天井の補強工事のポイントと価格相場、最新軽量天井材を一挙ご紹介!

image

天井を補強する、と言ってもピンとこない人は多いかもしれませんね。天井の補強工事は、シャンデリアやシーリングファンなどを新規設置する際に施工されるが多いようです。一方で、地震をはじめとする万が一の事態の折に天井の脱落を防ぐためも、天井の耐震化を図る補強工事は必要とされています。今回は、そんな天井補強工事についてリフォームの際のポイントや価格相場を紹介していくとともに、最新の軽量天井材をその特徴と共にいくつか見ていきたいと思います。

天井補強工事ってどんなもの?

image

冒頭でも述べた通り、天井に新しくシーリングファンやシャンデリアを設置する場合、天井を補強する必要が出てくることが多いようです。もちろん既存の天井の強度や設置予定のシーリングファン、シャンデリアなどの重量によって工事が必要かどうかは変わってきますが、もし不安なようならば事前に天井の様子を見てもらっておくと安心できるかと思います。

このように天井に重量のあるものを取りつける際に行う天井補強工事は、具体的には天井の下地部分にコンクリートパネルなどを設置することで強度を高めるというものです。天井に使用されている下地材は木製か鋼鉄製であることがほとんどかと思いますが、どちらの場合でも基本的には下地を強化する工事が行われます。

一方で、天井に勾配や突起物、傾斜、桟などがある場合は、天井補強工事を行うことができないこともあるようです。同時に、シーリングファンやシャンデリアを設置することも難しくなると言えます。もしそういった特徴が天井にみられるのであれば、とりあえず業者の方に一度みてもらって、工事が可能かどうかを判断してもらった方が良いかもしれません。

耐震性を高めるための天井補強工事とは?

image

天井補強工事には重量のあるものを設置するためともう一つ、耐震性を高める目的で行うこともあります。そもそも建物の多くは「つり天井」と呼ばれる仕組みを採用しており、これにより天井裏の空調設備や照明設備などを収納し機能を維持させているそうです。しかしつり天井の場合、地震が起きた時にブランコのように左右に揺れ動いてしまうことで壁と衝突し、天井を大破させることもあるとか。

一方で、つり天井を補強することで地震に強い天井に生まれ変わらせることもできます。具体的には、補強材や揺れ止めを設置したり、部品の強度を高めたりするほか、壁との間に隙間をあけることで壁との衝突を防ぐようにするそうです。いつ地震が起きるかわからないからこそ、耐震性の高い天井にリフォームすることは家族の安全性を強化することにつながるかもしれませんね。

耐震のための補強工事の場合助成金が出ることも!

image

耐震を目的としたリフォームを行う場合、助成金が出ることがあります。しかし自治体によっては助成金が出ないこともあるので、まずはお住まいの自治体に問い合わせてみると良いでしょう。また、助成金を受け取るためには行政相談を行った後、必要な書類を提出するなどいくつか手続きを行うことが求められるようです。

天井の耐震性を診断してもらうことも

自宅の天井の耐震性が高いかどうかわからない、という方も少なくはないかと思います。このような場合には、天井の補強工事を依頼する前に業者の方に耐震性の診断をしてもらうことをおすすめします。診断は業者の方によっても違いますが、簡単なものであればおおよそ10万円以内で行ってもらうことができるようです。あらかじめ診断しておくことで、その後補強工事を行う際に必要な分だけ最適な方法で施工してもらうことが可能となります。

天井補強工事にかかる費用の価格相場

image

続いては、天井補強工事にかかる費用の価格相場を見ていきましょう。まずシャンデリアやシーリングファンなどの重量のある設備を設置する場合は、おおよそ6~8万円が価格相場となるようです。一方で、天井を耐震目的で補強工事する場合の価格相場はおおよそ10~20万円と言えます。

最新の軽量天井材2選

image

天井の耐震化は万が一の時のために必要な工事と言えますが、一方でその分天井がさらに重くなってしまうことが危惧されているようです。そこで最近は、天井の重さを抑えるために軽量タイプの天井材が各メーカーから開発されています。最後に、そんな軽量タイプの天井材の中から2つ、その特徴とともに紹介していきたいと思います。

超軽量天井材「かるてん」

「かるてん」はテイジンが開発・販売している超軽量の天井材です。基材にポリエステル製不織布を使用しており、その重量は従来の石膏ボードと比べて約十分の一に抑えているとか。また、基材の両面をガラスクロスで挟んでおり、軽量なうえ柔軟な性質を持つので施工も楽にできるそうです。防音性や吸湿性にも優れているほか、ガラスクロスならではの質感から部屋の印象を明るく見せる効果も期待できるとあります。

軽量天井材「CARLTON(カールトン)」

続いては野原産業が開発した軽量天井材、「CARLTON(カールトン)」を紹介していきましょう。カールトンはグリットシステム天井専用の天井材で、ガラス繊維とパルプ混砂という不燃材を使用しています。こちらは新素材となっており、万が一の天井落下の際も人的被害が起こる恐れがないと言われています。その重量は、従来販売されていたロックウール製のものと比べておよそ二十分の一という軽さを実現しているとか。グリットシステム天井のスチールバー材の載せるだけなので、施工も楽に済むほか、リフォームとしてだけでなく新築の家にも対応できるそうです。国土交通大臣認定の不燃性と十分な吸音力、人体への安全性も保障されています。

まとめ

いかがでしたか?天井補強工事はその目的によって費用が変わってくるので、まずは業者の方に相談し見積もりを出してもらうと良いでしょう。その際、複数の業者さんに見積もりを依頼することで、工事内容や費用を比較することもできます。また、納得のいくリフォームのためにも、天井材などをきちんと調べてから業者の方にお願いすることをおすすめします。ぜひ参考にしてください。

天井補強・取り付け設置をお得に行うには?

image

天井補強・取り付け設置を行ってくれる業者を自分で探して、複数の業者に見積もりを依頼するのはなかなか大変です。
そこで便利なのが、リフォームのポータルサイト「家仲間コム」です。
サイト上に天井補強・取り付け設置の概要を書き込むだけで、業者からの見積もりや提案が届きます。
見積もり依頼は匿名で行えるのでしつこい営業の心配もありません。

image

完全無料で利用できるので、お気軽にご利用ください。

関連するテーマの見積もり依頼

※価格はこの依頼での一般的な価格相場です。