食器洗浄機の満足度ランキング別商品をご紹介します

image

あると便利なキッチン設備・家電と言えば、ズバリ「食器洗浄機」ではないでしょうか。面倒な食後のお皿洗いも、食器洗浄機を導入することで、家事の時短になりますし、家族との時間が増えたり、ゆっくり自分の時間に充てることもできます。
今回は、ランキングサイトから見る満足度の高い食器洗浄機をご紹介します!

食器洗浄機の種類

キッチンカウンターなどに置くだけの据え置きタイプと、システムキッチンに組み込まれたビルトインタイプがあります。
「据え置きタイプ」は、賃貸住宅の方に向いているタイプで、キッチン上に設置するだけなので、工事の必要がありません。
反対に、「ビルトインタイプ」は、システムキッチンに組み込むために工事が必要になります。

「ビルトインタイプ」には、扉を引き出す引き出し式と、前に開く前開き式とあり、どちらが使い勝手が良いかはお好みです。

★据え置きタイプ食器洗浄機の満足度ランキング

残念ながら「据え置きタイプ」の食器洗浄機は、Panasonic以外は撤退してしまった様子。そのため、ランキングはすべてPanasonic製品のみで、選択肢がありません。
ですが、価格帯がお手頃で、Panasonic独自の機能に、購入者の方々はおおむね満足しているようです。

image

image

1位:Panasonic NP-TM8
販売価格:”45,815円~”
前開き式(上下2枚) 食器容量:6人分
調理器具コース、合計40点が入る、80℃すすぎ
<レビュー>
・省エネ
・低音性
・洗っている食器が見えない

image

2位:Panasonic プチ食洗 NP-TCM2
販売価格:”33,264円~”
前開き式 食器容量:3人分
水切りかごサイズのコンパクトさ、バイオパワー除菌、スピーディコース
<レビュー>
・鍋など大物は入らない
・低音性
・容量少ないがコンパクト

image

3位:Panasonic NP-TR7
販売価格:”56,800円~”
上部スライド式 食器容量:6人分
セットナビカゴ、バイオパワー除菌、エコナビ
<レビュー>
・鍋など大物は入らない
・省エネ
・少し圧迫感がある

image

4位:Panasonic NP-TM7
販売価格:”49,800円~”
前開き式(上下2枚) 食器容量:6人分
セットナビカゴ、上に物が置ける、80℃すすぎ
<レビュー>
・音が静か
・回転ノズルが3ヶ所なので汚れ落ちが良い
・残時間表示がない

image

5位:Panasonic NP-TR8-T
販売価格:”52,400円~”
上部スライド式 食器容量:6人分
オートリスタート機能、バイオパワー除菌、エコナビ
<レビュー>
・大き目フライパンや土鍋などは入らない
・音が静か
・洗浄力が良い

★ビルトインタイプ食器洗浄機の満足度ランキング

ビルトインタイプの食器洗浄機ですが、食器洗浄機の国内シェアNO.1であるPanasonicの商品が、圧倒的に満足度が高いようです。価格と機能のバランスが良いと言えそうです。
また、扉は引き出し式の物のほうが使い勝手が良いようです。

image

image

1位:Panasonic NP-45MS6S
販売価格:”86,400円~”
引き出し式、食器容量:5人分
エコナビ、ドライキープ、バイオパワー除菌
<レビュー>
・音が静か
・洗浄力が改善
・ムービングラックが使いやすい
・デザインが良い

image

2位:Panasonic NP-45MD6S
販売価格:”82,990円~”
引き出し式、食器容量:6人分
エコナビ、ドライキープ、バイオパワー除菌
<レビュー>
・大皿や鍋も入る収納力
・かなり静か
・乾燥が前に比べて甘い

image

3位:Panasonic NP-45MC6T
販売価格:”99,500円~”
引き出し式、食器容量:6人分
エコナビ、ドライキープ、バイオパワー除菌
<レビュー>
・コップ棚、箸カゴがスライドできるのが便利
・洗浄力アップしている
・乾燥は弱い

image

4位:Panasonic NP-45MS6W
販売価格:”86,499円~”
引き出し式 食器容量:5人分
エコナビ、ドライキープ、バイオパワー除菌
<レビュー>
・大きなサイズのお皿が入らない
・とても静か
・内カゴが外せる

image

5位:リンナイ RKWR-F402C-SV
販売価格:”99,500円~”
前開き式 食器容量:6人分
上下2段回転ノズル、からっとキープ、残り時間表示、予約運転
<レビュー>
・鍋などの大物が入れやすい
・静かになった

