洗面所の床張替え/クッションフロア編

image

長年住んでいると、家のあちこちが傷んできますが、特に水回りは早い段階でリフォームすることになる場所です。
今回は、一日に何度も使う洗面所の床張替え/クッションフロア編について調べました。

床材張替えのタイミング

床材の寿命は約15年と言われています。15年経っていなくても、下記のような症状が出ていたら張替えを検討しましょう。

image

めくれたり、はがれたりしている
カビが発生している
傷がついている
歩くとフワフワ浮いている感じがする
変色したり色あせたりしている

洗面所に適した床材は?

洗面所は、水が飛び散りやすく、また湿気もこもりやすい場所です。そのため、【防水性、防カビ性、耐水性、防汚性、抗菌性に優れた床材を選ぶ必要があります。

これらの機能を備え、なおかつお手頃価格で手に入るクッションフロアがお勧めです。クッションフロアは、カラーバリエーションも豊富ですし、デザインも多種多様に揃っています。簡単にイメージチェンジも出来るので取扱いやすい床材と言えるでしょう。

クッションフロアとは?

image

クッションフロアとは、ビニール材で出来ており、表面と裏地の間に緩衝材を挟んでクッション性を持たせた床材のことです。多彩な表面形状やデザインを楽しむことができるため、多く普及しています。
価格帯目安:"0,8万~1,3万円"/1帖

クッションフロアのメリット・デメリット

<メリット>
水に強く汚れが落としやすいのでメンテナンスが楽
施工が簡単で安価、カラーや模様のバリエーションが豊富
関節への負担が小さく高齢者に向いている
耐傷性能があるものは、ペットの汚れやひっかき傷にも安心
軽量音の遮音性が高く、音が響きにくい

<デメリット>
見た目の高級感に欠ける
家具を置いた痕が残る
下地に凹凸があると仕上げに影響する
熱に弱い

クッションフロアの張替え費用の目安

一般的な洗面所の床材をクッションフロアに張替える費用は、8,000円からで、最多価格帯は”4万円~6万円”程度となっています。

image

人気のクッションフロア

クッションフロアには実に様々なデザインがありますので、シンプルな床から個性的な床まで、お好みのものが選べるでしょう。
では、ショッピングサイトのAmazonで人気のクッションフロアをご紹介します。

image

サンゲツ 木目 ウッド オーク
型番:HM-2015 01M
価格:1,350円~(/1m)
機能:抗菌、さらっと仕上げ

image

サンゲツ 石目 モザイク
型番:HM-2082 01M
価格:1,480円~(/1m)
機能:抗菌 さらっと仕上げ

image

サンゲツ 木目 ウッド オーク
型番:HM-2010 01M
価格:1,350円~(/1m)
機能:抗菌 さらっと仕上げ

image

サンゲツ ポテチーノ 
型番:HM-2094 01M
価格:1,050円~(/1m)
機能:抗菌 さらっと仕上げ

image

サンゲツ 石目 テラコッタ
型番:HM-2097 01M
価格:1,490円~(/1m)
機能:抗菌 さらっと仕上げ

洗面所の床張替え工程

■張り替え工程■
①クッションフロアを仮置きして、必要な大きさにカットする。
②仮置きしたクッションフロアめくり床用接着剤を塗る。
③クッションフロアと接着剤が接着するよう、専用の器具で空気抜きをしながら貼っていく。
④継ぎ目部分を柄に合わせてカットし、継ぎ目部分が目立たないよう圧着する。
⑤継ぎ目からクッションフロアが浮かないようシーラーを流し込む。
⑥余分な箇所をカットして完成

image

洗面所の床張替え費用を一括見積り!

image

洗面所の床張替え費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。