在来工法の浴室リフォーム|ユニットバスへ交換or在来工法で施工する際の費用目安

在来工法の浴室の特徴

在来工法の浴室

在来工法の浴室は、ユニットバスがまだ一般的ではなかった時代の古い住宅で採用されていることが多く、タイルなどがよく使用されています。

現代でも、こだわりの浴室をデザインしたい方に人気があり、ヒノキを使った浴室や大理石の浴室などは在来工法でないと造ることができません。

また、ユニットバスは規定サイズが決まっているためサイズが合わない浴室には採用できないことがあります。
その場合は、在来工法で浴室を造り上げていくことができます。

在来工法の浴室をリフォームするタイミング

在来工法の浴室

在来工法の浴室にはある程度お好きな素材を採用することができます。
素材によって耐久性が異なりますが、一般的に共通する下記のような症状が現れていたらリフォームをご検討ください。

・ひび割れや欠けがある
・塗装がはがれている
・継ぎ目のコーキングが劣化している
・カビがひどい
・寒さがひどい

1. 在来工法の浴室は水漏れリスクが高い

在来工法の浴室に上記のような症状が現れていたら、早急にリフォームをする必要があります。

在来工法はもともと、床や壁にモルタルやタイルを張り防水処理を施して造られており、つなぎ目が多いため水漏れリスクが高い工法です。

浴室内に劣化が見られた場合、そこから少しずつ水漏れして下地部分まで到達すると下地や基礎部分の腐食につながり住宅の耐久性が落ちていくため、早急なリフォームが必要なのです。

2. 古い在来工法の浴室は寒さを改善

古い浴室

特に築年数が経過した家の在来工法の浴室は、断熱性が低く冬の寒さがつらいと悩んでいる方も多いです。

断熱性の低い浴室はヒートショックを起こしやすく、家庭内の事故のトップ要因となっていて危険です。
ご家族の命を守るためにも、早めに断熱性の高い浴室にリフォームしておくことをおすすめします。

在来工法の浴室リフォームパターン

在来工法の浴室リフォームには、下記の2パターンがあります。

・ユニットバスへリフォーム
・在来工法でリフォーム

1. ユニットバスへリフォーム

ユニットバス

在来工法の浴室で最も多いリフォームは「ユニットバスへの交換」です。

浴室サイズが合う場合はユニットバスへリフォームが可能です。

ユニットバスはトータルコーディネートされているので、パーツを一つ一つ選ばなくてもご自宅のインテリアに合わせて豊富なバリエーションの中からお好きなデザインを選ぶことができます。

また、防水性が高いので在来工法のデメリットである水漏れリスクも低くなります。

1-1. ユニットバスへリフォームする手順

在来工法の浴室からユニットバスへリフォームするには、既存の浴室をすべて解体する必要があります。

1. 在来工法の浴室を解体
2. 下地や基礎の状態を確認
3. 必要であれば補修工事
4. ユニットバスを設置

1-2. ユニットバスへリフォームする費用目安

在来工法の浴室からユニットバスへリフォームする場合の施工費用は約50万円~です。

築年数が経過している住宅では、基礎の補修工事はほとんどの場合必要になります。
費用は約5万円~程度かかるので予算に入れておきましょう。

ユニットバス本体はメーカーやグレードによって費用が異なりますが、在来工法の浴室からユニットバスへリフォームされる場合は、タカラスタンダードの「ぴったりサイズシステムバス」シリーズがおすすめです。

タカラスタンダードの「ぴったりサイズシステムバス」シリーズは、間口・奥行きが2.5cm刻みでサイズオーダーができるので、在来工法の浴室にも合わせやすいメリットがあります。

ユニットバスの本体価格は施工業者によって割引してもらえることが多いので、複数見積もりをもらって比較検討してみるとお得に設置することができます。

2. 在来工法でリフォーム

おしゃれな在来工法の浴室

浴室のサイズや形がユニットバスに合わない場合や、パーツごとにこだわりのデザインや素材を使いたい場合には在来工法でリフォームする方法があります。

小さなヒビ程度であればコーキング処理でリフォームできることもありますが、複数箇所の不具合が見られる場合には全体的にリフォームが必要になる場合が多いです。

特に浴槽の交換をご検討されている場合は解体作業を伴うため、壁や床のリフォームも同時に必要になってきます。

2-1. 在来工法でリフォームする費用目安

在来工法でリフォームする費用目安は下記で、下地や基礎の補修が必要になるケースが多いです。

在来工法の浴室リフォーム費用目安
壁や床にパネルを重ね張り約8万円~
壁や床のタイルを張替え約15万円~
浴槽の交換+床リフォーム約20万円~
浴槽の交換+壁・床リフォーム約70万円~
下地や基礎の補修約5万円~

壁や床だけのリフォームの場合、既存の状態が良ければ上からパネルを重ねる「重ね張り」というリフォーム方法があります。

解体作業が不要なので、簡単に施工できる点がメリットです。

在来工法の浴室リフォームにかかる施工日数

在来工法の浴室リフォームで浴室の解体工事が発生する場合は、おおよそ1週間程度の施工日数がかかります。

その期間は浴室を使うことができませんので、入浴手段を確保しておく必要があります。

バリアフリーリフォームなら介護保険の適用ができることも

高齢者

バリアフリーを目的として在来工法の浴室をリフォームする場合は、介護保険が適用されて補助金が支給される場合があります。

適用条件がありますが、対象となる場合には工事費用の最大9割が支給されますので、お住まいの地域の自治体にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか。
参照:バリアフリー工事、かかる費用の目安と補助金の内容や具体的な工事例とは?

在来工法の浴室リフォームまとめ

在来工法の浴室は設計の自由度が高く、お好きな素材を使って浴室デザインを造り上げることができる点が魅力です。

その反面、ユニットバスと比較すると防水性が低い点もありますので、不具合に気づいたら早めのリフォームがおすすめです。

image

在来工法の浴室リフォーム費用を一括見積り!

業者

在来工法の浴室リフォーム費用見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
在来工法は現場で職人さんが一つずつ造り上げていくため高度な技術が必要で、多くの施工経験のある業者さんに依頼することが大切です。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。