DIYでできる雑草対策9選を解説!【塩はNG】です

庭の雑草

庭のお悩みで最も多いのが「雑草対策」です。
抜いても抜いても生えてくる雑草は、早めの雑草対策が大切です。
今回は、DIYでできる庭の雑草対策についてご紹介します。
業者に依頼すると簡単ですが、まずはDIYで出来ないかな?とご検討中の方必見です。

庭の雑草対策で負担を軽減!

雑草が生い茂った住宅

せっかくの庭も雑草が生い茂っていてはただの荒れ地です。
お手入れが行き届いていない庭は外から見てもあまり良い印象を与えませんよね。

設置したての庭には雑草も生えていませんが、土のあるところにはいずれ雑草が生えてきます。
生命力が強い雑草は一度生えてしまうとどんどん成長して、やがて庭全体に繁殖してしまいます。

雑草は、暑くなる5月から10月頃に最も生い茂りますので、その季節の除草作業は気力・体力ともに大変消耗します。

広範囲に生えてしまった雑草を抜いていくのは時間も費用もかかりますので、将来的にお手入れが楽になるよう早めに雑草対策をしておくことが大切です。

DIYでもできる庭の雑草対策9選

庭のお手入れ

では、雑草対策にはどのような方法があるのでしょうか?
できれば費用を安く抑えたいので、DIYでもできる雑草対策として効果的な方法をご紹介します。

1. 防草シート

防草シートは、庭全体をシートで覆い日光を遮断することによって防草する仕組みです。
日光を遮断されることで、雑草が光合成できなくなり枯れていきます。

光合成をさせないことが目的ですので、防草シートには99%以上の遮光性が求められます。
ホームセンターなどで手軽に手に入りますので、高い遮光性能表示がされているものを選びましょう。

高密度防草シート|カインズ出典:高密度防草シート|カインズ
商品価格:1,980円(1×10m)

日当たりの良くない場所では防草シートの下が虫の住みかになってしまうこともありおすすめしませんが、斜面になった庭にも設置しやすい点はメリットです。

・耐用年数:約10年
・費用目安:360円/㎡あたり

2. タイルや敷石

おしゃれな庭のままで雑草対策をしたい方におすすめなのが、庭へタイルや敷石を敷く方法です。

地面の上にタイルや敷石を置きますので、そこには雑草は生えてきません。

・耐用年数:20年以上
・費用目安:300円~/1枚あたり

庭全体にタイルや敷石を敷き詰めると費用がかかりますので、よく歩く場所やポイントとなる場所にだけ使用し、あとは砂利を使うと費用を抑えられます。

・家仲間コムでの施工事例:お庭を乱形石と白い石で綺麗に
施工費用は36万円でした。

3. 砂利

砂利を敷いた和風庭園

砂利を敷く方法も安価で簡単な雑草対策になります。
池と組み合わせて和風庭園を造っても風情が出ますね。
参照:庭に池を作ってみよう!魚や水生植物の育つ池は意外と低予算で作れるんです

砂利にはどうしても隙間ができてしまいますので、砂利と砂利の間に種が飛んできて地面に届いてしまうと、そこから雑草が生えてきます。

雑草対策として砂利を使用する場合は、地面をならして防草シートを敷いた上に砂利を敷き詰めると効果が上がります。
隙間ができないよう3~5cm程度の厚みになるよう敷き詰めましょう。

・家仲間コムでの施工事例:防草シートと砂利で雑草対策
施工費用は43万円でした。

砂利の上を歩くと音が鳴りますので、防犯対策としても有効です。

・耐用年数:20年以上
・費用目安:1,200円~/1㎡あたり

ホームセンターなどで購入できますが重さがあるので車が必要です。
ご自宅まで運ぶ際は積載量にご注意ください。

4. ウッドチップ

ウッドチップはその名の通り、木を細かくしてチップ状にしたものです。

天然素材でクッション性があるので、お子様やペットがいるご家庭に人気です。
見た目にもおしゃれな庭を演出できます。

他の雑草対策と同じく、日光を遮断することによって雑草が生えないようにします。

ナチュラルウッドチップ|らくやのう出典:ナチュラルウッドチップ|らくやのう
商品価格:3,197円~(50L×2袋)

隙間があるとそこから雑草が生えてきますので、厚みが5cm~10cm程度になるよう敷き詰めていきます。
防草シートの上から敷くと耐用年数も長くなりさらに効果的です。

