既存ユニットバスを再利用して大切に使いたいと検討中の方必見!水漏れを防ぐことが重要ポイントです

ユニットバス

浴室リフォームをする際、綺麗でまだまだ使えそうな既存ユニットバスを処分してしまうのはもったいないと感じませんか?
できれば再利用してユニットバスの寿命まで大切に使いたいものです。
今回は、ユニットバスを再利用するためのポイントや注意点、価格相場について調べました。

ユニットバスは再利用できる?

そもそもユニットバスは再利用が可能なのでしょうか?

結論から申し上げますと、ユニットバスの再利用は可能である場合が多いです。
ただし、何も問題がないかというとそうではなくデメリットや注意点がありますので順にご説明します。

ユニットバス再利用時のデメリット

メーカー側は再利用不可としていることが多い

メーカーのホームページを見ると「再利用不可」と明言しているところもあります。
再利用不可としているメーカーの理由としては下記の点を挙げています。
・ユニットバスが移設を配慮した製品ではない
・壁パネル・天井パネル・ドア等の部材は、変形もしくは破損してほとんど再利用が不可能
・製品に対する保証は出来ない

メーカーの保証がなくなる

説明メーカーの保証対象外になる

ユニットバスを再利用するためには、ユニットバスを解体する際に接続部分や部品が壊れないよう丁寧に取り外す必要があります。
また、移設の際には接続部分を丁寧にコーキングしないと水漏れが起こる危険性があります。

コーキングとは、気密性や防水性を高めるため接続部分の隙間を目地材(コーキング材)などで充填することを言います。

新品を納品した状態ではなくなりますので、万が一水漏れしてしまった場合でもメーカー保証はありません。

水漏れのリスクが高まる

水道修理水漏れリスク

施工業者側の保証がある場合もありますが、ユニットバスの再利用は水漏れリスクが高いため引き受けてくれない業者も多いのが現状です。
とはいえ施工業者はプロですので、業者選びをしっかり行なえば技術の心配をすることはありません。

移設費用が高額になることも

既存ユニットバスを再利用するには意外と費用がかかります。
ユニットバスを買い替えたほうが安く収まることもありますので、複数の業者に見積もり依頼をして費用の内訳を確認しましょう。

一般的に、既存ユニットバスを再利用する場合には、次のような費用がかかってきます。

内訳価格相場
撤去費15~20万円
浴室設置費5~10万円
防水処理費用10万円
給排水管工事費用5~10万円
内装工事費用20~30万円
産廃処分費用5万円~
基礎工事費10~20万円
電気配線工事費5万円~

この他にも、一時保管場所への移動にかかる運搬費や保管費などもかかってきます。

これらの費用を合わせると、既存ユニットバスの再利用にかかる施工費用は75万円~110万円程度になります。
現状の浴室と移設先の浴室の状況によって別途工事が発生することもあります。

ユニットバスリフォーム費用と比べると割高になってしまう場合もあるので、見積もりの内訳をよく確認しましょう。
参照:ユニットバスにリフォームするための費用目安は?

既存ユニットバスを再利用する場合の注意点

では、デメリットを理解した上で既存ユニットバスを再利用する場合の注意点を見てみましょう。

部品を交換しておく

部品ユニットバスの部品

部品は消耗品ですので、移設の際に出来る限り新しい物と交換しておくと安心です。
部品が廃盤になっている場合もありますのでメーカーへの確認が必要です。

コーキングをしっかりと

既存ユニットバスを再利用する場合に最も心配なのが水漏れです。
ユニットバスを解体する際にコーキング部分がボロボロになってしまうこともありますので出来る限り綺麗に取り去り、移設後は丁寧にコーキングすることが水漏れを防ぐ大切なポイントです。

既存ユニットバスを再利用できる目安年数は?

ユニットバスの寿命はおおよそ15年程度と言われています。
これぐらいの年数が経過している場合はあちこちが劣化していると考えられるため移設を請け負ってくれる業者もあまりないでしょう。
部品も廃盤になっている可能性も高く部品交換が難しい場合がほとんどです。
新品ユニットバスに交換することをおすすめします。

まだ数年しか経っていないという場合は、複数の業者に既存ユニットバス再利用の見積もり依頼をして費用内訳を確認してみましょう。
新品ユニットバスと交換場合との費用を比較をされることもおすすめします。

image

ユニットバスリフォーム業者を一括見積り!

相談

ユニットバスリフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。