庭のコンクリートの照り返し対策5選!熱交換塗料が効果的です

暑い日差し

庭をコンクリートにしている方は、真夏の照り返し対策は重要です。
雑草対策や駐車スペースとして庭をコンクリートにされているご家庭もありますが、コンクリートは熱を吸収する蓄熱効果があり、さらに白いものほど日光の照り返しがきつくなります。
今回は、庭のコンクリートにできる照り返し対策を解説します。
室内のエアコン効率にも影響してきますので、真夏になる前に対策をしておきましょう!

庭のコンクリートの照り返しとは?

コンクリートの庭

コンクリートは熱伝導率が高く、日中の強い日差しの熱を伝え蓄熱する性質があります。

そのため特に日差しの強い夏場は、コンクリートの上は素足で歩けないほどの熱と熱気でより暑く感じられます。

さらにコンクリートは明るいグレーの色ですが、太陽光に照らされることによって周りが明るくなる性質もあります。

これが「照り返し」です。

ウッドデッキの照り返し

ウッドデッキなどでも多少の照り返しはありますが、色が明るいほど照り返しはきつくなり、イメージしやすい例としては雪の照り返しは強烈です。

庭にコンクリートを施工していると、近くを通った時に照り返しと蓄熱により大変暑くまぶしさを感じます。

庭のコンクリートの照り返し対策5選

では、庭のコンクリートの照り返し対策にはどんな方法があるのでしょうか?

・打ち水をする
・植栽で日陰を作る
・オーニングで日陰を作る
・人工芝を設置する
・熱交換塗料を塗る

順番に、かかる費用と共に詳しく見ていきましょう。

1. 打ち水をする

桶の水と花

夏のコンクリートやアスファルトの暑さ対策として、都心部でも行われている「打ち水」。

「打ち水」は道路などに水をまくことを言いますが、昔は玄関先に打ち水をするお宅が夏の風物詩でもありました。

水をまくことで地熱を下げ、水が蒸発する際に熱を奪う気化熱の仕組みにより、地面の熱を下げます。

水に濡れるとコンクリート部分の色が黒くなりますので、幾分照り返しも弱くなります。

打ち水をするには、庭に立水栓があるとホースをつなぐことができて便利ですよ。

2. 植栽で日陰を作る

シンボルツリー

庭のコンクリートの照り返し対策には、日陰を作ることも効果的です。

コンクリートの庭にちょうど影ができるほどの高さのシンボルツリーなどを植えてみてはいかがでしょうか。

・植栽を作る費用目安:約2.2万円~5万円
・植栽のメンテナンスにかかる費用目安:約0.3万円~8万(年2回程度)

冬は反対に日差しを吸収してコンクリートを暖めたいので、掃除の手間がかかりますが、冬に葉が落ちる落葉樹もおすすめです。

3. オーニングで日陰を作る

オーニング

植栽のお手入れが苦手な場合は、窓にオーニングを取り付けて日陰を作る方法もあります。

オーニングは窓の庇(ひさし)部分に取り付けるウィンドウトリートメントのことで、冬には収納しておくこともでき、季節や天候に合わせて効率よく日陰を作ることができるので人気があります。

・オーニングの設置費用目安:約10万円~25万円

4. 人工芝を設置する

芝生の庭

コンクリートはその性質上どうしても熱を溜めて照り返しも強くなってしまいますので、一部に人工芝を取り入れてみてはいかがでしょうか?

人工芝は見た目にも明るくおしゃれに見えますし、通路にだけコンクリートを設置して部分的に人工芝を取り入れるなどアレンジが可能です。

人工芝は雑草対策としても効果的ですし、お子様やペットがお庭遊びをする際にも安全です。

・人工芝の設置にかかる費用目安:約0.4万円~1.8万円/㎡あたり

5. 熱交換塗料を塗る

コンクリートの暑さ対策には、昔は遮熱塗料などが塗布されることがありましたが、残念ながら照り返し対策としてはあまり効果的ではありませんでした。

塗料も日々進化しており、現在では「熱交換塗料」というものが発売されています。

塗装業者

5-1. 熱交換塗料の仕組み

「熱交換塗料」は、塗料の中にある熱交換物質が熱に反応することによって振動を起こし、その場で熱を消費する仕組みです。

さらに高い熱にだけ反応するため、冬はコンクリートに集まる低い熱は奪わないという性質があります。

まさに、「夏涼しく・冬暖かい」を実現できる新しい塗料です。

5-2. 熱交換塗料は屋外にも使える?

屋外にあるコンクリートの庭は雨やゴミなどによって汚れやすいのですが、熱交換塗料は表面が汚れていてもその効果が持続するのも特徴です。

5-3. 冬は熱を取り込む

熱交換塗料は、気温約25℃以上の熱に反応して熱を消費します。

そのため、気温が25℃を下回る秋冬には熱交換物質の働きが止まって熱を受け入れるようになり、凍結防止にも役立ちます。

5-4. 熱交換塗料の施工費用は?

電卓と設計図

熱交換塗料はまだ新しい塗料のため施工費用価格は他の塗料よりも高めで、1㎡あたり約4,000円~程度かかります。

30㎡のコンクリートの庭に熱交換塗料を塗布する場合は、約12万円~程度かかる計算になります。

ここに人件費や既存コンクリートの補修や清掃費用などがプラスされます。

DIYで塗装をされる方もいらっしゃいますが、熱交換塗料の性能を発揮するためには守らなければいけない用法もありますので、プロの塗装業者さんに依頼しましょう。

庭のコンクリートの照り返し対策まとめ

日差しでまぶしそうな人

真夏は庭のコンクリートは灼熱の暑さになり、照り返しのため室内まで高温になりやすいです。

コンクリートの性質上ある程度はやむを得ないのですが、熱中症予防のためにもできるだけ照り返し対策をして、温度が低くなるよう工夫をしてみてくださいね。

image

庭のコンクリート照り返し対策をしてくれる業者を探すには?

業者

庭のコンクリート照り返し対策をしてくれる業者を探すには、一括見積りが便利です。
コンクリートの性質を熟知したエクステリア業者さんなら、照り返し対策のいろんな方法を提案してくれます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。