洗面所にコンセントを増やしたい!/安心・安全なコンセントリフォーム

洗面所

洗面所では多くの電化製品を使うことが多く、コンセントが一つでは足りないこともしばしばあります。
また消費電力の大きな電化製品を同時使用する可能性もあり、その際タコ足配線をしてしまうと大変危険です。
コンセント増設リフォームで、快適に安全に電化製品を使用できる洗面所を作りましょう。

洗面所にはあらゆる場所にコンセントが求められます

コンセントリフォームの中でも、最もあらゆる位置にコンセントが求められるのが洗面所です。
洗面所だけでなく家事室が一緒になっている場合はますますコンセントが不足しやすい場所でもあります。

ご参考までに、洗面所で使われることの多い電化製品とそれぞれのコンセントの位置を一覧にしてみました。

コンセントの位置電化製品
天井付近の壁扇風機、乾燥機
腰高ドライヤー、ヘアアイロン、電動歯ブラシ、電動シェーバー、
洗濯機、アイロン
掃除機、ヒーター、除湿器

腰高のコンセントが最も多くの電化製品を使いますが、天井付近の壁や床付近のコンセントも使う可能性が高いのです。

電化製品の消費電力に注意

設置するコンセントによってどれぐらいの消費電力の電化製品を使えるのか容量が決まっています。

アース付きコンセント

一般的なコンセントの電流は15 Aまで、一般家庭用の電圧は100 Vですので、一つのコンセントで合計1500 Wまでの電化製品を使うことができます。

電流(A=アンペア)×電圧(V=ボルト)=使える電力(W=ワット)
15A×100V=1500W

このコンセントの場合は、1500Wを超える電化製品を使うとショートや発火の原因となり火災につながる危険性があります。

コンセントが不足しているからといってタコ足配線をしてしまうと危険なのはこういう理由からなのです。
参照:コンセント増設工事/危険なコンセントの使い方をしていませんか?

image

各コンセントの消費電力はコンセントカバーに表示されていますので、計算して容量を超えて使用しないようご注意ください。

洗面所で使うことの多い電化製品の消費電力一覧

ご参考までに、洗面所で使うことの多い電化製品の消費電力を一覧にしました。

電化製品消費電力(大きさ順)
アイロン600~1500W
ヒーター500~1500W
ドライヤー600~1200W
掃除機850~1000W
ヘアーアイロン20~700W
除湿器150~500W
洗濯機200~400W
扇風機30~50W
電動シェーバー~10W
電動歯ブラシ~2W

洗面所と家事室が同じ場所にある住宅で、一つのコンセントからアイロンとドライヤーを同時使用すると消費電力は最大2700Wにもなり、一般的なコンセントの容量である1500Wを大きく超えてしまうことが分かると思います。

消費電力の大きいものを一つのコンセントで同時使用する場合は、コンセントの容量をよく確認することが大切です。

差し込み口が複数ある場合は、複数に挿した電化製品の消費電力合計がコンセントの容量以内におさまらなければいけませんのでご注意ください。

洗面所コンセントの選び方

洗面所は水と電気を同時に使用する場所ですので、万が一の漏電に備えて「アース」を取り付けておきます。

コンセントをトイレに設置する場合の注意点をご参考になさってください。

また、限られたスペース内ですので洗面化粧台のスイッチとコンセントが一体になったタイプもおすすめです。

コンセントリフォームの価格相場

リフォームの見積もり

コンセント増設リフォームの価格相場は2.4万円~3.2万円となっています。
スイッチとコンセントを一体化させたりコンセントの取り付け位置などによって価格相場は変わりますので、複数の業者に見積もり依頼をとるのがポイントです。

image

コンセント増設リフォーム業者を一括見積り!

リフォーム見積書

コンセント増設リフォーム業者費用見積もりを依頼する際は一括見積りが便利です。
コンセント増設リフォームは電気工事士の資格が必要でDIYでは行えませんので、多くの経験&専門知識のある有資格業者に依頼できると安心です。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。
また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。