【浴室塗装リフォームをしたい方へ】メリットや費用相場を解説

【浴室塗装リフォームをしたい方へ】メリットや費用相場を解説

経年劣化による浴室リフォームはだいたい10年程度からが目安ですが、浴室塗装をすれば費用を安く抑えてリフォームができます。今回は、浴室塗装リフォームについて詳しく解説しますので、これから浴室リフォームをお考えの方はぜひ参考にしてください。まずはポイントを以下にまとめました。

POINT この記事のポイント

・浴室塗装リフォームはさまざまなメリットがあるが一部デメリットも
・浴室塗装の最多価格帯は約4万円~6万円
・浴室塗装リフォームはDIYよりも業者に依頼するのがおすすめ

浴室にこんな症状が現れたら

浴室リフォームを考えるタイミング

上記のような症状が現れたら、浴室リフォームを検討したほうが良いでしょう。浴室は、湿気が多い場所なため、築10年を超えるとカビ、汚れが目立ちはじめます。また15年を超えると目に見えていない部分でも、カビや汚れ・サビが発生していることも多いため、浴室リフォームを検討する必要があります。

これらの症状の場合は、塗装による浴室リフォームが可能ですので、業者さんに相談してみましょう。

浴室塗装リフォームができないもの

すべての浴室が、塗装リフォーム出来るわけではありません。例えば、排水口の掃除をしても排水が流れにくかったり、湯水の温度調節がききにくかったりした場合、また洗面、脱衣場の床がぶよぶよしてきたといった症状の場合は、ユニットバスの入れ替え給湯器の交換・取り付けなどを検討しましょう。

浴室塗装リフォームのメリット・デメリット

浴室リフォームのメリット・デメリット

浴室塗装リフォームにはさまざまなメリットとデメリットがあります。ひとつずつ見ていきましょう。

メリット

浴室リフォームには、主に5つのメリットがあります。

1. 工期が短い

ユニットバスを入れ替えると、3~5日ほど工期がかかることもありますが、塗装の場合、約1~3日程度で済みます。

2. 費用が抑えられる

ユニットバスと交換する場合に比べると、おおよそ1/3の費用に抑えることが出来ます。
・ユニットバス入れ替え費用目安:約40万円~
・塗装による浴室リフォームの費用目安:約10万円~

3. 廃材を出さないのでエコになる

下地やユニットバスをそのまま再利用するため廃材が出ません。

4. 騒音が出ない

大がかりな工事ではないため、ご近所さんに迷惑がかかるような騒音が出ません。

5. 汚れがつきにくくなる

表面を塗装するため、汚れやカビが発生しにくくなり、お手入れも簡単になります。

浴室塗装リフォームのデメリット

バスタブの素材がステンレスの場合、塗料がうまく乗らないことがあります。また、バスタブの下地の状態が著しく悪い場合は、塗装リフォームではカバーできないこともあるでしょう。まずは、実際に見てもらって見積もりを出してもらうことをおすすめします。

浴室塗装リフォームの費用相場

グラフ

浴室塗装リフォームの費用相場は、浴室塗装の内容や使用する塗料、塗装面積、そして現状などによって変わります。最多価格帯は、約4万円~6万円となっています。

監修者コメント
監修者画像

浴室塗装リフォームでお手軽リフレッシュ

浴室といえば、毎日の入浴で汚れがたまりやすい場所ですね。でも、ただ汚れたという理由で浴室ごと交換するのも、なんだかもったいない気もしますね。そんなときに便利なのが、この浴室塗装リフォームです。今あるお風呂を塗り替えるだけで、ピッカピカの浴室に戻ります。毎日のバスタイムが楽しみになるお手軽リフレッシュ、気になる方はぜひ、お気軽にご相談されてみてはいかがでしょうか。

監修者:高橋 みちる(一級建築士)

過去に寄せられた浴室塗装リフォームの施工事例

過去に家仲間コムに寄せられた浴室塗装リフォームの施工事例をご参考に、浴室塗装リフォームをご検討してみてください。

関連記事:浴室内タイルの張替えと塗装
10万円~18万円
築30年、木造2階建て
タイルの撤去および下地補強のあと、タイル張替え

関連記事:浴室の壁・天井の塗装
5.5万円~7万円
築40年、鉄筋コンクリート団地
浴室の壁の塗装のはがれ、天井のカビを塗装したい

関連記事:浴室壁、天井の塗装
3.3万円 〜4万円
築20年以上、マンション・アパート
浴室壁と天井を塗装したい

関連記事:浴槽のヒビ、塗装
19.5万円〜23.4万円
築20年以上、マンション
お風呂の汚れや浴槽内のヒビあり

浴室塗装リフォームはDIYでできる!?

