鉄骨家屋の取り壊し工事の価格相場・手順・注意点

足場と業者鉄骨造家屋の取り壊し工事を解説!

空き家の取り壊しや再建築工事などのご参考に、今回は鉄骨造家屋の取り壊し工事について解説します。
大規模工事となる鉄骨造家屋の取り壊しには危険を伴う施工内容もありますので、安全対策をきちんと行う信頼できる業者に依頼しましょう。

鉄骨造とは?

image鉄骨造とは

鉄骨造とは、建物の柱や梁などの骨組に鉄骨を使用した構造方法のことを言います。
鉄骨=Steelの頭文字をとって「S造」とも呼ばれます。

鉄骨造りには「重量鉄骨造」と「軽量鉄骨造」の2種類があります。

重量鉄骨造

「重量鉄骨構造」は鋼材の厚みが6mm以上の構造のことを言い、主にビルや高層マンションなど大規模建築物に取り入れられます。

軽量鉄骨造

「軽量鉄骨造」は鋼材の厚みが6mm未満の構造のことを言い、一般住宅や小規模店舗は軽量鉄骨造で造られることが多いです。

鉄骨造家屋を取り壊す際の価格相場

image鉄骨造家屋取り壊し工事の価格相場

鉄骨造家屋は木造と比べると頑丈に出来ている分、取り壊し工事に時間と費用がかかります。

一般的に鉄骨造家屋取り壊し工事の価格相場は下記の計算方法に基づいて計算されます。
坪単価(3万円~6.5万円)×延床坪数+その他工事費用

上記以外に発生する費用として、アスベストなど建材の調査・分析費用や除去工事などが考えられます。

鉄骨造家屋の取り壊し工事をお得にするには?

住宅工事の見積書

鉄骨造取り壊し工事の価格相場は施工内容によって大きく異なりますので、複数の業者に見積もり依頼をして具体的な施工内容と価格を確認することが大切です。

そのためには現地調査は必須です。
現地調査をせずに概算費用だけで工事を依頼すると、追加工事費用を高く請求されたり工事がずさんだったなどトラブルの元になります。
必ず実際に見てもらって正式な見積もりを出してもらうようにしましょう。

見積もり内容で不明な点をしっかり説明してもらうことは、安心して工事を依頼するための大切なポイントです。

鉄骨造家屋の取り壊し工事の流れ

間取り図とヘルメット、メジャー、ハンマー鉄骨造家屋取り壊し工事の流れ

1. 解体届の提出

建物の床面積合計が80㎡以上の場合は、建設リサイクル法に基づく届出書類を各市町村へ提出しなければいけません。

上記とあわせて工事賠償保険への加入、近隣住宅への挨拶などを行います。

2. 足場や防音シートの設置

高所での作業がありますので、足場は必ず設置します。
また、騒音対策のための防音シートや防音パネルを家の規模に合わせて取り付けます。

建築工事の足場と業者足場や防音シートの設置

3. 不用品の処分

家具や電化製品などの不用品は、解体工事業者でも処分できますが費用がかかります。
ご自身で処分できるものはしておくと費用を抑えられます。

4. 内装の解体工事

再利用できるものと処分するものに分別しながら内装の解体工事をします。
有害建材などがある場合は除去工事も行います。

5. 屋根や外壁材、鉄骨部分の解体工事

クレーンや高所作業車などの重機を使用して、屋根や外壁材・鉄骨部分の解体工事をします。
高所での作業がメインとなり最も事故の危険性が高まる工事ですので、十分注意して作業を進めます。

6. 地上での解体工事

建物本体の鉄骨部分を切断し、基礎部分も解体していきます。
地上での解体工事が終わったら整地をして解体工事が終了します。

7. 解体工事後の手続き

解体工事後は建物の登記簿を閉鎖するための「建物滅失登記」を行います。
この手続きは司法書士または土地家屋調査士に委任すると約3万円かかりますが、ご自身で行うことで費用を安く抑えることが出来ます。

image

鉄骨造家屋の取り壊し工事業者を一括見積り!

image無料で業者を一括見積り

鉄骨造家屋の取り壊し工事業者の費用見積もりを依頼する際は、一括見積りが便利です。
依頼内容を入力すると業者から連絡が来て、訪問見積りや電話見積もりをしてもらえます。
家屋の取り壊し工事は通常のリフォームと違い工事内容などがよく分からないことも多いですが、複数の見積もりをすることによってリスクを減らしたり重要なアドバイスを比較でき、安心して依頼できる業者を決めることができます。

家仲間コムの見積もりサイトには約1000社登録業者さんがいて匿名・無料で見積もり依頼ができます。

image

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。