剪定・植木・造園にかかる実際の費用と最適な時期とは?

image

マイホームを買ったからには、楽しみたいのがガーデニングですよね。ガーデニングというと、女性が励むことのように思われる方の方が多いようですが、今は凝り性の男性が増えていて、男性の方がガーデニングに夢中になっているというご家庭も多いようです。
今回は、そんなガーデニングには欠かせない、庭の剪定・植木・造園について、実際にかかる費用と行うのに最適な時期を中心にご紹介していきます。

庭木の剪定が必要な時期とは?

まずは庭木の剪定からご紹介していきます。剪定とは、庭木をより健康的に保つために行う伐採のことです。四季折々で異なった姿を見せる庭木は、また季節によってケア方法も異なります。

image

その中でも、庭木の剪定は異なった時期に行うと、せっかくついていた花のつぼみや実などを誤って切り落としてしまう可能性もあるため、注意して行う必要があります。一般的には庭木の剪定の時期としては、植物の成長が緩やかになる冬場、日本なら11~2月が最適とされています。もっと詳しく言えば、針葉樹の場合は春か10月ごろ、常葉樹は萌芽が落ち着く6月や10月~、落葉樹が休眠期に入る11~2月ごろに剪定に最適な時期を迎えるのです。

庭木の剪定は、一本当たりで価格が変わってくきますが、その一本でも、庭木の高さによって異なってきます。樹木によっては切る位置や切ってもいい量など、いろいろと具合が異なることがありますので、きちんと業者の説明を聞いてからお願いするようにしましょう。

庭木を植木するのに最適な時期とは?

image

次に植木についてご紹介していきます。お庭を華やかに見せるための植木は、最適なことだと思います。植木をするといっても、様々な意味合いがあり、花壇をつくるためや、生け垣を作るため、また最近ではシンボルツリーや記念樹を植えるといったことも増えてきています。

植木に最適な時期は、お彼岸が終わる3月~4月上旬が良いとされています。また、業者に頼む際、植木に関していえば、施工する面積ごとに工事費がかかる場合が多く、その際は樹木の代金は別途かかることが多いです。

剪定・植木・造園にかかる工事費の価格相場とは?

次に、剪定・植木・造園にかかる価格相場について価格帯別にご紹介していきます。

・~50万円までの価格帯における工事例とは?

まずは50万円までで施工可能な工事例です。大体剪定に関していえば、庭木であれば一本当たり約2,000~12,000円前後で承ってくれます。なぜこんなに価格に幅が出るかといいますと、これは樹木ごとに異なる高さによって左右されるからです。低木と呼ばれるものが高さ3m未満までのものであるのに対し、高さ3~5mのものは中木、高さ5~7mのものは高木と呼ばれます。木が高ければ高いほど手間もかかりますので、工事費にも差が出てきてしまうのです。

また、剪定ではなく、伐採になるとまた費用が異なってきます。処分費などもかかりますから、大体剪定費用の2倍ほどは費用がかさみます。

image

庭木の中でも、植え込みや生け垣を剪定してもらいたい、という方も多くいらっしゃると思います。その場合は、相場として植え込み、生け垣共に1平方メートル当たり約500~1000円ほどを見てもらうと良いと思います。

後は、植木に関しても50万円以下で工事を行うことができます。先ほど例として挙げたシンボルツリーや記念樹などでしたら、1本当たりの値段で施工してもらうことができます。また、一本ではなく、ひとつなぎに生け垣を植木する場合は、面積当たりの費用が掛かります。大体1平方当たり15,000~20,000円が相場となっています。その際、業者に頼んで風通しの問題や日当たりなども見てもらい、きちんと枯らさないようにできる場所を選んでもらいましょう。

ちなみに、植木に関していえば、冬場や夏場はせっかく飢えても枯れる可能性が高い為、あまりオススメは出来ません。その合間を縫って、植木をお願いするようにしましょう。

・50~100万円でできる工事例とは?

image

次に50万~100万円でできる工事例についてご紹介していきます。主に植木などを含む、造園工事がここにあてはまります。

・工事例
庭面積:9坪
工事内容:砂利引き、造園工事、花壇工事、土間工事、土工事、フェンスの設置
費用:約67万円

などなど、造園工事に関していえば、凝りだすとキリがないのも事実です。100万円をゆうに超える工事も多いですし、やはり維持費もそれなりにかかります。したがって、面倒でもきちんとまずはイメージを駆り立てて、それを業者に相談して詳しい見積もりを出してもらうことが必要となってきます。

また、造園工事をお願いする際、何人の職人が現場に入って工事を進めるかがキーになってきます。一人当たりの値段で、工事費が変わってくるからです。

職人一人当たりの工事費を1人工といいますが、これの価格相場としては、約20,000円が適当となります。公共事業で使用される標準価格表でもある概算の造園工が18,800円となっていますので、ここが最低価格のボーダーラインとなります。高いスキルが必要とされる松の剪定や伐採のほか、高いところで作業しなければいけない場面では、職人一人当たり3万円~の一1人工を求められることもありますが、シルバーさん含め大体は2万円前後を目安としてみてください。

image

他には、庭関係の工事としては致し方ないことですが、ごみの処理代にもなかなか費用が掛かります。少量なら家庭ごみとして自分で処理することもできますが、大規模な庭工事の場合は、樹木だけではなく、砂利なども出ますので、自分たちだけでは処理できない場合が多いです。その場合は、業者の方でトラック一台が大体5,000円前後でごみを処理してくれますので、お願いしてみましょう。

まとめ

いかがでしたか?庭木の剪定・植木・造園工事の際には、いろいろな人の手を借りることができます。植木屋から造園業者、デザイナーなど、いろいろな人の意見を聞いて、素敵なお庭を演出することも可能です。一つの業者だけでなく、いろいろな人に相談してみたり、見積もりを出してもらうことで、比較して一番良い業者を厳選して選んでみましょう。また、剪定や植木に関しては、こまめにお願いしすることも大事です。ぜひ参考にしてみてください。

剪定・植木・造園をお得に行うには?

image

剪定・植木・造園を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に剪定・植木・造園の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。