食器洗浄機を選ぶポイント

食器洗浄機には、45cm60cmの2種類の幅があります。
家族の人数や普段どの程度食器を使うのか、によって選択します。
★45cm・・・食器容量:約5人分(海外製の場合:約7~9人分)
★60cm・・・食器容量:約7分(海外製の場合:約10~12人分)

設置スペースに余裕があれば、60cmで容量も大き目のものを選ぶことをお勧めします。
容量が大きくなるほど、本体サイズも大きくなり、その分の設置スペースが必要になりますが、大き目の調理器具なども洗えるようになります。

image

設置についての注意点
食器洗浄機と壁の間は0.5㎝以上離す
本体サイズ+0.5㎝程度のスペースがとれるようにする
熱源との距離は15㎝以上離す
排気口を塞がない
凍結の恐れがある場所や直射日光の当たる場所への設置は避ける

サイズの目安
家族3人まで・・・24L程度
家族4人以上・・・40L以上

★番外編:海外製の食器洗浄機

大家族のご家庭や、食器や調理器具をたくさん使うご家庭では、洗える食器の量が一番の選ぶ基準になるのではないでしょうか。
そういう場合は、海外製の食器洗浄機をご検討ください。

image

image

■ミーレ
価格帯:”30万円~40万円”
日本で取扱いのある海外製のビルトイン型食器洗浄機の中で、最も人気のあるドイツのメーカーです。
幅60cm・・・庫内容量:160L
幅45cm・・・庫内容量:113L
※Panasonic製品の幅60cmの庫内容量は60L

フロントオープン型が使いづらい人もいるようですが、ステンレス素材などのデザイン性の良さ、収納力の高さ、洗浄力、省エネなどから人気があります。
また、割れやすい脚付きグラスも洗浄できると、ワイングラスメーカーのリーデル社が推奨しています。
水流の勢いがある食器洗浄機では、ワイングラスなどを洗うことには抵抗がありますが、ミーレなら安心です。

image

image

■ASKO
価格帯:”20万円~35万円”
世界最高水準のデザイン性と機能性に優れた食器洗浄機を提供しているスウェーデンのメーカー。
全モデルがヨーロッパで最高位評価の「トリプルA」取得。
フロントオープン型。

・フィルター部を常時洗浄してくれる「スーパークリーニングシステム」という特許技術を取得。そのため、庫内のお手入れは年に2,3回でOK。
・シャンパングラス用ラック付きのタイプもある。
・運転中でも途中で運転を休止できる。

食器洗浄機の取り付け費用の目安

据え置きタイプはDIYでも設置可能なため、取り付け費用は数千円程度で済みますが、ビルトインタイプは、水栓工事が必要なため、取り付け費用もかかります。

標準取り付け工事の費用目安は、おおむね4万円程度です。
キッチンの現状によってその他【分岐水栓の取り付け工事、分岐水栓本体代、電源の分岐増設工事、キャビネットのサイズ調整、扉の設置加工費用】などがかかり、それぞれに5千円~程度の費用が別途必要です。

image

食器洗浄機の取り付け費用を一括見積り!

image

食器洗浄機の取り付け費用の見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。業者によって独自のサービスや技術があるので、希望に合う業者を比較検討しましょう。

家仲間コムの見積もりサイトには、約1000社の登録業者さんがいて、いろんな依頼に対応できるのが魅力です。また、匿名・無料で見積もり依頼ができるのでしつこい勧誘などもありません。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。