image3

浴室で最も気になるカビですが、カビ取り材を使って徹底的にお掃除をしてもすぐにカビが再発してしまうこともあり、悩んでいる方も多いでしょう。では、浴室のカビをやっつけるにはどうしたらよいのでしょうか?今回は、浴室のカビ予防とカビ対策についてご紹介します。

アンケートから見る浴室に関する悩み

浴室に関する悩みをアンケートしたところ、下記のグラフのような結果となりました。

image3

最も多い回答が、「カビがつきやすい」という回答で、日頃から浴室のカビに悩まされている方が多いことが分かります。

浴室に発生するカビの原因

浴室にカビが発生する原因は、圧倒的に湿度の高さによるものです。カビ菌が大好きな湿度が高いうえに暖かく、皮脂や石鹸カスなどの豊富な栄養分もある浴室は、最もカビが発生しやすい場所と言えます。

image3

カビが発生しやすい環境
20~30℃の温度
湿度60%以上
豊富な栄養素(汚れ)

浴室のカビを予防する方法

浴室は毎日利用する場所であり、上記のカビが発生しやすい環境にもぴったり当てはまるので、日頃のお掃除がとても大切です。では、ご家庭の浴室のカビを予防する方法を見てみましょう。

1.浴室を使ったら、50℃のシャワーを壁や浴槽、床にかける
カビは50℃で死滅すると言われています。皮脂や石鹸カスの残りやすい部分に50℃のシャワーをかけることで発生を食い止めることが出来ます。

体にかからないよう十分ご注意ください。シャワーがないお宅は、蛇口に取り付けられるシャワータイプのホースなどを購入するとよいでしょう。バケツでかけると自分にかかりやすく火傷する危険性もあるためやめましょう。

image3

2.50℃シャワーの後は、水をかける
50℃の熱いシャワーをかけたあと、そのままにしておくと、カビが発生しやすい温度に下がって、またそこから新しくカビが発生してしまいます。熱いシャワーをかけたあとは、必ず水シャワーをかけて、浴室内の温度を下げておくことが大切です。

3.湿気をとる
「水切りワイパー」「スクイジー」という水滴を切るグッズで、浴室内の水滴を切っておきましょう。その後、浴室換気扇を回して湿度をしっかりとります。

image3

バスボンくん 水切りワイパー
ウォータ-スクイジー
商品価格:"356円"
・伸縮タイプのものなら、天井まで水切りが出来て便利です。

出来れば、浴室は24時間換気をすることをお勧めします。換気扇をつけっぱなしにしておくと、電気代が高くなるのでは?と心配される方もいらっしゃいますが、24時間つけっぱなしにしておいても、1ヵ月の電気代は"56円~373円"程度です。カビが発生しにくくなればお掃除も楽になるので、このぐらいの電気代であれば、そこまで大きい負担ではないのではないでしょうか。

image3

浴室が乾いたら、換気扇を止めるというご家庭もありますが、新築住宅は気密性が高いため、ほとんどが24時間換気システムがついており、浴室だけでなく、トイレやリビングなどの各部屋も24時間換気がついています。

浴室は他の部屋よりも湿度がとても高くなる場所なので、24時間つけっぱなしのほうがカビの発生を防ぐことが出来て良いでしょう。

4.浴室内に置くものを減らす

浴室内には、シャンプー・トリートメント・ボディーソープ・洗顔料・ボディースポンジ、掃除グッズなどなど、たくさんのバスグッズを置いていることと思います。これらは、容器の底に水が溜まりやすく、菌が発生しやすい場所となります。

image3

少しぬるっとしたピンク色のぬめりを見たことがありませんか?このピンク色のぬめりの正体は「ロドトルラ」と呼ばれる酵母菌の一種で、非常に繁殖力が高く、水気があれば繁殖するので、3日もあればもう繁殖しているのです。

image3

このピンク色のぬめりを放置しておくと、次に発生するのが黒カビです。なので、ピンク色のぬめりを見つけたら、エタノールをふきつけてブラシでこすって退治しておきましょう。このぬめりは、さっと手でこするだけでも取れますが、菌が死滅するわけではないので、エタノールで殺菌することが大切です。

浴室内に置くバスグッズは、持ち運び出来るカゴなどに入れて、入浴時に浴室に持ち込み、使わない時は、カゴごと浴室の外に持ち出しておくと、ピンク色のぬめりの発生も防ぐことが出来ます。

浴室のカビ対策は?

では、これらの予防を行ってもカビが発生してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?まずは、徹底的にカビを除去することが大切です。

●ハウスクリーニング業者にカビ取りを依頼
費用目安:"1.5万円~2.5万円"程度
・オプションで、防カビコーティングをしてくれる業者さんもあります。費用目安は、おおよそ"2.5万円~3万円"程度です。

カビの除去ができないほどにカビだらけになってしまった場合は、カビ除去材を使用したうえで防カビ塗装をする方法もあります。

●防カビ塗装をする
防カビ塗装は、費用がかかりますが、カビだらけの浴室も新品のように美しく生まれ変わるので、カビの大量発生で手が付けられずに困っているというご家庭におすすめです。

image3

<防カビ塗装の手順>
1.浴室の掃除
2.浴室の換気をして乾かす
3.カビを除去するための下地材を塗布
4.防カビ塗装
5.乾燥

施工期間は3日程度で、費用目安は10万円前後となっています。

●カビが発生しにくい設備へ交換
・タイルをパネルへ交換:おおよそ"15.8万円~17万円"
・水はけの良い床シートを貼る:おおよそ"5万円~10万円"

浴室の床を丸ごと交換するには、工事が大規模になり費用も高額になるため、手軽に床をキレイに出来る床シートを採用すると、お手軽です。

ただし、元の床のカビを綺麗に取り除いて防カビ剤を塗布しておかないと、床シートに下がカビだらけになってしまいますので、下地処理を丁寧にしてくれる業者さんに依頼しましょう。

image3

浴室のカビ対策リフォーム業者を一括見積り!

image3

浴室のカビ対策リフォーム業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image3

image3

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。