お庭に木を植えよう/気になる植木の種類と費用

image

お庭に木があると目隠しにもなりますし、夏には日陰にもなります。また緑は目に優しいのでとても癒されます。お庭に木があったらいいなと思っている方も多いのではないでしょうか。今回は庭に木を植える際の費用や植木の種類、メリットデメリットなどをまとめてみました。

植木のメリット、デメリット

image

庭に植木をするメリット、デメリットはどのようなものがあるのでしょうか。実際に植えてみてからこんなはずじゃなかったとならないためにも是非参考にしてみてください。

メリット

image

・緑は目に優しい
・日陰になる
・お子様やペットなどに良い環境を与える
・果実のなる木は収穫が期待できる
・花が咲くと鮮やかで見た目が良い
・外からの視線を遮り目隠し効果がある
・癒し効果がある

デメリット

image

・虫が発生する
・お手入れが必要
・大きく育ちすぎると電線に触れたり、日光を遮って暗くなったりする
・鳥が巣を作ることもある
・落葉樹だと落ち葉掃除が大変

植木のデメリットとしては、やはりお手入れが必要ということが挙げられます。調べてみると植木を枯らさないためのお手入れというよりは、植木が育ちすぎないためのお手入れという意味合いが大きいようです。あまり大きくなりすぎても困ってしまうので、定期的に枝を切るという作業が必要になってきます。また落葉樹の場合は落ち葉のお掃除などの作業も加わってきますね。

植木の種類

image

植木の種類にはどのようなものがあるのでしょうか?一般的な分類の仕方をご紹介していきます。

1.冬に落葉するか

image

冬に葉を落とすかどうかで2つに分類されます。冬に葉を落とすものを「落葉樹」、冬に葉をつけたままのものを「常緑樹」と言います。

・落葉樹
冬に葉を落としてしまう木を指します。紅葉は綺麗ですが、落ち葉の掃除が大変という面もあります。

・常緑樹
冬になっても葉を落とさない好きなことを指します。落ち葉の掃除が必要ないので庭木として人気です。

2.葉の形

image

葉の形状によっても2つに分けられます。平たい葉をつけるものをを広葉樹、針のような葉をつけるものを針葉樹といいます。

・広葉樹
葉の形は平たい

・針葉樹
葉の形は針のように細長くとがっている

1と2を合わせた分類

一般的に落葉の有無や葉っぱの形の分類は2つ合わせて考えられることが多いです。具体的には以下のようになります。


落葉する葉の形
常緑広葉樹×平たい
常緑針葉樹×針のように尖っている
落葉広葉樹平たい
落葉針葉樹針のように尖っている

・常緑広葉樹
キンモクセイ、さざんか、カシなど。常緑樹で1年中葉っぱが生い茂っているので生け垣や目隠しなどの用途に最適です。剪定に高度な技術はいらないため、自分で剪定をされる方も多いです。

・常緑針葉樹
松、杉、ゴールドクレストなど。風格のある木が多く和風の庭によく取り入れられます。常緑広葉樹に比べると虫に強いため、虫が苦手な方にも好まれます。剪定にはご高度な技術が必要なため職人さんに任せたほうが無難です。

・落葉広葉樹
ヤマボウシ、ハナミズキなど。見た目が綺麗で爽やかなイメージをお持ちの方も多いと思います。近年ではシンボルツリーとしても人気があります。

・落葉針葉樹
カラマツ、メタセコイヤなど。落葉針葉樹は一般家庭に植えられていることは稀なようです。やはり落ち葉の量が多いのが敬遠されてしまう理由でしょう。公共の場や庭園などでは見かけることもあります。

3.樹木の高さ

image

樹木の高さによる分類の仕方もあります。その時点での樹木の高さなのか、その樹木の種類の一般的な高さなのかという点については、諸説ありあまりはっきりとは決まっていないようです。
高さによって大まかに3種類に分けられます。

高木

image

樹高5~10メートル以上。
代表的な種類はクロガネモチ、アラカシ、椿などです。高さもあり風格を感じさせます。家の前面や、玄関先、庭の中心部にシンボルツリーとして植えると目を引きます。

中木

image

樹高3から10メートル。
代表的な種類はキンモクセイ、楓、梅などです。何本かを並べて目隠しの要素に使うこともあります。見た目も良く、日本人から愛されている木の種類です。

低木

image

樹高3メートル以下。
代表的な種類はナンテン、ウツギ、ツツジなどです。背が低くお手軽な感じがあるのでガーデニングの一環として自分で手入れする人も多いです。特にきれいな花や実がなるものが人気です。

植木の費用相場

image

庭に木を植えるにはどの程の費用がかかるのでしょうか。業者さんにお願いした場合の費用の目安を調べてみました。

樹木を植える費用

5千円~2万円/本
樹木の種類、大きさ、枝ぶり、高さなどによって費用は異なってきます。少し大きめのシンボルツリーなら1~2万円ほど、軽く目隠しに使う樹木(例サザンカ、エメラルドグリーン)であれば5千円ほどです。
大体ホームセンターなどで売られている樹木の2倍程度を目安に費用を計算しておくとよいでしょう。

土壌改良

2,000円~1万円
樹木が健やかに成長するためには、土壌の改良が必要になることもあります。大体2,000円から1万円ほどを見ておきましょう。

人件費

1万5千円~2万円/人
人件費は業者さんによっても違うところですが、大体1人頭1万5千円から2万円が相場のようです。遠いところの地域だと出張費が多めにかかることもあります。

image

費用の具体例

上記にかかる全体の費用は樹木の本数、種類によっても違います。例としてシンボルツリーを1本、目隠し用にカキツバタを5本植えた場合の費用を計算してみます。

image

シンボルツリー:1万円
カキツバタ:5千円×5=2万5千円
土壌改良費:1万円
人件費:2万円

合計:6万5千円

過去の家仲間コムの見積もり事例

image

家仲間コムに寄せられた見積もりの事例をご紹介します。
本数によっても費用は変わってくるのですが、似た見積もりがありましたら是非ご参考になさってください。

植木(ゴールドクレスト)の販売・植え付け
¥31,000 ~ ¥37,000

庭の植木としてゴールドクレスト3本(1.5mくらい)がほしいです。
庭への植え付けもお願いしたいと考えています。

花壇に日陰に強い木を植えたい
¥30,000 ~ ¥50,000
日陰に強い木を植えたいです。
庭はコンクリートで建物に近いところに小さな花壇があります。
そこに植えたいです。

目隠しになる庭の植木
¥40,000 ~ ¥60,000
何鉢か1階庭におくことで玄関からの出入りの際が気にならないような工夫がしたいと思っています。
季節感もほしいのですが、常緑樹がないと目隠しにならないのでオールシーズン対応できる目隠しガーデンにしたいです。

image

植木の無料見積もりが可能

image

植木をご検討の方は、まず見積もりを依頼しましょう。
でも、植木に対応している業者さんを探すのは意外と大変です。
リフォーム一括見積もりの家仲間コムでは、希望する工事の内容を書き込むだけで、地域の業者さんから見積もりや提案がとどきます。
匿名で利用できるので、後にしつこく営業される心配もありません。
利用は無料なので、お気軽にご利用ください。

image

                     <植木の見積もりを無料でしてみる>

image

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。