塗料とハケなどの道具さえあれば、DIYで浴室塗装ができるのでは?と思われる方も多いと思いますが、浴室塗装にはハイレベルな技術が必要です。下地をきちんと補強していないと塗料の下からひび割れてきたり、塗り方にムラがあると、塗装の内面に水が入ってしまうこともあります。

また、狭い浴室内で長時間塗料を使う場合には、「有機溶剤中毒」や「シンナー中毒」の危険性もあります。素人判断で塗料を選ぶのは危険です。

監修者コメント
監修者画像

浴室まわりは水漏れにもご注意

浴室がピッカピカになれば嬉しいですが、浴室はただキレイなだけでなく、防水をしっかり保っていることも非常に重要です。窓まわりや入口のドアまわりなどは防水材が劣化しやすいため、水が漏れることによって土台や柱などの構造材を腐らせないよう、きちんと防水性能を維持しなければなりません。ご自身でのメンテナンスも大切ですが、ぜひプロの目で細かい部分もチェックしてもらい、キレイに長持ちさせたいですね。

監修者:高橋 みちる(一級建築士)

浴室塗装リフォーム業者を選ぶポイント

浴室塗装リフォーム業者を選ぶポイント

浴室塗装リフォームには、熟練の技が必要です。業者さんを選ぶ際には注意しましょう。

浴室塗装リフォーム業者を一括見積り!

浴室塗装リフォーム業者を依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

浴室塗装リフォームの見積もりを無料でしてみる

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

家仲間コムなら
業者の手数料が無料だから安くなるかも!/

一般的に業者さんがサイトに支払う成約手数料
(売上の約10〜20%)が家仲間コムではかかりません。

浴室塗装リフォームの
業者さんを匿名で探してみる
監修者プロフィール
監修者画像

一級建築士

高橋 みちる (たかはし みちる)

WEBサイト


アールイーデザイン一級建築士事務所代表。

住宅業界で新築・リフォームの営業・設計・現場監理などを経験。
これまで3000件以上の現場を見ながら、「永く、快適に住み続けるためにはどうしたらいいのか?」を常に探求し続け、リフォーム提案を行っている。
また、現在は執筆活動や企業向けの社員研修、一般向けの講演会なども全国各地にて実施。

著書「やらなければいけない一戸建てリフォーム」(自由国民社、2020年7月発売)

【保有資格】

【所属】

noteにてリフォームに関するお役立ち情報を発信中!
高橋みちる|リフォームコンサルタント|note

編集者プロフィール
編集者画像

大永 和弘 (おおなが かずひろ)

WEBサイト


株式会社マッチングジャパン 代表取締役社長。

大学卒業後、カーテンレールシェアNo1の内装材メーカートーソー株式会社にて、7年間勤務。
入社後は、大手ハウスメーカーやリフォーム会社、工務店、内装工事業者など約200社を担当。その際に新築住宅やリフォーム住宅など数多くの現場を経験。

退社後、株式会社マッチングジャパンを2006年に創業し、ハウスメーカーやリフォーム会社のWEBマーケティングを経験。
その他、内装材メーカーや建材メーカーにWEBプロモーションに関わるコンサルティングを提供。

同時にリフォーム業者検索サイト「家仲間コム」の運営責任者として、累計5千社を超える施工業者にサービスを提供。サイト規模は月間アクセス約360万PV、見積利用者数は年間約5万人までに成長。

自身も7度の引越しと2度の住宅購入を経験し、家のリフォームや修繕をユーザーの立場で多く経験。
その経験から、規模が小さくても優良なリフォーム業者を探せるサイトの必要性を強く感じ、サービスの利便性向上に注力している。

現在は、ウォールステッカーカーテンブラインドロールスクリーンなどのECも展開中。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。