだけ庭に設置したり、折りたためばアウトドアに持ち運びできる商品もあり、使い勝手が良くてお得です。

種類商品価格目安サイズ目安
(子供2人で遊べる大きさ)
ブランコ0.8万円~3万円幅190cm×奥行138cm×高さ178cm
ハンモック0.5万円~2万円幅250cm×奥行82cm×高さ81cm
トランポリン0.4万円~3万円直径128cm×高さ21cm

・サイズ:幅245cm×奥行き78cm×高さ83cm
・重量:8.5kg
・耐荷重量:300kg

3-2.中級者向け|滑り台・ジャングルジムなど

ジャングルジムや滑り台などの大型遊具を設置できれば、昇って下りて滑って、子供達の遊びの幅が広がります。

組立てる手間がかかり広いスペースも必要になりますが、組立てて設置するだけなのでお手軽に設置できます。

種類商品価格目安サイズ目安
(子供2人で遊べる大きさ)
ジャングルジム1万円~5万円縦230cm×横230cm×高さ115cm
滑り台2万円~7万円幅92cm×長さ150cm×高さ107cm

3-3. 上級者向け|ツリーハウス

木のある場所と家族

子供の頃の憧れといえばツリーハウスではないでしょうか。
庭のスペースと設置費用がかかりますが、ツリーハウスがあると秘密基地のような空間が出来て子供達も大喜びです。

ツリーハウスキットは約30万円程度から販売されており、DIYで設置することも可能です。

4. 庭に大型遊具を設置する際の注意点

 庭に大型遊具を設置する際は下記の点に注意しましょう。

4-1. 安全性

業者

子供達が安全に遊べるよう、商品に記載されている年齢制限や耐荷重量を確認して必ず守りましょう。

庭に固定するものは基礎をしっかり取り付ける必要があるので、専門業者に依頼するほうが安心です。

4-2. 熱中症対策

日陰のある庭

子供達は遊びに夢中になると何時間でも暑い日差しの下で遊んでしまいます。
必ず日陰になる場所を設置してあげましょう。
また、休憩するよう声がけをして水分補給を忘れないよう気を付けましょう。

大人も一緒に過ごせるサンルームやパーゴラを設置するのもおすすめです。
参照:
サンルームの設置費用/内訳や必要な工事とは?
パーゴラの設置費用やおすすめ素材をご紹介!

4-3. 近隣への配慮

遊ぶ子供

子供達が庭の大型遊具で遊んでいると、ついつい大声ではしゃいでしまうこともあります。
隣接するご近所さんへのご迷惑にならないよう、大声は出さないよう注意して遊ぶ時間帯にも配慮しましょう。

image

庭への大型遊具の設置費用を一括見積り!

子供と一緒に調べる家族

庭への大型遊具の設置費用は一括見積りをすると便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
最近ではネット通販やコストコなどの大型ショッピング店で大型遊具の取り扱いがありますが、業者に設置を依頼して安全性を高めておくほうが安心です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。