スタイリッシュでスッキリした窓辺を作りたいなら?ロールスクリーンの特徴や費用目安

image

窓をスッキリさせたいならロールスクリーンがおすすめです。窓に取り付けるものとして、カーテンやブラインドを採用される方が多いと思いますが、ロールスクリーンも選択肢として考えてみてはいかがでしょうか?今回は、スタイリッシュでスッキリした窓辺を作ることができるロールスクリーンの特徴や費用目安について調べてみました。

ロールスクリーンってどんなもの?

ロールスクリーンとは、コード(紐)を使ってロール状の布を引き下げたり、巻き上げたりして開閉するカーテンの種類の一つです。

image

窓に取り付けるだけでなく、部屋の間仕切りや、押入や棚などの目隠しとしても使うことが出来るので、おうちの中でいろんな場所に大活躍してくれます。

1. 特徴

ロールスクリーンの特徴は、なんといっても、そのフラットな面が第一に挙げられます。布をまとめている上部以外は、巻き上げていても、下ろしていても、布がかさばらず邪魔にならないので、お部屋がスッキリとした印象になります。

image

幅の狭い窓にカーテンやブラインドだと、少し重い印象になりますが、ロールスクリーンであれば、軽やかスッキリとした統一感を出すことが可能です。

また、日差しを遮りたい場合、カーテンだと左右の開閉しか出来ないため、全部閉めるしかありません。もし遮光カーテンだったりすると、本当にお部屋が真っ暗になってしまいます。
その点、水平方向に上下に開閉するロールスクリーンは、布部分をお好きな位置で止めることで日差しの入り方を調節することが出来ます。

image

適度に光を取り入れつつ遮光も出来るので、お部屋の雰囲気作りにも一役買ってくれそうです。

2. 開閉方式は2つ

ロールスクリーンの開閉方式には、「スプリング式(プルコード式)」「チェーン式」の2種類があります。

★スプリング式(プルコード式)

image

スプリング式は、生地下部のバーに付いた短いコードを軽く引くと、自動的にスクリーンが巻き上がり、もう一度軽く引くと、スクリーンが降りてきます。「プルコード式」とも呼ばれます。

コードの取り付け位置は、高すぎたり低すぎると操作しにくいので、最適な位置に取り付けましょう。

★チェーン式

image

チェーン式は、スクリーンの横に取り付けられたボールチェーンを時計回り・半時計回りに回すことで、スクリーンの上げ下げが出来ます。立ったまま操作ができるので、掃き出し窓など床に近い位置まである窓に向いていると言えるでしょう。

ロールスクリーンが向いている窓

ロールスクリーンは、大きな窓よりは、一般的な窓のサイズから幅が狭く小さな窓に向いています。また、お好きな位置でスクリーンを閉じることができるので、東や西などの決まった時間帯に日差しが強く差し込むお部屋にも、光を取り入れつつ、遮光できるのでおすすめです。

image

また、開け閉めが楽なので、カーテンやブラインドだと手が届きにくい窓にも向いています。
スクリーン面がフラットなので、お部屋を広く見せる効果も期待できますよ。

ロールスクリーンの取り付け費用目安は?

ロールスクリーンは、DIYに慣れている方であればご自身で取り付けも可能ですが、取り付けを誤ると、斜めに取り付けてしまったり、サイズを間違えたりすることもありえます。また、下地の強度が弱い部分に取り付けてしまうと、落下する危険性もあります。

■首都圏のオーダーブラインド専門店A社の場合

ロールスクリーンをA社で購入した場合に限り、取り付け工事を行っています。専門の施工担当者がいるので、採寸や取り付けも安心してお任せできます。

基本出張料9,000円
基本工賃¥1,500/1ヶ所(製品幅2m以内)

■オプション

高所取付 ※高さ3.m以上5,000円~/1ヶ所
既存品撤去1,000円/1ヶ所
廃棄処分費5,000円/1ヶ所

■九州地域のオーダーブラインド専門店B社の場合

A社同様、B社で購入した場合に限り、取り付け工事を行っています。専門の施工担当者がいるので、採寸や取り付けも安心してお任せできます。

採寸出張費基本料金10,000円
取付費基本料金8,000円
ロールスクリーン-プラス1,000円 

■家仲間コムの過去の見積もり例

image

費用目安:"2.3万円~6.2万円"
・築7年、3階建て事務所
・窓2ヶ所のブラインドを購入し取り付けたい

まとめ

ロールスクリーンは、窓への取り付けだけでなく、押入れや棚の目隠しとして、部屋の間仕切りとしても活用できます。既存品ではなかなか合わない時もありますが、サイズや柄、色などもオーダーメイドで作ってくれるところもありますので、比較検討してみてくださいね。

image

ロールスクリーン取り付け業者を一括見積り!

image

ロールスクリーン取り付け業者費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。