・耐用年数:約3年~(天然素材のため経年と共に分解されていきます)
・費用目安:3,000円~/1㎡あたり

5. 人工芝

芝生のある庭

庭にグリーンを残しつつおしゃれに雑草対策をしたい方は、人工芝がおすすめです。

人工芝は天然芝とは違い、お手入れがほとんど不要で雑草対策に効果的です。
見た目にも緑がある明るい庭をつくることができます。
人工芝の上で遊ぶこともできるので、お子様やペットのいるご家庭におすすめです。

・耐用年数:約7年~
・費用目安:6,000円~/1㎡あたり

・家仲間コムでの施工事例:人工芝施工工事
施工費用は20万円でした。

6. グランドカバー

グランドカバー

人工芝と見た目は似ていますが、グランドカバーは本物の植物で庭を覆い雑草が生えにくくする方法です。

グランドカバーに向いている植物は、上に成長するものではなく横に這うように広がっていく植物がおすすめです。

植物名花の色特徴
ベロニカ耐寒性、耐暑性
セダム黄色多肉植物、耐寒性、ゆっくり生育する
シロツメクサ
(クローバー)
公園などでよく目にする代表的なグランドカバー
管理が楽
芝桜淡色花の色が豊富、管理が楽
ヒメツルソバ白~ピンク耐寒性、耐暑性、繁殖力が強い、管理が楽

エリアごとに花の色を分けたり、花が咲く時期が異なる種類を植えて楽しめます。

7. 固まる土・砂(防草土・防草砂)

固まる土・砂(防草土・防草砂)は、土や砂にセメントを混ぜたものに水をかけて固めるだけなので、DIYしやすくおすすめです。

固まる防草砂|アイリスオーヤマ出典:固まる防草砂|アイリスオーヤマ
商品価格:1,080円~(7L)

厚みがないと割れやすくなりますので、土の厚さは4cm程度は必要です。
水をかける際はむらがなく均一になるよう、土全体に同じ量の水をかけることです。
また、平面だと水だまりができて湿気の原因になりますので、水はけをよくするために排水口へ流れるよう勾配をつけておきます。

コンクリートほどの耐衝撃性がないので、よく通る場所や駐車場・駐輪場への施工は不向きですが、強力に固まるタイプの商品も販売されています。

・耐用年数:5年~10年
・費用目安:1,400円~/1袋15kgあたり
※1㎡あたり厚さ4cmの場合4袋~5袋が目安です。

8. 消石灰

アルカリ性である消石灰は、酸性の土壌を好む雑草の生育を抑えることができます。

消石灰は皮膚に触れると炎症を起こしたり、目に入ると失明の危険性もあり取扱いに注意が必要ですので、頻繁に庭を利用する場合の雑草対策としてはおすすめしません。

・耐用年数:不明
・費用目安:500円~/1袋20kgあたり

9. コンクリート

雑草が生えた庭

雑草だらけのお庭でどうにも手が付けられない、という方はお庭をコンクリートで覆ってしまう方法があります。

コンクリートの無機質さがおしゃれな庭とは程遠くなってしまうため好みが分かれますが、庭を完全にコンクリートで覆うと雑草は生えませんので、雑草対策としては最も効果的です。

・耐用年数:20年以上
・費用目安:5,000円~/1㎡あたり

10. 番外編:塩はNGです

雑草対策に塩をまくと良いと聞いたことがありませんか?
確かに塩は雑草対策としては有効ですが、実はデメリットのほうが多いためやめましょう。

植物の芽

塩は分解されないため半永久的に土壌に残留し、その土には雑草だけでなく植物・野菜・穀物にいたるまで育たなくなります。

塩分が金属を酸化させますので、土の中の配管が錆びてしまう恐れもあり住宅基礎部分への被害も考えられます。

また、雨によってご自宅に庭から隣家へと流出すると、他の敷地へも被害が生じる恐れがありますので、庭の雑草対策として塩をまくことは絶対にやめましょう。

image

雑草対策費用を一括見積り!

家を守るイメージ

雑草対策費用の見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
雑草対策にはいくつかの方法がありますが、どれも現状の雑草を丁寧に除草して地面を調整して雑草対策を施すことが重要です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、雑草対策の施工経験豊富な業者さんも多くいますので、DIYが不安だなと思ったら、無料で見積もりだけでもしてみてはいかがでしょうか。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

花壇の撤去をしたい ¥20,000 ~ ¥280,000
木の剪定、消毒をお願いしたい ¥17,000 ~ ¥20,000
植栽撤去 ¥25,000 ~ ¥120,000
敷地内全体の木の剪定と草刈り ¥442,000 ~ ¥530,000
ガーデンリフォームを希望 ¥500,000 ~ ¥600,000

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。